GJ > 競馬ニュース > 【阪急杯(G3)予想】馬場悪化で「道悪の鬼」を狙い撃ち! 近走不振の重賞ウィナーが急浮上!
NEW

【阪急杯(G3)予想】馬場悪化で「道悪の鬼」を狙い撃ち! 近走不振の重賞ウィナーが急浮上!

【阪急杯(G3)予想】馬場悪化で「道悪の鬼」を狙い撃ち! 近走不振の重賞ウィナーが急浮上!の画像1

雨予報だからこそ狙いたい穴馬が

 今回は高松宮記念(G1)、そして春の安田記念(G1)へ向けた前哨戦のひとつ、阪急杯(G3)を予想していく。

 先週の振り返り。まず京都牝馬S(G3)だが、▲ナムラクレアは予想通り飛ぶことはなかったが、惜しい2着。ただ1着、3着がノーマークだった。勝ったソーダズリングは買えない馬ではなかったのだが、ナムラクレアほどの安定感がない割に人気しそうだったので敢えて外した。3着は16番人気。人気薄が来ると指摘しておいて、このザマである。反省しきり。

 フェブラリーS(G1)は印を打った馬がことごとく飛んで、153万馬券の大波乱。勝ったペプチドナイルは過去に印を打ったこともある馬ではあるが、前走が負けすぎと見て検討から外した。2走前の勝ちを重視すれば買えた。2着、3着は陣営からのコメントがどうにも冴えず、早々に検討から外した。ここまで荒れるとお手上げである。


 予想に戻ろう。

 では、最初に過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていこう。
阪神C 7頭
京都金杯 4頭
マイルCS 3頭
シルクロードS 2頭
香港スプリント、JBCスプリント、京王杯スプリングC、東京新聞杯、京阪杯、根岸S 各1頭
オープン特別 6頭
条件特別(3勝クラス) 2頭
となっている。暮れの阪神C(G2)からの転戦が最多。マイルCS組はここから春への始動戦といったところか。1400mの重賞が少ないので、前走はマイルもあればスプリント戦もあり、果てはダートからの転戦でも好走したケースがある。G3戦ながら条件戦からの転戦はやや分が悪いようだ。

 続いて人気順の成績を見ていこう。
1番人気 3-1-1-5
2番人気 3-1-2-4
3番人気 0-1-0-9
4~6番人気 1-4-5-20
7~9番人気 2-2-1-25
10番人気以下 1-1-1-69
となっている。1番人気は微妙なラインだが、2番人気は健闘している。ただ、近5年で絞ると1番人気も2番人気も3頭ずつ、さらに不振を極めている3番人気も昨年連に絡んでおり、上位人気がそれなりに好走している。上位人気がすべて飛んだのは17年の一度きりで、この時は248万馬券の大波乱となっているが、例年そこまで荒れることはない。6番人気以下の馬の好走が目立つので、人気薄まで幅広く検討した方が良さそうだ。

 そして、当日の天気はどうやら雨のようだ。前日の土曜は晴れるものの、当日は終日雨予報。それなりにまとまった雨になりそうなので、馬場の悪化も稍重程度では済まないと考えられる。今回は重馬場適性も考慮して予想を進める。

【阪急杯(G3)予想】馬場悪化で「道悪の鬼」を狙い撃ち! 近走不振の重賞ウィナーが急浮上!の画像2
タマモブラックタイ 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて「◎」は穴馬だが6番タマモブラックタイとする。

 前走は北九州短距離S(OP)。中枠からのスタートで、ポジションを下げ中団に控える競馬。ペースは若干速めといったところで、道中ポジションを上げて3番手から直線に向くが、そこから伸びを欠いて7着に終わった。

 明け4歳馬で、昨春はファルコンS(G3)も勝っている重賞ウィナーである。だが、これ以降の成績が凡走続きで、いいところ掲示板といったレースが続いていた。実はこれも仕方ない理由がある。

 この馬は戦績を見ると分かるが「道悪の鬼」。ここまで12戦のキャリアで3勝2着1回を挙げているが、すべて渋った馬場。逆に良馬場では上記のようにいいところ掲示板まで、という成績しか残っていない。唯一、3歳の大目標であったNHKマイルC(G1)も稍重で開催されていたが、ここで大敗しているのみで、これは単純にG1では荷が重かったのと、稍重でも時計が出たのが理由だろう。

実は昨年のファルコンSから「重の短距離戦なら買い」と狙っていた馬である。今回は別定戦で斤量にも差がなく、近走成績が冴えないので人気にならないのは確実。そして上記のように当日の馬場悪化も確実となれば、本命で買いの一手である。

【阪急杯(G3)予想】馬場悪化で「道悪の鬼」を狙い撃ち! 近走不振の重賞ウィナーが急浮上!の画像3
カルロヴェローチェ 撮影:Ruriko.I

「○」も人気を落としているが、8番カルロヴェローチェを挙げる。

 前走は洛陽S(L)。内目の枠からスタートすると、位置を下げて中団後ろ目につけて追走。緩みのないペースで流れていき、ポジションを下げたところで直線に入るが、そのまま伸びることなく、16着に沈んだ。

 一昨年の宝塚記念(G1)当日の阪神5R新馬戦を余裕で勝ち上がったことで話題にもなった、「元」クラシック候補。2戦目の野路菊S(OP)でまさかのしんがり負けを喫したところでケチがついたものの、◎タマモブラックタイが勝ったファルコンSで2着を確保し、NHKマイルCでもスタートで接触がありながら、掲示板を確保してみせた。

 が、この後骨折が判明して長期休養を余儀なくされ、前走はプラス22kgの馬体重で、成長分を差し引いても太め残り。大敗も当然といったところだろう。

 この馬も上で触れたように重馬場のファルコンSでタイム差なしの2着、稍重のNHKマイルCでは掲示板と重適性は高い。叩き2戦目で上積みも見込める。今はいかほど走れるかがわからないが、少なくともこれまでのキャリアの中での持ち時計は平凡。それだけに時計がかかる渋った馬場は大歓迎なはず。

 G1で掲示板を確保できる程度に実力があることは証明されているので、ポテンシャルは高い。その割に今回は人気が落ちるのは確実なので、◎同様こちらも買いの一手である。


「▲」も人気薄だが9番サトノレーヴを推す。

 前走は朱雀S(3勝クラス)。中枠スタートで、逃げ馬を前に見る3番手につける積極策。緩めのペースで流れていき、直線に向くと前残り展開となり、粘る逃げ馬を直線で捕まえ、半馬身差つけて勝利した。

 明け5歳馬ながらキャリアがまだ5戦。3歳春のデビューで遅かったせいもあるが、デビュー戦後、1勝クラスで2着が1回あるものの、1勝クラス、2勝クラスと連勝。だが、このあと約半年の長期休養が挟まって走ったのが前走。そして、前走から10カ月の長期休養明けになるのが今回となる。

 ここまで5戦4勝2着1回とパーフェクト連対を誇り、休みを挟んではいるが目下3連勝中でもある。勢いというには間隔が空きすぎているが、とはいえ3連勝中なのは確か。そして、この馬も重馬場で勝ち星を持っており、馬場が荒れても苦にしないタイプのようである。

 前走が鉄砲駆けで、上がり33.4秒の脚まで使っての完勝。今回は前回よりさらに間隔が長い休養明けとなるが、問題はないだろう。初オープン・初重賞の壁があるかも知れないが、潜在能力はこんなものではないだろう。ここでそれが証明される可能性は十分と見て押さえておきたい。

【阪急杯(G3)予想】馬場悪化で「道悪の鬼」を狙い撃ち! 近走不振の重賞ウィナーが急浮上!の画像4
サンライズロナウド 撮影:Ruriko.I

「△」は穴人気しそうな7番スマートクラージュと穴馬2番サンライズロナウドの2頭とする。

 スマートクラージュの前走はセントウルS(G2)で、外枠スタートで、中団に控える競馬。速いペースで流れていき、直線で逃げ馬が粘る展開の中、後ろから追い込んだものの届かず3着に終わった。

 3年前の秋にオープン入りし、続くリステッドも勝利したものの初重賞のオーシャンS(G3)で1番人気になりながら10着に大敗。だが、秋の京阪杯(G3)で3着に入って巻き返し、現在目下3連続3着と好走はするが、もう一歩足りないレースが続いている。

 この馬もそれなりの持ち時計はあるのだが、重馬場の新馬戦で2着、3走前の不良馬場で3着と道悪で好成績を残すなど、時計勝負よりはパワーで何とかする方が向いているようである。

 前からでも中団からでも競馬ができる自在性もあるので、前が残りやすいこのレースでも上手く立ち回って3着までには入ってくるのではないか、と考えての押さえである。


 サンライズロナウドの前走はシルクロードS(G3)で、中団後ろ目につける競馬。速い流れになり、直線で逃げ馬は脱落するものの、2番手が粘って後続を引き離しにかかる中、後ろからよく伸びてきたが4着止まりだった。

 今年の開催週でオープン入りを果たし、前走は初オープン・初重賞だった。結果的に勝ち馬には離されてしまったが、それでも掲示板を確保する好走は見せることができ、今後の目星は立ったかも知れない。

 この馬は渋った馬場を2度経験しており、新馬戦は不良馬場だったもののダート戦ということで、逆に時計が出て6着に敗れているものの、1勝クラスでは重馬場の芝で3着をマークしており、こちらも時計は持っているものの、時計勝負はしたくないタイプなのだろう。

 ダートで未勝利を勝ち上がっているなど、元々はパワー型の馬と考えられ、こちらも渋った馬場は歓迎のクチなはず。前走の走りの割に人気がないので、押さえておきたい。

 ということで、今回は狙っていたので6番タマモブラックタイの頭から2番、7番、8番、9番の4頭へ流す3連複6点勝負とする。人気になりそうな馬がたまたま重を嫌う馬ばかりだったせいもあって、どの馬も人気がない。どんな組み合わせでも万馬券が見える。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【阪急杯(G3)予想】馬場悪化で「道悪の鬼」を狙い撃ち! 近走不振の重賞ウィナーが急浮上!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!