GJ > 競馬ニュース > 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
NEW

【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分

【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 23日に56歳の誕生日を迎えたばかりの横山典弘騎手が手にした今年の重賞勝利は早くも2勝目。長男の和生騎手や三男の武史騎手らの活躍を見守る父でもあるが、騎手としての経験と手腕は息子たちに負けていない。

 25日の中山記念(G2)では、7番人気のマテンロウスカイを鮮やかな手綱捌きで勝利に導き、同レース最多6勝目を挙げるとともに、ダノンデサイルの京成杯(G3)で記録したJRA重賞最年長勝利も更新した。

 上位人気に支持されたエルトンバローズ、ヒシイグアス、ソーヴァリアントらが道悪や展開が向かずに凡走したのを尻目に、道中はロスなく内目の好位をキープ。ハイペースの逃げを演じたドーブネを最後の直線半ばで交わし、ゴール過ぎには会心の騎乗を噛みしめるように小さくガッツポーズ。レース後の口取りでは恒例となったフライングディスマウントも披露した。

 G1の場合は、昨年の大阪杯(G1)をジャックドールで制し、有馬記念(G1)で最年長勝利を更新した武豊騎手だが、重賞最年長勝利のゴールポストを動かした2つ上の戦友から勇気をもらったに違いない。

 そんなタイミングに今週末の弥生賞ディープインパクト記念(G2)が開催されるというのも何かの縁だろう。何しろレース名に加わったディープインパクトでの勝利を含めたレジェンドの弥生賞勝利は8勝。今年はサンライズジパング(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)とコンビを組んで参戦を予定しているが、もし勝てば9勝目となる。

■武豊騎手の弥生賞勝利

1996年ダンスインザダーク
1997年ランニングゲイル
1998年スペシャルウィーク
2005年ディープインパクト
2006年アドマイヤムーン
2007年アドマイヤオーラ
2010年ヴィクトワールピサ
2020年サトノフラッグ

「3月15日で55歳を迎える武豊騎手にとっても横山典騎手は永遠のライバルといってもいい仲。バースデーウィークの勝利となれば、17日の阪神大賞典(G2)が有力候補ですが、現時点で騎乗の有無は分かりません。ノリさんの記録更新は当然耳に入っているでしょうから力が入ると思いますよ。

2度目のコンビとなった前走の若駒S(L)は、見た目以上に強い勝ち方でした。道中の手応えは決してよく見えませんでしたが、最後の直線でエンジンが掛かると出色の切れ味。最後方から先行各馬をゴボウ抜きにして、ゴール前では流す余裕すらありました」(競馬記者)

 また、サンライズジパングの父キズナも武豊騎手とのコンビで2013年の日本ダービー(G1)を優勝した思い出の馬だ。2005年の父ディープインパクト以来となるダービー制覇に、約14万人の大観衆を前にしたレジェンドが「僕は帰ってきました!」と復活を宣言する名シーンも生まれた。

 下馬評では昨年のホープフルS(G1)で2着に入ったシンエンペラー、前走のアイビーS(L)で後のホープフルS優勝馬レガレイラを破ったダノンエアズロックが人気を集めそうだが、不世出の天才・武豊なら何かをやってくれそうな予感がある。

※弥生賞に出走を予定していたサンライズジパングですが、右トモの違和感があったようで回避となりました。皐月賞直行が濃厚のようです。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬