GJ > 競馬ニュース > 池添謙一と期待の若手が場外乱闘
NEW

池添謙一と期待の若手が場外乱闘…「粗暴な行為」の代償は騎乗停止、「レベルが低い」「しょうもない」ファンも冷ややか

【この記事のキーワード】, ,
粗暴な行為で騎乗停止処分が下された池添騎手 撮影:Ruriko.I
粗暴な行為で騎乗停止処分が下された池添騎手 撮影:Ruriko.I

 宝塚記念(G1)も終わり、今週末から本格的な夏競馬のシーズンへ突入する中央競馬だが、後半戦の始まる函館で一悶着があったようだ。

口論及び揉み合いで騎乗停止処分へと発展

 競馬ファンが驚きを隠せなかったのは、28日にJRAから「騎手池添謙一および騎手富田暁に対する制裁」と題されたニュースが発表されたことである。

 詳細についてはJRAのホームページで確認可能だが、25日に函館競馬場調整ルーム内において、池添騎手と富田騎手の間でトラブルが発生。その結果、「粗暴な行為」に及んだとして池添騎手は開催4日間、富田騎手は2日間の騎乗停止という処分が下されたらしい。

 また、この件については『デイリースポーツ』が詳しく報じており、厩舎関係者からの情報提供によると、24日夜に函館市内の飲食店で複数の騎手が会食した際、池添騎手が富田騎手に対して高圧的な態度で絡んだとのこと。その結果、富田騎手が近くにあった池添騎手のスマートフォンをテーブルに叩きつけ、画面が割れたという。

 口論となった両者を同席した別の騎手が引き離し、池添騎手は先に調整ルームに帰ったようだが、怒りが収まらなかった池添騎手が富田騎手を呼び出し、お互いが粗暴行為に及んだらしい。

「池添騎手は44歳で富田騎手は27歳。酔った勢いもあったとはいえ、どちらも大人げのない言動だったというしかありませんね。ただ今週末から騎乗停止処分が下されたように、JRAも深刻に受け止めているようです。

2人とも函館で騎乗予定がありましたが、池添騎手は計10鞍、富田騎手は計14鞍。前日に出馬確定したタイミングということもあり、騎乗予定馬の陣営は代役探しの対応に追われるはずです。関係者からの信頼もガタ落ちでしょう」(競馬記者)

富田騎手にも開催2日間の騎乗停止処分 撮影:Ruriko.I
富田騎手にも開催2日間の騎乗停止処分 撮影:Ruriko.I

「粗暴な行為」や「スマートフォン」絡みのトラブルは過去にも…

 直近では、水沼元輝騎手が競馬開催中に調整ルーム内にスマートフォンを持ち込んで使用し、5月31日から騎乗停止となっており、最終的な処分については第2回裁定委員会終了後に発表が予定されている。

 そして昨年5月も競馬開催中に控室などで持ち込み禁止のスマートフォンを使用したとして、若手騎手6人(今村聖奈、河原田菜々、角田大河、永島まなみ、古川奈穂、小林美駒)が30日間の騎乗停止処分を下される事件もあった。

 2021年には、岩田康誠騎手が藤懸貴志騎手に対して、「粗暴な行為」に及んだとして開催4日間の騎乗停止処分が下されていた。

 今回の場合は絡んできた池添騎手に反撃したこともあってか、富田騎手にも開催2日間の騎乗停止処分。被害に遭った富田騎手に同情する声も出ていたが、ネットやSNSでファンから「レベルが低い」「しょうもない」といった冷ややかな言葉も見られた。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

池添謙一と期待の若手が場外乱闘…「粗暴な行為」の代償は騎乗停止、「レベルが低い」「しょうもない」ファンも冷ややかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体