GJ > 競馬ニュース > 【弥生賞】大谷翔平結婚に競馬ファンが「最有力候補」を推理!相手が気になる衝撃ニュースも…注目集めたのは大物オーナーのクラシック候補
NEW

【弥生賞】大谷翔平結婚に競馬ファンが「最有力候補」を推理!相手が気になる衝撃ニュースも…注目集めたのは大物オーナーのクラシック候補

【弥生賞】大谷翔平結婚に競馬ファンが「最有力候補」を推理!相手が気になる衝撃ニュースも…注目集めたのは大物オーナーのクラシック候補の画像1

 米国時間2月28日に自身のインスタグラムで結婚したことを報告した米大リーグ・ドジャースの大谷翔平選手。日本が生んだ世界的スーパースターの朗報にマスコミ各社も慌ただしい対応を見せた。

 大谷選手から「僕にとってとても特別な人(very special to me)」と評された気になるお相手は日本人女性とのこと。その後の会見で「正確な日付はちょっと分からないですけど、初めて会ったのは3年、4年前ですかね。3年ちょっとかな」「一番は皆さんがうるさいので(笑)。しなかったらしなかったでうるさいですし、今日まずここでして、野球に集中したかったというのが一番です」と答えていたが、これだけ注目の集まる超有名人ながら、秘密裏に愛を育んでいたあたりはさすがである。

 また、有名人が相手となると何かしら匂わせるようなサインが見られるものだが、ここまで沈黙を貫いた大谷選手だけでなく、特大スクープ発覚の回避に成功した相手の女性もさすがである。大谷選手も「いたって普通の人。一緒にいて楽しいし、何となく、ずっといるところを想像できた」と話していた通り、お互いに相手を見る目があったということだろう。

競馬ファンのお相手探しは「平常運転」のサイン馬券

 当然ながらTVに新聞、SNSなどで大谷翔平結婚のニュースは1番人気。衝撃の一報に驚きを隠せない声で溢れかえったのだが、“お約束の平常運転”だったのは、サイン馬券に興味津々の競馬ファンだ。

 公表されていない結婚相手の日本人女性の特定ではなく、とりあえず馬券に繋がるヒントがないかが気になるのは競馬ファンの悲しい性。早くも大谷選手の誕生日である7月5日にちなんで「馬連や枠連の5-7が怪しい」「29歳だから2-9」「背番号17だから1-7だろ」という意見も見られた。

「年末の有馬記念(G1)は、1年の世相が反映されるという意味でもサイン読みを楽しむファンも多いですが、とりあえず何かしらあれば競馬に紐づけたいのもファン心理。偶然だったとしても、結果的にそうだったのかもしれないと思えるなら、それはそれで競馬の楽しみ方のひとつだと思います。

色々な意見が出ていましたけど、どの競馬場のレースか分からないサインに対し、そのものズバリといえそうな馬がいたので、個人的にはこっちが気になります。ちょうど日曜中山メインに出走を予定していますね」(競馬誌ライター)

 いやいや…そんな都合のいいタイミングでいるはずがないだろうと半信半疑で確認してみたところ、確かに面白そうな馬名の馬が見つかったので紹介しておきたい。

 それは、弥生賞ディープインパクト記念(G2)のニシノフィアンス(牡3、美浦・竹内正洋厩舎)のことだ。

 本馬は「ニシノ」「セイウン」の冠名でお馴染みの西山茂行オーナーの所有馬で、冠名の後ろにあるフィアンスはフランス語で婚約者の意味。大物馬主が期待するクラシック候補の1頭である。前走の京成杯(G3)で5着に敗れたとはいえ、12番人気の低評価を覆して好走していた。

 今回は前走で手綱を取った三浦皇成騎手から内田博幸騎手へと乗り替わっての参戦。人気もなさそうなので、激走を演じればお宝馬券のゲットも夢ではない。100円くらいなら「大谷サイン」に乗ってみても面白そうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【弥生賞】大谷翔平結婚に競馬ファンが「最有力候補」を推理!相手が気になる衝撃ニュースも…注目集めたのは大物オーナーのクラシック候補のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感