GJ > 競馬ニュース > シンザン記念1番人気の「良血」が復活V!
NEW

シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

 先週末から中央競馬は函館開催がスタート。土曜と日曜の2日間にわたって、北の大地で熱戦が繰り広げられた。

 9日の日曜メイン11Rは、サマースプリントシリーズ初戦の函館スプリントS(G3)が行われ、2番人気のサトノレーヴが優勝。4月の春雷S(L)に続く連勝を決め、スプリンターズS(G1)の有力候補に名乗りを上げた。

「しっかり勝つことが出来て嬉しく思っています。重賞馬になったので、秋の大きなところに挑戦していけると思う」

 レース後、そう振り返ったのは鞍上を務めた浜中俊騎手だ。道中3番手の好位から早めに抜け出して、2着馬に1馬身1/4差をつけるまさに完勝。レース後には元JRA騎手の安藤勝己氏も「今のスプリント界なら頂点まで狙える器やと思う」と自身のXにポストするなど、高い評価を与えている。秋に向けて楽しみな新星が現れたといえるだろう。

 そのサトノレーヴが6勝目を挙げた約2時間前。ほとんど遜色ないレースぶりで“2勝目”を飾ったのがクファシル(牡4歳、栗東・池添学厩舎)という馬だった。

シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V!

 父モーリス、母グルヴェイグ、その母エアグルーヴという超良血の4歳馬が登場したのは、8Rの3歳上1勝クラス。舞台は函館SSと同じ芝1200mだった。

 クファシルは2歳時の2022年11月、デビュー戦でR.ムーア騎手を背に快勝すると、キャリア2戦目でシンザン記念(G3)に出走し、ライトクオンタムやペースセッティングらを抑えて1番人気に支持された逸材である。

 しかし、7頭立ての同レースで最下位に敗れると、長らく1勝クラスで低迷。昨年10月にキャリア3度目となる最下位、16着に惨敗した後は骨折もあって長期休養に入っていた。

 約8か月ぶりの実戦となった今回は、1勝クラスで惨敗続きだったこともあり、13頭立ての8番人気、単勝オッズ38.1倍の伏兵扱いだった。

クファシルに騎乗した池添謙一騎手 撮影:Ruriko.I
クファシルに騎乗した池添謙一騎手 撮影:Ruriko.I

 ところが前走に続き2度目となる手綱を取った池添謙一騎手を背に好スタートを決めると、3番手インの好位を確保。余裕の手応えで4コーナーを迎えると、池添騎手がうまくインに誘導。前にいたフィオライアが壁になるシーンもあったが、すぐに外に切り替えて、最後は同馬に3/4馬身差をつけて差し切った。

 小回り函館で器用なところを見せたクファシルだが、その走破時計も実に優秀。勝ちタイム1分8秒8は、函館SSを制したサトノレーヴの1分8秒4より0秒4遅いだけだった。しかも背負っていた斤量はサトノレーヴより1kg重い58kg。レース展開や若干の馬場の違いなどはあるかもしれないが、そのレース内容は高く評価していいだろう。

「骨折前に比べると、馬っぷりもよかったですね。最後の直線で一瞬前が詰まって立て直すロスがあったにもかかわらず、勝ち時計は函館SSで6着に入ったゾンニッヒと同じでした。

シンザン記念以降は不甲斐ない競馬が続いていましたが、骨折休養中に陣営がうまく立て直しましたね。母グルヴェイグが3連勝で4歳夏のマーメイドS(G3)を制していますし、今夏の北海道でオープン入りを決めてしまうかもしれませんよ。今日のような走りができれば、条件クラスに留まるような馬ではないはずです」(競馬記者)

 シンザン記念で1番人気に推されたエアグルーヴ一族の良血馬が見せた素質は間違いなくホンモノ。昇級後もその走りに注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬