GJ > 競馬ニュース > M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
NEW

M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上

M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上の画像1
M.デムーロ騎手 撮影:Ruriko.I

 24日、阪神・芝2200mで行われたすみれS(L)は、サンライズアース(牡3歳、栗東・石坂公一厩舎)とM.デムーロ騎手のコンビが優勝。4ヶ月のぶりの一戦をものともせず、これで無傷の2戦2勝とした。

 同馬は昨年10月のデビュー戦を逃げて快勝したものの、次走に予定していたホープフルS(G1)をザ石により直前で取り消し。やや順調さを欠いていた上、今回はスタートで遅れてしまい初戦とは異なる後方からのレースを強いられることとなってしまう。

 さらにバックストレッチでは13秒台のラップが連続して刻まれるゆるい流れ。ただデムーロ騎手もレース後「向正面で思ったよりペースが流れておらず」と振り返った通り、ペースが遅かったことは察していたようで、3コーナーでは後方2番手から一気に逃げ馬に並ぶ位置まで浮上した。

 直線に入りデムーロ騎手の叱咤を受けるとサンライズアースは再加速。追い込んできたジューンテイクや1番人気メリオーレムらを寄せ付けずそのまま押し切った。

「粗削りでしたが、キャリアを考えると相当強い競馬でした。向正面からの豪快なまくりだったにもかかわらず、ゴール前ではまだ手応えに余裕があるようにも見えましたね。

レイデオロ産駒のサンライズアースは、無傷の5連勝で昨年のみやこS(G3)を制したセラフィックコールの半弟。兄の手綱もここ3戦デムーロ騎手が取っており『あの馬ヤバくない?』『バケモノ感がある』と絶賛していましたが、弟サンライズアースの方にも今回のレース後には『めっちゃ強かった!』と手応え十分。この先が楽しみですよ」(競馬誌ライター)

ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上

 また、すみれS(すみれ賞時代含む)といえば過去の勝ち馬にダービー馬のフサイチコンコルドやキングカメハメハ、G1・3勝のスーパークリークなどがおり、近年でも菊花賞(G1)2着で重賞5勝のクリンチャーなどを送り出している。

 そんな出世の登竜門的レースであるすみれSを、サンライズアースは阪神2200mで開催された中で歴代2位の好タイムとなる2分12秒0で勝利したのだから、この先が非常に楽しみとなったことは間違いない。

「本馬のオーナーであるライフハウスの所有馬は、先月の若駒S(L)もサンライズジパングが勝利。サンライズホークは目下重賞連勝中でありサンライズロナウドも25日の阪急杯(G3)で僅差の3着に健闘するなど、ここのところ好調が目立っています。

サンライズアースも次走に弥生賞ディープインパクト記念(G2)を予定しているサンライズジパングとともに、今年のクラシック戦線で面白い1頭になりそうですよ」(同)

「最後まで頑張っていました。スタミナがあり、パワーもあります」

 レース後にはデムーロ騎手にそう褒め称えられたサンライズアース。次戦は未定のようだが、春クラシックの新星に浮上したことは確かだ。果たして次はどのようなレースを見せてくれるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【激走候補5頭】J.モレイラ不在の週末は波乱必至!? 大荒れ実績十分福島牝馬S(G3)&フローラS(G2)【週末重賞ピックアップ】
  3. 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負
  4. 「絶不調時の凌ぎ方」こそ強い者とそうでない者の差が出る?キャプテン渡辺が実行している一番良い方法【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. 【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
  6. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  7. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「注目のルーキー」吉村誠之助が狙う重賞初騎乗V!武幸四郎の快挙から27年…人気薄でも侮れないコンビ
  10. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?