GJ > 競馬ニュース > 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報
NEW

物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏

【この記事のキーワード】, ,
富田暁騎手と仲のいい鮫島克駿騎手 撮影:Ruriko.I
富田暁騎手と仲のいい鮫島克駿騎手 撮影:Ruriko.I

 関係者やファンを驚かせた池添謙一騎手と富田暁騎手の騒動。先月25日の深夜に函館競馬場の調整ルーム内において、互いに「粗暴な行為」に及んだ事実が確認されたとして、池添騎手が開催4日間、富田騎手には2日間の騎乗停止の処分が下された。

 富田騎手は先週末から復帰、池添騎手も今週末から騎乗を再開するのだが、絡まれた富田騎手がやりかえしたとはいえ、“喧嘩両成敗”に近い処分だったともいえる。44歳の池添騎手が、親子ほど年の離れた27歳の富田騎手と揉めたことに対し、ネットやSNSでは「残念過ぎる」「大人げない」「池添の処分が甘い」といった意見も出ていた。

厳しい声が相次いだ池添騎手だが富田騎手にもよからぬ噂が

 その一方で、富田騎手側にも「まったく問題がなかった訳ではない」という。

「世間的には手を出した池添騎手の処分が軽いと非難する声も多かったですが、実情を聞くと富田騎手の素行にも、よからぬ噂があったようです。富田騎手は昨年夏から北海道滞在を始めましたが、遊び仲間の先輩である鮫島克駿騎手からの誘いだったらしく、受け取り方によっては不純な動機といわれてもやむを得ないところです。

仲のいい2人はプライベートでも一緒に行動していますし、最近では『netkeiba.com』の番組でも一緒に出ていましたね。その函館では夜な夜な行動を共にしていて、事件のあった日も鮫島駿騎手らと飲んでいたそうです。そこに池添騎手と遭遇した結果、あんなことになってしまいました」(競馬記者)

 また、この件について関わりのある若手騎手のひとりが本音を漏らしていた。

「池添先輩も富田先輩も大学生の飲み会みたいなことをやっていますよ。池添先輩は後輩にアルコール度数の強いお酒を強要するなど、とにかく飲ませるタイプ。その中に富田先輩もいてよく飲まされていたそうです。これには本人も凄くしんどいと困っていたそうですが、実は富田先輩も後輩との食事会で池添先輩と同じような感じで飲ませていました。

普段は温厚な先輩なのですが、酒が入ると豹変するタイプ。あの事件の時も池添先輩に向かっていって挑発したとも聞いています。それでJRAの裁定も甘かったのかなと……。ただ僕らからしたら今回の一件で、先輩からの強引な誘いや荒い飲み方が少なくなるのがありがたいです(笑)」(若手騎手)

 後輩騎手に手を出した池添騎手に非があったことは間違いないとはいえ、こういった話が出たということは、若手騎手にしてみれば富田騎手も池添騎手と“似た者同士”だったのかもしれない。

 命懸けでレースに騎乗するプレッシャーと向き合っている騎手業だけに、多少の“ヤンチャ騒ぎ”があったとしても理解はできる。

 ただ、酒に酔った勢いで関係者に迷惑を掛けてしまうのは以ての外。競馬と同じくプライベートにおいても折り合いに注意する必要がありそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  6. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  7. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  8. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に
  9. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か
  10. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?