GJ > 競馬ニュース > 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
NEW

【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分

【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 23日に56歳の誕生日を迎えたばかりの横山典弘騎手が手にした今年の重賞勝利は早くも2勝目。長男の和生騎手や三男の武史騎手らの活躍を見守る父でもあるが、騎手としての経験と手腕は息子たちに負けていない。

 25日の中山記念(G2)では、7番人気のマテンロウスカイを鮮やかな手綱捌きで勝利に導き、同レース最多6勝目を挙げるとともに、ダノンデサイルの京成杯(G3)で記録したJRA重賞最年長勝利も更新した。

 上位人気に支持されたエルトンバローズ、ヒシイグアス、ソーヴァリアントらが道悪や展開が向かずに凡走したのを尻目に、道中はロスなく内目の好位をキープ。ハイペースの逃げを演じたドーブネを最後の直線半ばで交わし、ゴール過ぎには会心の騎乗を噛みしめるように小さくガッツポーズ。レース後の口取りでは恒例となったフライングディスマウントも披露した。

 G1の場合は、昨年の大阪杯(G1)をジャックドールで制し、有馬記念(G1)で最年長勝利を更新した武豊騎手だが、重賞最年長勝利のゴールポストを動かした2つ上の戦友から勇気をもらったに違いない。

 そんなタイミングに今週末の弥生賞ディープインパクト記念(G2)が開催されるというのも何かの縁だろう。何しろレース名に加わったディープインパクトでの勝利を含めたレジェンドの弥生賞勝利は8勝。今年はサンライズジパング(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)とコンビを組んで参戦を予定しているが、もし勝てば9勝目となる。

■武豊騎手の弥生賞勝利

1996年ダンスインザダーク
1997年ランニングゲイル
1998年スペシャルウィーク
2005年ディープインパクト
2006年アドマイヤムーン
2007年アドマイヤオーラ
2010年ヴィクトワールピサ
2020年サトノフラッグ

「3月15日で55歳を迎える武豊騎手にとっても横山典騎手は永遠のライバルといってもいい仲。バースデーウィークの勝利となれば、17日の阪神大賞典(G2)が有力候補ですが、現時点で騎乗の有無は分かりません。ノリさんの記録更新は当然耳に入っているでしょうから力が入ると思いますよ。

2度目のコンビとなった前走の若駒S(L)は、見た目以上に強い勝ち方でした。道中の手応えは決してよく見えませんでしたが、最後の直線でエンジンが掛かると出色の切れ味。最後方から先行各馬をゴボウ抜きにして、ゴール前では流す余裕すらありました」(競馬記者)

 また、サンライズジパングの父キズナも武豊騎手とのコンビで2013年の日本ダービー(G1)を優勝した思い出の馬だ。2005年の父ディープインパクト以来となるダービー制覇に、約14万人の大観衆を前にしたレジェンドが「僕は帰ってきました!」と復活を宣言する名シーンも生まれた。

 下馬評では昨年のホープフルS(G1)で2着に入ったシンエンペラー、前走のアイビーS(L)で後のホープフルS優勝馬レガレイラを破ったダノンエアズロックが人気を集めそうだが、不世出の天才・武豊なら何かをやってくれそうな予感がある。

※弥生賞に出走を予定していたサンライズジパングですが、右トモの違和感があったようで回避となりました。皐月賞直行が濃厚のようです。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【激走候補5頭】J.モレイラ不在の週末は波乱必至!? 大荒れ実績十分福島牝馬S(G3)&フローラS(G2)【週末重賞ピックアップ】
  3. 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負
  4. 「絶不調時の凌ぎ方」こそ強い者とそうでない者の差が出る?キャプテン渡辺が実行している一番良い方法【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. 【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
  6. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  7. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「注目のルーキー」吉村誠之助が狙う重賞初騎乗V!武幸四郎の快挙から27年…人気薄でも侮れないコンビ
  10. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?