GJ > 競馬ニュース > 福永祐一厩舎「良血2歳馬」武豊を背にデビュー!?
NEW

武豊×福永祐一厩舎「良血2歳馬」が宝塚記念週にデビュー!?「間違いなく走る」名トラックマンも大絶賛する逸材

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

ついに開幕した今年の2歳戦

 今年の2歳戦がついに開幕した。西の一番星にはダービー馬ダノンデサイルと同じオーナーのダノンフェアレディ、東の一番星にはオークス馬チェルヴィニアと同じC.ルメール騎手×木村哲也厩舎のウィンターベルが輝いた。

 また、この時期といえばPOG(ペーパーオーナーゲーム)も大変な盛り上がりをみせる。選んだ馬が獲得した賞金をポイントに換算して仲間内で競い合うゲームであり、競馬ファンにとっては実力の見せ所でもある。

 そんなPOGファンの間で人気を集めている2歳馬の1頭がルージュレアリーズ(牝2歳、栗東・福永祐一厩舎)だ。

 母ラストグルーヴの同馬は、昨年の京王杯スプリングC(G2)を勝ったレッドモンレーヴの半妹。祖母は名牝エアグルーヴであり、一族にはドゥラメンテやルーラーシップ、アドマイヤグルーヴなど活躍馬がズラリ。父は今年の2歳が2世代目のレイデオロとなる。

 栗東に入厩したルージュレアリーズは先月16日、さっそくゲート試験に合格。福永師も同馬については『デイリースポーツ』の取材に「雰囲気があって走りそう。小さい以外は言うことない。牧場評価も高いし、スピードのある軽い馬」と、素質を高評価している。

「福永師が話していた通り、ルージュレアリーズは入厩当初こそ馬体が400キロを少し上回るほどしかなかったのですが、ここにきて420キロを超えるぐらいまで成長してきています。当初は夏の小倉か新潟で初陣を検討していたようですが、さらに早期デビューする可能性も出てきています」(競馬記者)

弥永明郎トラックマンも絶賛

 また、ルージュレアリーズは競馬新聞『馬サブロー』のトラックマンであり、登録者数6万人超の人気YouTubeチャンネル『唯一無二の馬券師 弥永明郎』でもおなじみの弥永明郎氏も大絶賛している。

 弥永氏は同チャンネルの動画内で「唯一POGで持てるんだったら関西馬で福永厩舎に入るルージュレアリーズ」と話し、兄のレッドモンレーヴなどがすでに活躍しているものの「今までの仔とは比較にならないぐらい素晴らしい」と絶賛。「これで走らなかったらレイデオロ産駒は先行きが厳しいと思う」と独自の見解を述べながらも「間違いなく走る」と強調した。

ルージュレアリーズは武豊騎手を背にデビューか 撮影:Ruriko.I
ルージュレアリーズは武豊騎手を背にデビューか 撮影:Ruriko.I

 さらに弥永氏は先月30日、実際に美浦トレセンで福永師と話す機会があったという。そのとき福永師はルージュレアリーズの初戦について「宝塚記念の週に武豊騎手が空いている」「牝馬の軽い馬だから武豊騎手が合う」と話していたようだ。

ちなみに武豊騎手といえば毎年、初夏は函館を拠点に騎乗しているが、今年の宝塚記念(G1)にはお手馬ドウデュースが出走を予定しているため、同レースが開催される23日は京都競馬場で騎乗する見込みとなっている。

 一度狙った穴馬は逃さないことで「競馬界のゴルゴ13」の異名を持つ弥永氏も大絶賛しているルージュレアリーズ。デビュー戦を楽しみに待ちたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊×福永祐一厩舎「良血2歳馬」が宝塚記念週にデビュー!?「間違いなく走る」名トラックマンも大絶賛する逸材のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り