GJ > 競馬ニュース > 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウとの不思議な関係
NEW

武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係

武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 2日、阪神競馬場で行われた桜花賞トライアル・チューリップ賞(G2)は、5番人気のスウィープフィート(牝3歳、栗東・庄野靖志厩舎)が重賞初制覇。クビ差で敗れた前走のエルフィンS(L)の悔しさを晴らす快勝で、桜花賞戦線に大きく名乗りを上げた。

 今回が初騎乗となったレジェンド・武豊騎手の経験と手腕が光る一戦だった。

 16頭立て、芝1600mの一戦。ゲートで後手を踏んだスウィープフィートだったが、武豊騎手にとっては1週前追い切りで騎乗した際に「スタートの課題はありそう」と感触を掴んでいただけに想定内。後方から慌てず騒がず脚を溜め、最後の直線で大外に持ち出すと、相棒の末脚が爆発。上がり3ハロン最速となる34.3秒の末脚で、ライバルたちをまとめて飲み込んだ。

「武豊騎手が豪快な競馬を決めたこともあって『こんなに強かったのか』というのが、率直な感想です。

スタートこそ課題が残っていますが、武豊騎手が『最後、直線でどれだけ脚を使えるかなと思いましたが、思った以上の切れ味』と感心していたように、しっかりと脚を溜めた時の破壊力は、祖母のスイープトウショウ譲りではないでしょうか。桜花賞(G1)に向けて、非常に楽しみな馬が出てきた印象です」(競馬記者)

武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係の画像2
永島まなみ騎手とスウィープフィート 撮影:Ruriko.I

 また、武豊騎手が「楽しみな馬と出会えた」と語っていた通り、スウィープフィートといえば、前走までは永島まなみ騎手が主戦を務めていた馬だった。

 今や女性騎手としてだけでなく、乗れる若手騎手の1人としても名前の挙がる機会が多い永島騎手。そんな4年目の若手にとって、スウィープフィートはデビュー戦から手綱を取り、昨年の阪神ジュベナイルF(G1)で人馬初G1を経験するなど、特別なコンビだった。

 しかし、阪神JFで結果が出なかっただけでなく、初のクラシックへ賞金加算が至上命題となっていた前走のエルフィンSでは、痛恨のクビ差2着。レース後、鞍上が「馬場の悪い内を突いた分、伸び負けた」と敗因を挙げたように、最後の進路取りの選択で明暗が分かれた。

 そういった経緯もあっての乗り替わりとなったが、一部のファンから永島騎手とのコンビ継続を望む声があったことは確かだ。今回の武豊騎手の勝利は、そんな“雑音”をシャットアウトした完勝と言える。

 また、永島騎手にとっては悔しい乗り替わりとなってしまったが、自身が競馬ラボで連載するインタビュー企画『まなみの学び』では、「またコンビを組ませていただける時は頑張ります!」と、すでに前を向いている様子。今回の元相棒の勝利は、武豊騎手の騎乗ぶりも含め、永島騎手にとっても今後の大きな励みになるはずだ。

「同じ条件のトライアルでこの強さ。当然、期待できますね」

 勝利騎手インタビューで、そう桜花賞を見据えた武豊騎手。後に宝塚記念(G1)などG1を3勝した祖母スイープトウショウだが、チューリップ賞を勝利しながらも本番では5着。実はダンスインザムードとともに、その時の桜花賞を勝利したのが、他でもないレジェンドだった。

 あの桜花賞が2004年のこと。「昨日の敵は今日の友」は、競馬の常か。20年の時を経て、祖母の無念を晴らすのは、当時の最大のライバルかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【激走候補5頭】J.モレイラ不在の週末は波乱必至!? 大荒れ実績十分福島牝馬S(G3)&フローラS(G2)【週末重賞ピックアップ】
  3. 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負
  4. 「絶不調時の凌ぎ方」こそ強い者とそうでない者の差が出る?キャプテン渡辺が実行している一番良い方法【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. 【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
  6. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  7. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「注目のルーキー」吉村誠之助が狙う重賞初騎乗V!武幸四郎の快挙から27年…人気薄でも侮れないコンビ
  10. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?