GJ > 競馬ニュース > 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
NEW

武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野

【この記事のキーワード】, ,
武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスのアレや宝塚記念も視野の画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 昨年の有馬記念(G1)で劇的な復活勝利を決めた武豊騎手とドウデュース。レース後に公開されたジョッキーカメラの映像では、パートナーの激走を労うレジェンドが、「もう1回フランスに行こう」と話している姿も収録されており、ファンや関係者から大きな注目が集まった。

 そして、21日に『カンテレ競馬【公式】』がYouTubeに当時の裏話やドウデュースを所有するキーファーズの代表である松島正昭オーナーとレジェンドの強い絆を物語るエピソードを公開。競馬界のレジェンドといわれる武豊騎手ならではのユーモア溢れる軽妙なトークで盛り上がった。

 詳細については本動画をご覧いただきたいのだが、その中でドウデュースの今後も含めて興味深い話があったため、簡単に紹介しておきたい。

武豊「もう1回フランスに行こう」松島オーナーは動揺?

 まず、武豊騎手は馬主デビューする前から松島オーナーと友達だったという話からスタート。毎週馬券で大敗している友人を見て、それなら「馬を買えばいいのに」と武豊騎手から勧められたことが馬主デビューのきっかけだったという。

 松島オーナーは、昨年の天皇賞・秋(G1)当日に武豊騎手が負傷したことに対し、怪我をさせたのがインゼルレーシング(オーナーの娘が代表のクラブ法人)の馬だったこともあり、「エライことなった」「生きた心地がしなかった」と回顧。主戦が無事復帰した有馬記念の勝利を見届けた際には、喜びよりも「ホッとした」気持ちが強かったようだ。

 そして、有馬記念後に公開されたジョッキーカメラの映像で「もう1回フランスに行こう」と話していたことについては、松島オーナーも「ま、まずはドバイでしょ!?」と動揺を隠せなかった様子。これには武豊騎手も「心の声が漏れ過ぎた」と苦笑い。「そこまでJRAが使っていた」ことに驚いていた。

 レジェンドがあえてフランスの“アレ”と表現していたのは、阪神タイガースのファンとして知られるだけに、おそらく昨年18年ぶり6度目の優勝へ導いた名将・岡田彰布監督を意識してのことだろう。

 武豊騎手曰く、2年前のフランス遠征では走ってダメだった訳ではなく、全く走っていないとのこと。松島オーナーが話したように、まずはドバイターフ(G1、芝1800m、3月30日=メイダン)からの始動で“忘れ物”を取りに行く可能性が高そうだ。

 また、武豊騎手はドウデュースの今後のローテーションについて、「何となくのイメージではドバイ、宝塚、アレかな」と言及。自身が「勝つのが僕の夢」と目標に掲げる大一番に思いを馳せていた。

 動画内では、ドウデュースの他に可愛がっていた後輩の福永祐一調教師への想いについてもレジェンドなりのイメージを説明。再生時間は13分ほどながら見応え十分の面白エピソードが詰まっていた。

 まだ『【中編】うまんちゅだけのSP企画!武豊騎手×安藤勝己レジェンド対談 ~ドウデュース松島オーナー秘話&福永調教師への想い~』を見ていないファンは要チェックだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【激走候補5頭】J.モレイラ不在の週末は波乱必至!? 大荒れ実績十分福島牝馬S(G3)&フローラS(G2)【週末重賞ピックアップ】
  3. 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負
  4. 「絶不調時の凌ぎ方」こそ強い者とそうでない者の差が出る?キャプテン渡辺が実行している一番良い方法【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. 【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
  6. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  7. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「注目のルーキー」吉村誠之助が狙う重賞初騎乗V!武幸四郎の快挙から27年…人気薄でも侮れないコンビ
  10. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?