GJ > 競馬ニュース > 武豊「今後も長いお付き合いをお願いしたい」後輩からの騎乗依頼!今週デビューの福永祐一厩舎と「ダービー9勝」タッグ結成…本人も認める厳しい現実が課題
NEW

武豊「今後も長いお付き合いをお願いしたい」後輩からの騎乗依頼!今週デビューの福永祐一厩舎と「ダービー9勝」タッグ結成…本人も認める厳しい現実が課題

【この記事のキーワード】, ,
武豊「今後も長いお付き合いをお願いしたい」後輩からの騎乗依頼!今週デビューの福永祐一厩舎と「ダービー9勝」タッグ結成…本人も認める厳しい現実が課題の画像1
武豊騎手

 先週末のチューリップ賞(G2)をスウィープフィートとのコンビで鮮やかな勝利を挙げた武豊騎手。惜敗の続いていたパートナーの末脚を引き出す騎乗には、「さすが武豊」と唸るファンも続出した。

 また、2月17日に行われた京都牝馬S(G3)をソーダズリングとのコンビで勝利。これは38年連続のJRA重賞勝利というだけでなく、ここまですべて複数の勝利だったため、2勝目を挙げた際に改めて「38年連続を強調させてもらえたら」という話も、自身の公式ホームページで綴っていた。先述の宣言から約2週間であっさりと2勝目をゲット。前人未到の記録を更新し続けるレジェンドらしい快勝だった。

武豊×福永祐一「ダービー9勝」タッグは実現するか

 そんな武豊騎手をリスペクトする後輩の福永祐一調教師も今週から厩舎を開業。福永師にとって偉大な大先輩は、この世界に入ったきっかけとなった恩人でもある。

 こういった関係もあってか、厩舎の初陣となる9日の土曜阪神11RコーラルS(L)のレオノーレ(牝5、栗東・福永祐一厩舎)を騎乗依頼。依頼をもらった武豊騎手も「一番の注目は福永祐一厩舎でしょう」と快諾した。

 ただ、「2人合わせてダービー9勝」の最強タッグが実現するには、厳しい現実も立ちはだかる。

 コーラルSに出走を予定しているレオノーレは賞金順で16番手。このまま賞金上位馬の回避が出なければ、出走できる可能性は4分の1の狭き門でもある。これには福永調教師も「他に確実に出られる馬の騎乗依頼もあったと思います」と話していたように、申し訳ないという気持ちも少なからずあっただろう。

 しかし、「それでも、頼んでいただいたのはありがたいことで、今後も長いお付き合いをお願いしたいです」と引き受けたことは、武豊騎手なりのエールだったのかもしれない。

「レオノーレは6日付で解散した安田隆行厩舎から福永厩舎に転厩の決まった馬。色々と手探りの状態ですが、名門から引き継いだ馬だけに仕上がりは問題ないでしょう。少し気の毒なのは近3走でコンビを任されていた三浦皇成騎手ですね。厩舎が変わると騎手との付き合いも異なるため、このままコンビ解消となる可能性もありそうです。

また、福永調教師が抽選対象の馬をあえて武豊騎手に依頼した背景には、両者の絆の深さの他に話題づくりを意識している気もします。本馬のオーナーが武豊騎手と繋がりのあるノースヒルズというのも大きかったでしょう。やっぱり最注目の厩舎がレジェンドとのタッグで初陣というのはニュースになりますよ」(競馬記者)

 抽選を突破する必要があるものの、そこは「持っている男」として知られる武豊。後は運を天に任せるだけだが、JRAは“空気を読んでくれる”だろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「今後も長いお付き合いをお願いしたい」後輩からの騎乗依頼!今週デビューの福永祐一厩舎と「ダービー9勝」タッグ結成…本人も認める厳しい現実が課題のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配