GJ > 競馬ニュース > 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
NEW

戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々

戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々の画像1
撮影:Ruriko.I

 3日の中山10Rに行われた総武S(OP)は、ここまでダートで無傷の3連勝中だったサーマルソアリングの走りが注目されていた。

 同馬は初ダートとなった3走前の自己条件で、2着に2秒2の大差をつける衝撃V。続く2勝クラスと3勝クラスも大楽勝。初オープンのここも当然通過点と思われたことから、単勝1.8倍の圧倒的支持を集めた。

 道中は先行集団の外目を追走。4コーナーでスッと上がっていく姿を見たあたりでは、勝利を確信したファンも多かったのではないか。最後の直線に入ると前を捕えて先頭に立とうとしたが、ゴール前で外から6番人気の伏兵ゴールドハイアー(牡6歳、栗東・大久保龍志厩舎)の強襲に遭い、あと一歩のところで2着に敗れてしまった。

 サーマルソアリングに騎乗した西村淳也騎手はレース後「こういう競馬をしたかったですし、上手に競馬をしてくれました」「結果だけがついてきませんでした」と敗戦にも納得のコメントを残していたことから、今回ばかりは勝ち馬が上だったということだろう。

 また、勝ったゴールドハイアーに騎乗し、サーマルソアリングにダート初黒星をつけるとともに、この日3勝の固め打ちを決めたのがR.キング騎手だ。

 ゴールドハイアーとは今回が初コンビだったキング騎手。道中はサーマルソアリングを見るようなポジションを追走。4コーナーでは激しく手が動いていたが、直線に入ると馬も鞍上の叱咤に応えて脚を伸ばし、ゴール前で豪快に差し切ってみせた。

 大本命馬を破っての白星にキング騎手もレース後、「いいスタートを切って前半リズムよく行けました」「最後もバテない脚を使っていい勝ち方だったと思います」と満足そうに勝利を振り返っていた。

「一昨年12月に3勝クラスを勝ってオープン入りを決めたゴールドハイアーですが、昇級後は6戦全敗で連対すら一度もなし。オープンクラスでの勝ち負けは厳しいと思われていましたが、キング騎手に乗り替わったことで馬が変わった印象です」(競馬誌ライター)

R.キング騎手との「別れ」を惜しむ声…

 ゴールドハイアーにオープン初勝利をもたらしたキング騎手は、前日の中山でも2勝をマークしており、この週は土日で計5勝の大暴れ。関東リーディングでも戸崎圭太騎手、横山武史騎手に次ぐ3位に浮上したが、今回の短期免許が5日で切れるため、ここでひとまず見納めとなる。

 年初から初の短期免許で中央に参戦したキング騎手は、約2ヶ月間で16勝をマーク。1月のアメリカジョッキークラブC(G2)ではチャックネイトで外国人女性騎手として初となる平地重賞勝利を飾るなど、重賞タイトルも2つ獲得した。

 同じく年初から短期免許で騎乗していたL.モリス騎手とR.ピーヒュレク騎手は、自己都合により途中で騎手免許を返上。同じ関東所属だったR.キングスコート騎手が5勝で帰国の途についたことを考えると、キング騎手は強烈なインパクトを残したといえるだろう。

 先述の通りラストウィークでも5勝と存在感を放っていただけに、SNSやネット掲示板にはファンからも「今日で最後とか残念すぎる」「早くまたJRAに戻ってきてほしい」「人気薄でも1着に持ってくる凄いジョッキーだった」「通年免許で乗ってくれないだろうか」といった別れを惜しむ声も多く寄せられていた。

 初の短期免許でこれだけの爪痕を残したのだから、今後は関係者が再びキング騎手に声をかけることも十分に考えられる。そう遠くないうちにまた日本で騎乗が見られることを期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配