GJ > 競馬ニュース > 名門厩舎「次世代のスーパースター候補」はフォーエバーヤングだけじゃない!? 成長著しい「愛弟子」にかかるサウジアラビアでの期待
NEW

名門厩舎「次世代のスーパースター候補」はフォーエバーヤングだけじゃない!? 成長著しい「愛弟子」にかかるサウジアラビアでの期待

【この記事のキーワード】, ,
名門厩舎「次世代のスーパースター候補」はフォーエバーヤングだけじゃない!? 成長著しい「愛弟子」にかかるサウジアラビアでの期待の画像1
坂井瑠星騎手 撮影:Ruriko.I

 24日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われるサウジカップデー。世界最高峰のダートレースであるサウジC(G1)など8つの競走が行われ、近年では日本馬の活躍も目立つ国際招待競走だ。

 そんなサウジカップデーの公式SNSがフォーエバーヤング(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)を「矢作厩舎の次のスーパースター?」と切り出し、サウジダービー(G3)へ臨むことを紹介している。海外重賞を次々と制するトップトレーナーが送り出すG1馬は既に現地で注目を集めているようだ。

 しかし矢作厩舎のスーパースター候補はフォーエバーヤングだけではない。同厩舎所属にして同馬に騎乗予定の坂井瑠星騎手も次世代のスター候補と言える。

「愛弟子」にかかるサウジアラビアでの期待

 弱冠26歳ながら海外経験豊富な坂井騎手。サウジ遠征も今回が4度目となるが、根底にあるのは「世界の矢作」こと矢作師の海外志向の強さだろう。

 坂井騎手はデビュー2年目という減量の恩恵がある時期にオーストラリアで武者修行を敢行。師匠の矢作師も若くしてオーストラリアでトレーナーとしての修業を積んだ経験があり、「世界的騎手になってほしい」と願う愛弟子に自身の成長に繋がった環境で勉強するチャンスを与えたかったようだ。

 そんな修業期間を経て帰国した坂井騎手の活躍ぶりは多くの競馬ファンの知るところ。今年は先週終了時点で全国リーディング2位とトップクラスの成績を上げている。

 坂井騎手は国内だけでなく過去のサウジ遠征でも実績を上げている点は見過ごせない。一昨年のリヤドダートスプリント(G3)でチェーンオブラブと3着に好走、昨年の1351ターフスプリント(G3)ではバスラットレオンに騎乗し見事勝利している。

 またサウジカップデー前日の国際騎手招待競走であるインターナショナルジョッキーズチャレンジにも出場が決定。昨年は川田将雅騎手が出場したものの2位に敗れており、坂井騎手には「日本代表」としての初制覇に期待がかかる。

 そして最注目はコンビで国内G1を3勝しているレモンポップとのサウジC挑戦だ。レモンポップは英ブックメーカー『William Hill』で出走予定15頭中3番手の評価だけにチャンスも十分だろう。

 昨年は師匠の管理馬パンサラッサが制したこのレース。今年は弟子の坂井騎手が「日本馬の2年連続サウジC制覇」という偉業を成し遂げるかにも注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

名門厩舎「次世代のスーパースター候補」はフォーエバーヤングだけじゃない!? 成長著しい「愛弟子」にかかるサウジアラビアでの期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬