GJ > 競馬ニュース > 【函館スプリントS】函館を徹底解剖!
NEW

【函館スプリントS】いよいよ夏競馬もスタート、函館を徹底解剖!絶対に買うべきアサカラキング、サトノレーヴ、ビッグシーザーを超える穴馬1頭とは?

サマースプリントシリーズ第1戦の函館スプリントSはいきなり混戦模様
サマースプリントシリーズ第1戦の函館スプリントSはいきなり混戦模様

■波乱の日本ダービーを超える衝撃が待っている

 9番人気ダノンデサイルが勝利し、誰もが衝撃を受けた日本ダービー(G1)。多くの競馬マスコミは同馬を無印の扱いとし、スポーツ紙や競馬専門紙を見渡しても印欄は真っ白な状態であった。

 競馬はさまざまな要素が重なり、必ずしも人気馬、実績馬が勝つわけではない。あのディープインパクトも有馬記念(G1)でG1未勝利のハーツクライに負け、オルフェーヴルも不可解な大敗を喫したことがある。

 いかに人気馬や実績馬ばかりに目を向けるのではなく、格下の馬や人気薄の馬であっても、激走できる条件、状況があるかをしっかり精査することが、波乱のレースを的中させる事に繋がるのである。

 その代表的なレースとなったのが今年の日本ダービーであったが、その場でダノンデサイルの激走を事前に見抜き、万馬券を的中させたのが競馬界のレジェンド集団「シンクタンク」だ。

 元JRA調教師や元JRA騎手など、競馬界を代表するレジェンドが所属するシンクタンクだが、日本ダービーは指定馬で上位を独占、見事2万1250円の万馬券を的中。さらにこの春は日本ダービーまでに春のG1レースを9戦7勝とし、高松宮記念(G1)、桜花賞(G1)、ヴィクトリアマイル(G1)でも万馬券を的中。ヴィクトリアマイルでは14番人気テンハッピーローズの激走を見抜いたのだから、その実力はどんなマスコミと比較しても群を抜いている。

日本ダービーで万馬券を的中!見事60万円を超える払戻を獲得(画像はファン提供)
日本ダービーで万馬券を的中!見事60万円を超える払戻を獲得(画像はファン提供)

 そんなシンクタンクの情報力と分析力が最大限に発揮されるのが夏競馬であり、2024年最初の大勝負レースとして彼らがファンに推奨するのが、今週末に行われる函館スプリントS(G3)である。

 サマースプリントシリーズ第1戦として、数々の波乱を巻き起こしてきた函館スプリントSだが、今年も玉石混交のメンバーが揃い、誰がどう見ても混戦模様。キミワクイーン、アサカラキング、サトノレーヴ、ビッグシーザー、ウイングレイテスト、ゾンニッヒ、ジャスティンスカイなどの素質馬が揃うも、過去の波乱を見れば一筋縄ではいかないレースになることは一目瞭然といえよう。

 シンクタンクは函館スプリントSも過去に何度も万馬券を的中させているが、特に注目したいのが2022年のレースである。

 この2022年は勝ち馬ナムラクレアはともかく、7番人気2着ジュビリーヘッド、13番人気3着タイセイアベニールの激走には誰もが衝撃を受けたに違いない。このレースで馬連3000円、3連複2万5650円、3連単8万8700円を的中させたシンクタンクは、当時に関して以下のように振り返っている。

「ナムラクレアは桜花賞3着馬で、これまでの実績からも本気の仕上げで50kgであれば、古馬相手でも上位は明らかでした。そして穴馬に抜擢した7番人気ジュビリーヘッドは横山和生騎手が密かに自信を見せており、13番人気タイセイアベニールは得意の洋芝で一変が期待できる状況にあり、この2頭もしっかりと押さえて特大万馬券の的中となりました」(シンクタンク担当者)

 このようにシンクタンクはマスコミでは把握できない関係者の本音や内部事情を独占的に把握している。この函館スプリントSはそれを証明する完璧な的中だったのである。

シンクタンクに所属するレジェンド達(中野渡清一氏、平井雄二氏、境征勝氏)
シンクタンクに所属するレジェンド達(中野渡清一氏、平井雄二氏、境征勝氏)

 シンクタンクはどんな条件のレースでも好結果を提供してきたが、中でも短距離重賞は別格な気もする。昨年はスプリンターズS(G1)で3連単1万7140円を的中させ、今年も高松宮記念(G1)で3連単5万8740円と3連複1万20円のダブル万馬券を的中させている。短距離重賞の強さは規格外といえるものだが、そのあたりに関しても興味深いコメントがあった。

短距離重賞の中でもサマースプリントシリーズは、我々にとって高配当的中を狙いやすいレースであり、アイビスサマーD(G3)は現在10年連続的中を継続。昨年は馬連1万2570円的中、2019年は3連単2万7100円的中、2015年には3連単4万7230円的中となっています。

 他にもキーンランドC(G3)は2017年に3連単11万4130円、北九州記念(G3)も2013年に3連単5万5230円、CBC賞(G3)も2017年に馬連1万8380円、セントウルS(G2)は2022年に3連単1万3980的中などを的中と、ここで挙げたのは全体の的中のごく一部ですが、夏の短距離重賞は特に実績のある条件といえるでしょう。もちろんこの的中はすべて根拠があってのもの。今年もお任せください」(シンクタンク担当者)

 難解な夏競馬でこれほどの実績を残せるのは異例だ。だがシンクタンクによれば、競馬マスコミが抱える問題が関係しているという。

「夏競馬は他の時期と異なり、マスコミも各地に分散してスタッフが足りず情報収集がおろそかになります。するとどうなるかというと、ファンが注目してくれる人気馬ばかりに取材が集中し、激走が見込める穴馬への取材が手抜きになります。

 つまりマスコミの数倍ともいえる情報ルートを持つシンクタンクにとって、穴馬がより独占できる状況になるのです。これが夏競馬で我々が高額馬券を多く的中できる理由の一つといえるでしょう。

 そして今年もその傾向は変わりません。函館スプリントSだけでなく、他のレースでもマスコミが見落とす激走穴馬が多数確認されています。

 中でも、今週末に関してはやはり函館スプリントSは配当妙味も高く、絶対にオススメしたい情報があります。日本ダービーで穴馬として推奨したダノンデサイル級といっても過言ではありません。

 今回は【夏競馬を盛り上げる特別企画】として、完全無料で【函館スプリントSで激走が期待できる穴の1頭】を公開します。この情報によって、マスコミとシンクタンクの差が実感できるかと思います。ぜひ情報を入手していただき、馬券購入の参考にしてください」(シンクタンク担当者)

 日本ダービーや安田記念(G1)が終わり、宝塚記念(G1)まで馬券はお休みという競馬ファンも少なくないだろう。だがそれは、美味しい穴馬が目の前にいることを考えれば、実にもったいないことだ。

 今週末の函館スプリントSは、シンクタンクが日本ダービーで推奨したダノンデサイルに匹敵する穴馬を無料で公開してくれるというのである。この情報を利用せずに週末を過ごすことはあり得ない。必ずこの情報をチェックし、函館スプリントSは春競馬の負けを取り戻す大勝負としようではないか。そして再来週に行われる宝塚記念、そして2か月以上続く夏競馬に関しても、シンクタンクの情報をしっかりと活用して勝ち組を目指そう。

CLICK→無料公開!【函館スプリントS「穴の1頭!」】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

【函館スプリントS】いよいよ夏競馬もスタート、函館を徹底解剖!絶対に買うべきアサカラキング、サトノレーヴ、ビッグシーザーを超える穴馬1頭とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着