GJ > 競馬ニュース > 【金鯱賞】「名物オーナー」の初重賞制覇から44年…イメージ重なる今年の「中京巧者」と5連勝中ドゥレッツァの評価は?【東大式必勝馬券予想】
NEW

【金鯱賞】「名物オーナー」の初重賞制覇から44年…イメージ重なる今年の「中京巧者」と5連勝中ドゥレッツァの評価は?【東大式必勝馬券予想】

【この記事のキーワード】, ,

【金鯱賞】「名物オーナー」の初重賞制覇から44年…イメージ重なる今年の「中京巧者」と5連勝中ドゥレッツァの評価は?【東大式必勝馬券予想】の画像1

 今年も3月9日がやってくる。今もこの日付を聞くと胸がざわつくのは、その日が私の高校の卒業式だったから。前日に東大2次試験を終え、帰りの新幹線の中で謝恩会のMC台本を書いたな~。

 当日は♪制服の胸のボタンを下級生たちにねだられ~斉藤由貴『卒業』の世界が待っていた。時は流れ、イマドキ高校生の人気No.1卒業ソングが、レミオロメンが歌うその名もズバリ『3月9日』だそうだ。

 競馬の方はその3月9日、第1回中京競馬が始まり10日は金鯱賞(G2・芝2000m)だ。レース名は尾張名古屋城のシンボル、金のシャチホコに由来するのだが、昭和40年の創設当時は中京競馬場に芝コースが無く、ダートでもない“砂馬場”で行われていた。

 昭和46年から芝1800m、1996年に芝2000mのG2格上げを経て2017年に3月開催となり、大阪杯(G1)、宝塚記念(G1)を目指す有力馬が集結。リスグラシュー、サートゥルナーリア、デアリングタクトらが年明け初戦に選び、スワーヴリチャード、ジャックドールが後にG1馬となった。

 それ以前の勝者にも1998年サイレンススズカの大差勝ちを筆頭に3連覇のタップダンスシチーなど名馬が顔を並べるが、今回は昭和55年の覇者、マリージョーイを記しておこう。

 昭和54年1月に中京競馬場の新馬戦・芝1400mをデビュー勝ち、続く中京の雪割草特別も連勝した彼女は鞍上に天才・福永洋一を配して不良馬場の阪神・春蘭賞9着の後、何とかクラシック戦線に乗ろうと同コンビで阪神・毎日杯に駒を進める。

 オールドファンならお気づきだろう、JRA史上に残る悲劇の落馬事故、その当事者となってしまうのだ。子息の福永祐一・現調教師がまだ2歳の時である。父・洋一は一命をとりとめたものの騎手としての復帰は叶わず。一方マリージョーイの方は転倒するも大事に至らず、桜花賞14着、オークスは最下位の24着、夏の函館条件戦も6、4、6着でその年を終える。

 当時大学2年の私は、福永騎手の闘病中にもやもやした気持ちを禁じえなかった。そのマリージョーイは翌年6月、中京で条件特別2、1着の後、当時7月開催だった金鯱賞に出走する。

 映像も詳細データも残っていないので16頭立て・ハンデ49キロ・4番人気(単勝オッズ10.8倍)で2着ハシハリーに2馬身1/2差、勝ちタイム1:48.1としかお伝えできないのが残念だが、とにかく初重賞制覇。暮れにはCBC賞も制し、翌年2月の中京記念12着を最後に競走生活を終えた。

 全5勝が中京競馬場という「中京巧者」もさることながら、さまざまな人馬の因縁が見えてくる希代の馬だ。

 まず馬主が“珍名馬主”として知られる小田切有一氏。ノアノハコブネ(オークス)を嚆矢として、ワナ、モチ、オレハマッテルゼ、イヤダイヤダ、ビックリシタナモーなど枚挙に暇がないが、同氏に重賞初制覇をもたらしたのがこのマリージョーイ。同馬の調教師、田中良平師の子息が結婚したので、マリッジとジョイ(喜び)を組み合わせて命名したというから結構マトモである(失礼!)。

 さらに金鯱賞での騎手は岩元市三。2年後にバンブーアトラスを駆り華のダービージョッキーとなり調教師に転じてもテイエムオペラオーを最強馬に育てた。G1・7勝、総獲得賞金は当時世界最高の18億円超の栄光を手にしたのである。

 福永洋一の子息、祐一も父が成し遂げられなかったダービー制覇をワグネリアンで果たして去年鞭を置き、父の最終騎乗と同日の3月4日に引退式を行い調教師に転身した。競馬ファン諸氏も、さまざまな因縁に彩られた馬としてマリージョーイを記憶されたい。

 この辺で「東大馬券王の大よそー」に移ろう。

 去年の菊花賞馬、ドゥレッツァが登録してきた。新馬戦3着の後5連勝中で菊花賞(G1)のレースぶりから見ると「とんでもない化け物」かもしれない一方、菊花賞3着だった皐月賞馬・ソールオリエンスのその後の成績を見ると「世代的に化けの皮がはがれる」かも知れない。

 ズバリ、3連単でドゥレッツァを2(3)着に置き、1着は昨年覇者プログノーシス。もちろん本物の化け物も想定して3連複2頭軸も押さえに。ヒモ穴も中京コース6戦5勝とマリージョーイっぽいヤマニンサルバム、芝では10戦中8回3着以内のエアサージュに絞ってよい。

 尾張よければ全てよし!まだ始まったばかりだが、金のシャチホコにあやかって金満になろうではないか。

尼崎昇

尼崎昇

初めて見たダービー馬はタニノハローモア。伝説的な名馬の走りをリアルタイムで見てきた筋金入りの競馬通は「当たって儲かる予想」がモットー。過去に東京大学で競馬研部長をつとめ、スポーツ新聞やラジオ解説を担当した勝負師の素顔は「隣の晩ごはん」や「おもいッきりテレビ」などの大ヒット番組を手掛けたキー局の敏腕プロデューサー。德光和夫、草野仁ら競馬界の著名人との親交もあり、競馬談義を繰り広げる仲である。

【金鯱賞】「名物オーナー」の初重賞制覇から44年…イメージ重なる今年の「中京巧者」と5連勝中ドゥレッツァの評価は?【東大式必勝馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配