GJ > 競馬ニュース > 武豊「クラスが違う勝ち方」ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 豪脚を引き出したレジェンドの手腕に絶賛の声
NEW

ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声

【この記事のキーワード】, ,
ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 期待の超良血がついに覚醒か。

 24日、阪神7Rに行われた4歳以上1勝クラスは、4番人気スイープアワーズ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)と武豊騎手のコンビが優勝した。

 同馬は中央に残り4頭しかいない種牡馬ディープインパクトのラストクロップのうちの1頭。母はG1・3勝を挙げたスイープトウショウという超良血で、2021年のセレクトセールにおいて2億2000万円(税込)という高値で取引された期待の1頭である。

 昨年4月にデビュー戦を迎えたものの3連敗を喫しており、手綱を取っていた武豊騎手は「気難しい面がある」とメンタル面での課題を口にしていた。ちなみに母スイープトウショウも現役時代には馬場入りを嫌うなど、気性に難があったことはファンの間で知られるところだ。

 4戦目に川田将雅騎手とのコンビで初勝利を挙げたものの、昇級後の2戦はともに着外。ひと息いれて4ヶ月半ぶりの一戦だった今回は初のマイル戦、4走ぶりとなる武豊騎手とのコンビで巻き返しが期待されていた。

 スタートしてすぐに後ろに下げたスイープアワーズと武豊騎手は道中、後方4番手を追走。大外を通って最後の直線に向くと豪脚一閃。最後はB.ムルザバエフ騎手のオーシャントライブとの追い比べを3/4馬身差で制した。

「最後の直線は1頭だけ上がり3ハロン33秒台となる33秒7をマークしており、母スイープトウショウ譲りの目が覚めるような末脚でした。武豊騎手はレース後『道中いい手応えで掛かるところもなかった』と話していたことから、ここにきて気性面の成長も窺えます。通ったコースを考えると着差以上の強い勝ち方でしたし、期待の良血がついに覚醒したかもしれません」(競馬誌ライター)

 ライターがスイープアワーズの勝ち方をそう絶賛したことには理由がある。というのも開幕週の阪神・芝1600mで行われたこのレースは2着オーシャントライブが2枠4番、最内枠から逃げたヨウシタンレイが3着に残るなど、2~5着までを1~6番枠からスタートした馬が占めた。この4頭は道中もほぼ内ラチ沿いを走っていたのである。

 それに対して15番枠からスタートしたスイープアワーズと武豊騎手は終始外を回る展開。4コーナーでも大外を回ったにもかかわらず、最後は内の馬たちをまとめてねじ伏せてしまった。

末脚を引き出した武豊騎手の騎乗にも絶賛の声

 そんな内容で2勝目を挙げたスイープアワーズにはSNSやネット掲示板でもレース後「開幕週に大外から豪快に差し切るとは」「これ相当強い勝ち方なんじゃないか」「良血がいよいよ本格化したか」「昇級戦も余裕で突破できそう」と、これからの活躍に期待するコメントが多く寄せられている。

 また、同馬の末脚を引き出した武豊騎手の騎乗に対しても「さすがレジェンド」「ディープインパクト産駒の末脚を引き出す騎乗は日本一上手い」「仕掛けのタイミングもドンピシャだった」「惚れ惚れするようなステッキワーク」「このままコンビ固定でお願いします」など絶賛の声が上がっていた。

「クラスの違うような勝ち方でしたね」

 レース後には武豊騎手もスイープアワーズの勝ちっぷりをそう褒め称えた。本格化を予感させる良血の次走を楽しみに待ちたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【激走候補5頭】J.モレイラ不在の週末は波乱必至!? 大荒れ実績十分福島牝馬S(G3)&フローラS(G2)【週末重賞ピックアップ】
  3. 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負
  4. 「絶不調時の凌ぎ方」こそ強い者とそうでない者の差が出る?キャプテン渡辺が実行している一番良い方法【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. 【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
  6. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  7. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「注目のルーキー」吉村誠之助が狙う重賞初騎乗V!武幸四郎の快挙から27年…人気薄でも侮れないコンビ
  10. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?