GJ > 競馬ニュース > 【オーシャンS(G3)展望】トウシンマカオVSビッグシーザー! 高松宮記念(G1)見据え、最強馬サクラバクシンオーの系譜を継ぎし者が激突!
NEW

【オーシャンS(G3)展望】トウシンマカオVSビッグシーザー! 最速馬サクラバクシンオーの系譜を継ぎし者が激突!

【オーシャンS(G3)展望】トウシンマカオVSビッグシーザー! 最速馬サクラバクシンオーの系譜を継ぎし者が激突!の画像1
トウシンマカオ 撮影:Ruriko.I

高松宮記念(G1)見据え、スピード自慢が激突

 3月2日、中山競馬場ではオーシャンS(G3)が行われる。1か月後に迫った高松宮記念(G1)の前哨戦で、勝ち名乗りを上げるのはどの馬か。

 実績的にはトウシンマカオ(牡5歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)が最右翼だろう。3歳春まではマイル戦でも好走していたが、その後はスプリント路線に専念。3歳秋の京阪杯(G3)で古馬相手に重賞初制覇を飾ると、鮫島克駿騎手も「来年のスプリント戦線をにぎわしてくれる一頭」と期待を寄せていた。

 ところが4歳初戦のシルクロードS(G3)で4着に敗れると、続く高松宮記念は不良馬場も影響して15着に大敗。夏は北海道で立て直しを図ったが、函館スプリントS(G3)とキーンランドC(G3)で連続3着と勝ち切ることができなかった。

 秋はスプリンターズS(G1)を大目標に調整されていたが、発熱で無念の回避。立て直され、スワンS(G2)で秋初戦を迎えたが、9着に敗れている。

 人気に応えられない走りが続いていたトウシンマカオだが、続く京阪杯でようやく復活を果たす。連覇を狙った一戦で、同馬は他のメンバーより1kg重い最重量の58kgを背負った。近走の不振も相まって4番人気まで評価を落としていたが、斤量差も難なく克服。最後はルガルに2馬身の差をつける鮮やかな勝利を飾った。

 今回はそれ以来、約3か月ぶりの休み明け。初の中山コースで、父ビッグアーサーから受け継いだスピードを如何なく発揮できるか。鞍上は前走初コンビで勝利に導いた菅原明良騎手が務める予定だ。


 トウシンマカオと同じくビッグアーサー産駒のビッグシーザー(牡4歳、栗東・西園正都厩舎)は、2歳秋から3歳春にかけて4連勝を飾った素質馬である。

 重賞初挑戦となった昨年5月の葵S(G3)で3着に敗れ連勝がストップ。その後は古馬との対戦で成績を落としていた。

 復活の足掛かりを作ったのは、昨秋の京阪杯。トウシンマカオが快勝を収めた同レースで、ハナを切って5着と、3戦ぶりの掲示板に入ると、前走・淀短距離S(L)で11か月ぶり勝利を収めている。

 同レースではいつものようにダッシュを利かせて2番手の好位を確保。最後の直線では、上がり3位タイの末脚を使って2着馬に1馬身半の差をつけた。

 鞍上の坂井瑠星騎手は「返し馬から前走より明らかに良くなっていると感じました」とレース前から手応えがあった様子で、リステッド競走では力が一枚上手だったか。今回は改めて重賞で通用するかどうか、試金石の一戦といえそうだ。


 ダディーズビビッド(牡6歳、栗東・千田輝彦厩舎)もビッグシーザーと同じく重賞初制覇が懸かる。

 3歳時に橘S(L)、4歳時に信越S(L)と、2つのリステッド競走を勝利しているダディーズビビッドだが、これまで重賞では9戦全敗。ただし、昨年の阪急杯(G3)で2着、京王杯スプリングC(G2)で3着など、あと一歩のところまでは迫っている。

 他にも一昨年の当レースとセントウルS(G2)で4着しており、G3ならいつ勝ってもおかしくない実力の持ち主だ。前走の阪神C(G2)こそ9着に敗れたが、骨折による休養明けだったことを考えれば、勝ち馬と0秒3差なら上出来。引き続き浜中俊騎手とのコンビで待望の重賞Vを目指す。


 ダディーズビビッドと同厩のバースクライ(牝4歳、栗東・千田輝彦厩舎)は、昨年9月から自己条件を3連勝してオープン入り。勢いそのままにシルクロードSで4連勝を狙ったが9着と案外な結果に終わった。

 ただ、同レースでは道中で外々を回らされており、距離ロスも少なからずあった。過去10年で牝馬は3勝しており、本来の走りを見せることができれば面白い存在だ。

【オーシャンS(G3)展望】トウシンマカオVSビッグシーザー! 最速馬サクラバクシンオーの系譜を継ぎし者が激突!の画像2
キミワクイーン 撮影:Ruriko.I

 同じ牝馬でもキミワクイーン(牝5歳、美浦・奥村武厩舎)は近走が凡走続き。昨夏の函館SSを強烈な末脚で制したものの、近3走は7着、10着、11着。ただし、着順ほど負けてはおらず、M.デムーロ騎手との2年半ぶりコンビ復活が起爆剤となれば、久々の激走があっても驚けない。

 この他には、前走カーバンクルS(OP)の勝利を含めて中山で6戦3勝2着1回のコース巧者シュバルツカイザー(セ6歳、美浦・大竹正博厩舎)、昨夏のキーンランドCでナムラクレアの2着に粘走したシナモンスティック(牝5歳、美浦・宗像義忠厩舎)、シルクロードS16着から巻き返しを期すオタルエバー(牡5歳、栗東・中竹和也厩舎)なども展開一つで勝ち負けのチャンスは十分にある。

 重賞2勝のトウシンマカオを筆頭に、いつ重賞初勝利を飾ってもおかしくないビッグシーザーとダディーズビビッドなど好メンバーがそろった今年のオーシャンS。発走は3月2日、15時45分の予定だ。

【オーシャンS(G3)展望】トウシンマカオVSビッグシーザー! 最速馬サクラバクシンオーの系譜を継ぎし者が激突!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬