GJ > 競馬ニュース > 武豊騎手 函館開幕週に世界的良血デビュー!
NEW

JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補

【この記事のキーワード】, ,
2歳新馬の追い切りに跨った武豊騎手 撮影:Ruriko.I
2歳新馬の追い切りに跨った武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 発走の時が迫っている今年の日本ダービー(G1)。2021年に誕生したサラブレッド約8000頭の頂点が間もなく決定する。

 展開のカギを握ることが予想されたメイショウタバルは残念ながら出走取消となった。そのため2走前の大寒桜賞(1勝クラス)を逃げ切ったシュガークンと武豊騎手のコンビが、主導権を握るのではないかといった声も聞かれている。

武豊騎手「楽しみな馬がスタンバイしたようです」

 そんな競馬の祭典・日本ダービーが終わると、翌週からは早くも2歳戦がスタート。前述の武豊騎手が調教で騎乗し、好感触をつかんでいる2歳馬がいる。それがグローサートラウム(牡2歳、栗東・武幸四郎厩舎)だ。

 ダイワメジャー産駒の同馬は、昨年のエリザベス女王杯(G1)2着、今年3月の大阪杯(G1)3着に好走したルージュエヴァイユの半弟。母のナッシングバットドリームズは父がG1・10勝のフランケル、母が凱旋門賞含むG1・5勝のデインドリームという超良血である。

 3月20日にゲート試験をクリアしたグローサートラウムは、その後も順調に調整が進められてきた。武豊騎手が跨った15日は栗東ウッドで3頭併せを行い、同じ2歳馬に先着、年長馬と併入に持ち込んだ。レジェンドは公式サイトの日記に「函館の1週目に楽しみな馬がスタンバイしたようです」と、グローサートラウムに対する期待をつづっている。

「ナッシングバットドリームズの仔はデビューした3頭がすべて勝ち上がっており、ルージュエヴァイユとデインバランスは新馬勝ちを決めるなど初戦から走れる一族です。グローサートラウムは順調に行けば来月9日、函館芝1200mで武豊騎手を背にデビューを予定しています。

ちなみに母系にデインヒルとサドラーズウェルズの血を持つダイワメジャー産駒といえば、昨年の2歳女王アスコリピチェーノや2019年の阪神ジュベナイルF(G1)を勝ったレシステンシアと同じ。即戦力候補として期待できる1頭だと思います」(競馬誌ライター)

母ナッシングバットドリームズは一昨年に他界

 デビュー戦が待ち遠しい良血グローサートラウムだが、残念ながら母ナッシングバットドリームズは一昨年8月に8歳の若さで他界している。そのため本馬が最後の産駒となり、また唯一の牡馬となった。

 ちなみに祖母デインドリームも昨年8月にこの世を去った。父ダイワメジャーは存命だが、昨年の種付けを最後に事実上の種牡馬引退となっている。

 グローサートラウムに限らず、来週からは続々と楽しみな2歳馬がデビューを果たす。日本ダービーが終わっても競馬ファンの楽しみが尽きることはない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り