GJ > 競馬ニュース > 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
NEW

【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々

【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々の画像1
撮影:Ruriko.I

イクイノックス妹が桜花賞の前哨戦に登場

 3月2日、阪神競馬場では桜花賞(G1)の前哨戦、チューリップ賞(G2)が行われる。用意された3枚のチケットを手中に収めるのは果たしてどの馬か。早速展望していこう。

 世界最強馬として昨年末に現役を退いたイクイノックス。その半妹にあたるガルサブランカ(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)が約3か月ぶりの実戦を迎える。

 デビュー戦は兄と同じ夏の新潟だった。単勝オッズ1.4倍の圧倒的1番人気に推されると、上がり3ハロン32秒8の末脚を繰り出して優勝。3か月半の間隔を空けて2戦目は自己条件のベゴニア賞(2歳1勝クラス)で確勝を期した。

 ここでも1.4倍の人気を集めたが、初戦で見せた切れる脚を使えず。オーサムストロークに半馬身及ばず2着に敗れてしまう。ただ、前後半3ハロンが37秒7→33秒5という極端なスローが合わなかったか。2番手から抜け出した勝ち馬と、3番手追走の本馬の位置取りの差も大きかった。

 それでも初戦で見せたポテンシャルの高さは間違いなく一流馬のそれで、今回は兄が遂げられなかったクラシック制覇のためにはここは通過点となるはずだ。

 鞍上を務めるのはもちろんC.ルメール騎手。デビュー戦後に「走り方が軽いのが(兄と)似ています。能力のある馬で、これから楽しみ」と語っていたように良血馬の秘めたる素質には太鼓判を押している。年明け初戦で一回り成長した姿を見せられるか。

 

G1・3着の実績を持つタガノエルピーダ

 ガルサブランカと同じキャリア2戦でも、タガノエルピーダ(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)の方が実績は上だ。

 昨秋の京都芝1600mでデビューVを飾った同馬は、暮れの阪神ジュベナイルF(G1)に登録していたが、除外されたため1週スライドして朝日杯フューチュリティS(G1)で牡馬に挑戦した。

 上位人気馬からはやや離れされた5番人気に支持されての一戦は、好位グループの3番手を追走。当日の馬場は差し馬有利だったことに加えて、前半3ハロンは34秒1とやや速いペースで流れた。

 先行馬には厳しい展開になったが、最後は内から抜け出したジャンタルマンタル、さらに大外から伸びたエコロヴァルツに差されての3着。それでもキャリア1戦で、勝ち馬から0秒2差なら、上々の内容だったといえるだろう。

 血統的には、兄に芝・ダート・障害で活躍したタガノエスプレッソ、武蔵野S(G3)を勝ったタガノトネールなどがいる。桜花賞、そしてその先を見据える上でもここは優先出走権だけではなく、しっかり賞金加算をしておきたいところだ。

 

関東名門が送り出すミラビリスマジック

 ミラビリスマジック(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)は、中山マイルコースで新馬、菜の花賞(3歳1勝クラス)を連勝中。無敗での重賞初制覇を狙う。

 初戦は好位追走から直線で逃げ馬を捉えての完勝。着差は1馬身ながら着差以上に強さを感じさせる好内容だった。

 続く菜の花賞は初戦よりもやや控えてちょうど中団の外目で脚を溜める競馬。直線残り200mを切ったところで前が詰まり減速する不利があったが、視界が開けるやいなや切れ味を発揮して、ゴール寸前でロンドンアームズを差し切った。

 2戦続けて手綱を取った田辺裕信騎手は「今日は一回狭くなっても盛り返せるくらいの反応でした。ひるまずに走れるようにメンタルも強く、今後が楽しみ」と勝負根性を称賛している。

 アーモンドアイやアパパネなど数多くの名牝を育ててきた国枝厩舎。関東の名門から新たな女傑候補の誕生となるか。


 ワイドラトゥール(牝3歳、栗東・藤原英昭厩舎)は、昨秋の新潟でデビュー戦V。続くファンタジーS(G3)で2番人気に支持されたが、スタートで遅れると、最後方からの競馬を強いられた。ペースはそれなりに流れたが、4角17番手ではなす術なく、10着に惨敗。ただし、前走の紅梅S(L)を快勝して、改めて力があるところを示しており、今回も上位争いに加わってきそうだ。


 スウィープフィート(牝3歳、栗東・庄野靖志厩舎)は、デビュー戦から一貫して永島まなみ騎手が手綱を取ってきた。白菊賞(2歳1勝クラス)2着、エルフィンS(L)2着など、5戦すべてで人気以上の着順を確保していたが、ここで陣営は鞍上交代を決断。オープン特別時代を含めてチューリップ賞を通算6勝している武豊騎手が新たに手綱を取る。


 この他には、アルテミスS(G3)3着、フェアリーS(G3)4着と重賞で安定した走りを見せているスティールブルー(牝3歳、美浦・宗像義忠厩舎)、前走・シンザン記念(G3)で牡馬相手に4着と健闘したラーンザロープス(牝3歳、栗東・武幸四郎厩舎)、昨夏の新潟2歳S(G3)でアスコリピチェーノの2着に逃げ粘ったショウナンマヌエラ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎)などが出走を予定している。

 ガルサブランカとタガノエルピーダを中心に、春の牝馬クラシックを目指す若き乙女たちが火花を散らすチューリップ賞。3着までに入って桜花賞の優先出走権を手にするのは果たしてどの馬となるのか。発走は3月2日、15時35分を予定している。

【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  3. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  4. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  8. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  9. JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】