GJ > 競馬ニュース > 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
NEW

「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,
競馬場スタンド
撮影:Ruriko.I

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!

「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬

ライター「A」:“川崎のヤマニンウルス”こと、プリーミーの記事が人気を集めました。

デスク「Y」:現在6連勝中。しかも前走は2着に6馬身差をつけての圧勝! これぞ、まさしく遅れてきたルーキー! 期待が高まりング!

ライター「A」:プリーミーは英語で“早生まれ”という意味。予定日より2週間ほど早く生まれてしまい、デビュー戦は2歳馬ではなく3歳馬として古馬相手に出走することに。ところが、その不利と見られた1戦で大差の圧勝勝ち。一躍注目の的となりました。

デスク「Y」:ほへー。早生まれって、不利って言われているのにすごいよねぇ。

ライター「A」:騎手になるのは早生まれが有利って言われているんですけどね。

デスク「Y」:へ? なんで?

ライター「A」:諸説あるみたいですが、競馬学校に入学する際、生まれが遅いと体が出来上がっておらず、体重が軽いからなんて言われています。結構早生まれの騎手って多いんですよ。武豊騎手もそうですし。

デスク「Y」:言われてみればそうだなぁ。私も早生まれだから騎手を目指せばよかったかなぁ〜。

ライター「A」:は? あんた、自分は4月生まれって言ってたでしょ? こないだ誕生日週だって言うからご飯をごちそうしましたよね? 怪しいと思ってたんですよ。この話をしたら、ほかのスタッフからは、『8月生まれだから生粋の夏男だ』って言われたとか、『10月が誕生日。だから、生まれ持っての儚さをまとっている』とか、わけわからんこと言ってたとか聞いたし。何個誕生日あるんだよ。

デスク「Y」:そりゃあさ。まぁ、いろいろあるわけよ。デスクとしての私の誕生日、プライベートの私の誕生日、競馬人として目覚めた記念日としての誕生日、あと本格的に酒を嗜むようになった酒人(さけんちゅ)としての誕生日とか……。

ライター「A」:夜のお姉さんじゃないんだから、そんなにたくさん誕生日を作らないでください!


【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!? C.ルメールも認めた実力馬がジャスティンミラノ打倒に虎視眈々

ライター「A」:J.モレイラ騎手を背にプリンシパルS(L)を勝ったダノンエアズロック。ですが、過去20年、日本ダービー(G1)でプリンシパルS組は連対率0%なんですよねぇ……。

デスク「Y」:創設年にプリンシパルSを勝ったダンスインザダークのダービー2着が最後か。でも、ダンスインザダークは弥生賞(G2)勝ってたもんなぁ。ダノンエアズロックは7着だったんだよねぇ。私、結構期待しているコンビなんだけど、本番で本当に大丈夫なの? ねぇ、大丈夫だよね?

ライター「A」:だから! 心配している人が多いって言ってるんですよ。

デスク「Y」:あ、そういう話なのね。そう、私もみんなと一緒なのよぉ。もう不安で、不安で。なにか安心できる材料ないの? モレイラ騎手が乗っている以外で。

ライター「A」:難しいことをさらっと言わんでくださいよ。中間の稽古とか見ていけば好材料も見つかるんじゃないですか?

デスク「Y」:えええええええ。それだけじゃあ、イヤ。もっと確実に、ダノンエアズロックが勝つ! みたいな情報を私は求めているのよ。

ライター「A」:そんなんあるわけないだろうが。

デスク「Y」:なんでなんだよ! こういうニュースサイトやってんだったら、もっとすげぇ色んな情報が入ってくるだろうが! 私は毎年、日本ダービーで上半期一番の勝負をするって決めてんの。で、今年はいつも以上に負けまくっているから、大ピンチなの! 夜もお酒がないと不安で眠れないの! だから、安心、安全、確実な情報がほしいの! さっさと私を安心させて!

ライター「A」:お前の都合など知るか!(そもそも、まだモレイラ騎手がダノンエアズロックに乗ることが決まってないことは面倒だから伏せておこう)


ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。わずか4世代から三冠牝馬リバティアイランドやG1・3勝タイトルホルダー「伝説」の最終世代をピックアップ

ライター「A」:早逝したドゥラメンテのラストクロップが、今年の6月からデビューします。

デスク「Y」:早いなぁ。もう亡くなってから2年経ったのか。月日が巡るのは本当に……。

ライター「A」:はい。ストップ。一体何回、その話するんですか。もう耳にタコができますよ。

デスク「Y」:えっ!? やめるの? じゃあ、なんの話する? 話題あるんだよね? ほらほら。

ライター「A」:いや、そんなに急に圧かけられても困りますが……。ドゥラメンテの思い出とか。

デスク「Y」:結構毛だらけネコ灰だらけ、お尻のまわりは、っとくらぁ。それこそ、耳タコどころか耳にカビ生えて、そのうちきのこが出てくるくらい何度も言ってるじゃないか。んなもん。犬も食わんわ。

 大体、最近のわんこはちゃんとしたドッグフード食べてんだぞ。なかには100gで1300円ぐらいのやつとかあるんよ。もう、なにそれって感じよ。グラム1300円よ? 国産牛肉100gの平均が約800円とかなのに、どれだけ高級なのよ?

 私、昨日、袋麺にもやしを入れて食べたのよ。しかも、『卵入れて贅沢しちゃお★』なんて思ったのよ。これでもせいぜい100円くらいじゃない? もう、人間よりもはるかに良いもの食べてるじゃないのよ。やってらんないわよ。

 そんで知り合いはトイ・プードル飼ってるんだけど。あ、飼っているっていうと怒られるんだった。一緒に生活しているんだけど、トイ・プードルって毛が抜けない代わりに定期的に全身の毛をカットしなきゃいけないらしんだけど、これが時間にして2時間、料金は大体7000円らしいのよ。すごくない? 私は髪の毛なんてQBハウスでカットよ? 10分で1350円(税込み)よ。時間にして約12倍、料金は約5倍よ。もうお犬様よ、お犬様。ん? なに? 美容院に行くほど毛量ないから当然だろって?

 そ・う・い・う話をしているんじゃないのよ。今やお犬様のほうが、私のような底辺の人間よりも、いい生活を送っているから、そんな話は犬も食わないってわけよ。え? だったらお前ならば食うのかだって? そりゃ、私は悪食Yちゃんって言われていた時期もあったから、火を通せばある程度のものならば、パクリといってもお腹を壊すこともないわよ。でも、一個だけあったわ。あれは私が20代の頃だったんだけど……。

ライター「A」:いや、お前、誰と何の話してんの? さて、デスクの意識がどこか遠いところに行ってしまわれたようなのでこれにてお開き。毎度バカバカしいお話にお付き合いいただき、ありがとうございました。『GJ』では今週末に開催される重賞関連の記事も多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬