GJ > 競馬ニュース > 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
NEW

今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月

今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月の画像1
M.デムーロ騎手 撮影:Ruriko.I

 3日、中山競馬場で行われた皐月賞トライアル・弥生賞ディープインパクト記念(G2)は、6番人気のコスモキュランダ(牡3歳、美浦・加藤士津八厩舎)が勝利。2017年の皐月賞馬アルアインの息子が、父子制覇に大きく名乗りを上げた。

「うれしいですね、本当に」

 レース後、そう喜びを隠さなかったのは鞍上のM.デムーロ騎手だ。この日は、向正面から前を窺う積極的なレース運びだったが「前残り馬場だったし、道中動いていって良かった」と、まさに作戦通り。6番人気と評価は高くなかったが「こんな走るって思ってなかった」と、鞍上にとっても嬉しい誤算になったようだ。

「殊勲の勝利を挙げたデムーロ騎手ですが、実はこれが6勝目。1月に右鎖骨の手術を受けるためにイタリアへ帰国した影響もあって、大きく出遅れています。

JRA移籍3年目の2017年にキャリアハイの171勝を挙げたデムーロ騎手ですが、これをピークに年々勝ち星が減少。ここ数年は70勝前後で踏ん張っていましたが、昨年44勝と大きく勝ち星を減らしました。今年もまだ3月が始まったばかりとはいえ、昨年を下回るペース。あと一歩で勝ち切れないレース(2着11回)も目立ちますし、ファンの多い騎手だけに少し心配です」(競馬記者)

 また弥生賞で今年のJRA重賞初制覇を飾り、浮上のきっかけにしたいデムーロ騎手だが、ショッキングなニュースが舞い込んできた。

M.デムーロ騎手にセラフィックコール主戦降板の悲報…

「6日のダイオライト記念(G2)で始動戦を迎えるセラフィックコールですが、B.ムルザバエフ騎手とのコンビで出走することになりそうです。

セラフィックコールといえば、昨年はデムーロ騎手とのコンビで3勝クラスとみやこS(G3)を連勝。通算でも無傷の5連勝と12月のチャンピオンズC(G1)で2番人気に推されるなど、大きな注目を集めていた馬です。

残念ながら、チャンピオンズCでは本来の走りができずに10着に大敗してしまいましたが、今回乗り替わりになったのは少し意外でした」(別の記者)

 セラフィックコールは、デムーロ騎手が『netkeiba.com』で連載中のコラム内で「僕、ホントにこの馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れする逸材だ。だからこそ昨年のチャンピオンズCでキャリア初の敗戦を喫した際には同コラム内で「あんなに負ける馬じゃないよ」と、何度も「ショック」という言葉を繰り返していた。

 ちなみに今回セラフィックコールとコンビを組むムルザバエフ騎手の短期免許の期間は、皐月賞(G1)が開催される4月14日まで。したがってダイオライト記念の結果に関係なく、次走は再び鞍上問題が浮上することになる。

 果たして、セラフィックコールとデムーロ騎手の復縁はあるのか。いずれにせよ、ダート界の大物の2024年始動戦は大きな注目を集めることになりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配