GJ > 競馬ニュース > 【弥生賞】デビュー6連勝でシンザンに続く「三冠」を目指した悲劇の名馬…「法則」から導いた今年の本命馬は?【東大式必勝馬券予想】
NEW

【弥生賞】デビュー6連勝でシンザンに続く「三冠」を目指した悲劇の名馬…「法則」から導いた今年の本命馬は?【東大式必勝馬券予想】

【弥生賞】デビュー6連勝でシンザンに続く「三冠」を目指した悲劇の名馬…「法則」から導いた今年の本命馬は?【東大式必勝馬券予想】の画像1

 今週末から季節は春、弥生3月だ。ちなみに日本で稲作が始まった“弥生時代”は3月とは関係なく、“弥生町”で土器が発見されての命名だが、その弥生町こそ東京大学農学部が建つ弥生キャンパス。正門を入ってすぐ左手には忠犬ハチ公と飼い主・上野英三郎の像が鎮座している。

 上野氏は農学部の教授であり、弥生町から帰宅する彼をハチ公は自宅最寄りの渋谷駅で待っていたというわけ。東大受験生諸君も合格の暁には弥生キャンパスを訪れ、太古の稲作と大正・昭和の美談にぜひ思いをはせていただきたい。

 競馬の方は3日、中山競馬場で弥生賞ディープインパクト記念(G2・芝2000m)が行われる。

 3着までに優先出走権が与えられる皐月賞トライアルなのだが、以前書いたように勝ち馬から皐月賞馬は2010年のヴィクトワールピサ以降出現せず、去年のタスティエーラ(弥生1着→皐月2着→ダービー1着)、一昨年のドウデュース(同順で2→3→1着)、2018年ワグネリアン(2→7→1)、2016年マカヒキ(1→2→1)とダービー馬ばかり輩出。

 この傾向は昔からで、天馬トウショウボーイをダービーで破ったクライムカイザー(1976年、1→5→1)を筆頭にラッキールーラ、ウイニングチケット、スペシャルウィーク、ロジユニヴァースと、ダービーの神様がそのように導いているのだろうか。

 そこで今回の思い出の馬は、この謎の法則の始祖ともなった第2回優勝キーストン。私に競馬の楽しさも悲しさも教えてくれた名馬である。前々回の東京五輪が開催された昭和39年にデビュー5連勝を飾り、最優秀3歳牡馬(馬齢は当時表記)に選出される。

 この年、1歳上のシンザンが三冠馬に輝くのだが、同じ関西馬のキーストンも2年連続の三冠を目指し、明け4歳初戦に弥生賞(当時東京1600m)を選び東上。スピードの違いを見せつけ後続15頭に影をも踏ませぬ逃げ切り圧勝。

 これで三冠確実、と思われたが次走スプリングSはシンザンと同じ馬主のダイコーターに初黒星。さらに一冠目の皐月賞も逃げるが早々に失速、伏兵チトセオーの14着と大敗しダイコーターは2着。キーストンに距離の壁か?と不安が囁かれ日本ダービーは2番人気の一方、圧倒的1番人気のダイコーターは直前に金銭トレードで馬主が変わり「ダービーを金で買うのか」と世間の指弾を浴びていた。

 当日は不良馬場、スタートを決めたキーストンは21頭を引き連れ軽快に逃げる。直線に入ってもその脚は衰えずダイコーターが一完歩ずつ詰め寄るも1馬身3/4まで。先頭でゴールを駆け抜け、ダービー馬の栄光に輝いたのは“弥生賞を勝って皐月賞大敗”のキーストンだった。

 三冠最終戦の菊花賞はダイコーターに逆転され2着だったが最優秀4歳牡馬を獲得。古馬となってからも元気に走り続け、6歳時にも4連勝を重ねた後、昭和42年12月17日、運命の阪神大賞典を迎える。悲劇的結末ながら涙なくしては語れないキーストンと山本正司騎手の愛情物語は、同レースの拙稿までお待ちいただければ幸いである。

 約40年の時は流れ2005年10月30日、東京競馬場。松永幹夫騎手(現調教師)が馬上から天皇皇后両陛下に最敬礼した天皇賞・秋(G1)の勝者ヘヴンリーロマンスの調教師こそ山本正司、その人である。キーストンが山本師をここに導いてくれたんだ……私は府中のスタンドで涙ながらに表彰式を見守り競馬の神様の存在を確信したのであった。

 この辺で「東大馬券王の大よそー」に移ろう。

 皐月賞(G1)、いや日本ダービー(G1)まで見据えた多士済々が登録してきた。東大式鉄則「弥生賞はダービー馬を探すつもりで予想せよ」。コース適性は中山2000mの新馬・葉牡丹賞(1勝クラス)を連勝してきたトロヴァトーレに一目置かざるを得ないが、“ダービー馬を探せ”の鉄則に準ずるとズバリ、ホープフルS(G1)の勝ち馬レガレイラを東京のアイビーS(L)で寄せ付けなかったダノンエアズロックを上に見る。

 人気の一角、ホープフルS2着のシンエンペラーは、同レース4・5着馬の次走1、2番人気での凡走(どちらも7着)を見て評価を下げ、着候補の筆頭まで。

 結論はダノンエアズロック→トロヴァトーレの3連単1・2着流し、押さえにシンエンペラーからダノンエアズロック&トロヴァトーレへ2頭、その他大勢の3連複フォーメーションで「ディープインパクト記念」の名にふさわしいダービー馬の出現を期待することにしよう。

尼崎昇

尼崎昇

初めて見たダービー馬はタニノハローモア。伝説的な名馬の走りをリアルタイムで見てきた筋金入りの競馬通は「当たって儲かる予想」がモットー。過去に東京大学で競馬研部長をつとめ、スポーツ新聞やラジオ解説を担当した勝負師の素顔は「隣の晩ごはん」や「おもいッきりテレビ」などの大ヒット番組を手掛けたキー局の敏腕プロデューサー。德光和夫、草野仁ら競馬界の著名人との親交もあり、競馬談義を繰り広げる仲である。

【弥生賞】デビュー6連勝でシンザンに続く「三冠」を目指した悲劇の名馬…「法則」から導いた今年の本命馬は?【東大式必勝馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬