GJ > 競馬ニュース > 武豊騎手 シュガークンにブラックジョーク!?
NEW

武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性

【この記事のキーワード】, ,
東京競馬場 撮影:Ruriko.I
東京競馬場 撮影:Ruriko.I

 26日、東京競馬場のメインで行われるのは、“競馬の祭典”日本ダービー(G1)。ホースマンの誰もが憧れる夢の舞台で、2021年に生産された3歳馬の頂点に立つ馬がいよいよ決まる。

 今年は無敗の皐月賞馬ジャスティンミラノがやや抜けた人気に推されることが濃厚。ただ、他の路線から出走を予定している馬の実力も決して低いわけではなく、皐月賞組を含めどの馬も虎視眈々とダービー馬の栄冠を狙っている。

 別路線組で特に注目を集めそうなのが、青葉賞(G2)から初のダービー制覇を狙うシュガークン(牡3歳、栗東・清水久詞厩舎)だ。

 同馬がデビューしたのは今年2月とかなり遅め。しかも初戦で2着に敗れ、春のクラシック出走に黄色信号がともったが、その後は怒涛の3連勝で青葉賞を制し、大舞台に駒を進めてきた。

 ダービーに何とか間に合ったシュガークンだが、生まれた時から注目を浴びる存在だったのは誰もが知るところ。なぜなら半兄が現役時代にG1を7勝し、顕彰馬にも選定されたキタサンブラックという良血だったからである。

武豊騎手 撮影:Ruriko.I
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 種牡馬としてもイクイノックスを輩出するなど大活躍中のキタサンブラックだが、その主戦を務めていたのが武豊騎手だ。馬主は違うものの、初戦から半弟シュガークンの手綱も取り続けてきた。

 そんなダービー7勝目を狙うレジェンドだが、先日放送された『ウイニング競馬』(テレビ東京)のインタビュー企画で、シュガークンについて語っている場面があったので紹介したい。

 詳細は同番組の公式YouTube『テレ東競馬チャンネル』で公開されている動画をご覧いただきたいが、番組レギュラーのピン芸人・キャプテン渡辺の突撃取材を受けた武騎手は、いつも通り終始ご機嫌。これまで4戦3勝のシュガークンには「素質を感じる」と期待を込めた。

 ただ、「キタサンブラックと比べるのはねー」とも苦笑交じりで話し、“7冠馬”の兄と比較されることは時期尚早という考えを披露。そんなシュガークンが置かれた立場について「幸四郎みたいな感じ」と応じ、キャプテン渡辺も顔負けの笑いを誘った。

 言うまでもないが、幸四郎とは武騎手の実弟である武幸四郎元騎手(現調教師)のこと。シュガークンとは“偉大な兄を持つ”という共通点がある。

 まさに武騎手流の“他虐”ネタだったわけだが、これにはキャプテン渡辺も「幸四郎さんも一流ジョッキーでしたよ」と、すかさずフォローする場面もあった。

 確かに武兄弟の騎手としての成績を比べると、JRA通算4502勝(うちG1・81勝)の武豊騎手に対して、7年前にムチを置いた弟・幸四郎現調教師は通算693勝(うちG1・6勝)と、その差は歴然。ただ、超えられるはずもない兄を弟が圧倒しているコトがあるのも事実だ。

 それがG1レースにおける伏兵馬での勝利数。兄・豊騎手は81勝すべてを4番人気以内の馬で挙げており、いわゆる“武豊人気”もあったにせよ、5番人気以下の馬に騎乗した時はなんと「0-6-14-224/244」と、一度も勝てていない。

 一方で、弟は2番人気と3番人気で1勝ずつしているが、それ以外の4勝はすべて8番人気以下の伏兵馬で挙げたものだった。

 21日時点で『netkeiba.com』が公開しているシュガークンの単勝オッズは10倍台前半の6~7番人気。最終追い切りの動きや、枠順次第では最終的に3~4番人気に推される可能性もありそうだが、もし伏兵の1頭として大一番に臨むようなら、“幸四郎のような”波乱を演出してくれるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬