GJ > 競馬ニュース > 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?
NEW

【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!? C.ルメールも認めた実力馬がジャスティンミラノ打倒に虎視眈々

ダノンエアズロックにモレイラ騎手も好感触 撮影:Ruriko.I
ダノンエアズロックにモレイラ騎手も好感触 撮影:Ruriko.I

 先週4日に東京競馬場で行われたプリンシパルS(L)を勝利したのは、J.モレイラ騎手とコンビを組んだダノンエアズロック(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)だった。

 プリンシパルSは、1着馬に日本ダービー(G1)の優先出走権が付与されるトライアルレースであるが、過去28年の歴史を振り返ってみても創設元年となる1996年のダンスインザダークが本番でフサイチコンコルドの2着に入ったのが最高着順。後は3着が4回あるくらいで、本番の好走例は決して多くない。

 それもそのはず。トップクラスの多くは皐月賞(G1)を好走した組であり、別路線から上位人気の一角に挙げられるような馬も、毎日杯(G3)や青葉賞(G2)をステップに参戦する傾向が強い。本番を見据えるローテーションとしても間隔が短い上、そもそもダービーで勝ち負けを期待される馬なら、あえてプリンシパルSに使う必要がないからだ。

 本レースをステップに本番で上位人気に支持された馬といえば、先述したダンスインザダークを筆頭にサイレンススズカ、ルーラーシップなど、秋以降や古馬になってG1タイトルを獲得した素質馬もいたが、大半は皐月賞への参戦すら叶わなかった馬である。

 それはダービーでの成績の悪さにも連動している。事実、プリンシパルSからダービーへ挑んだ馬たちの成績は、過去20年で連対率0%であり、皐月賞組の15.8%、青葉賞組の6.1%と比べれば、見劣っていることは一目瞭然といえる。

「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?

 しかし、今年のダノンエアズロックに関しては、必ずしも勝算がゼロと言い切れないだけの魅力を持っている。

 本馬は2022年のセレクトセール1歳部門で4億5000万円(税抜)の高値で取引されたダノックスの期待馬だ。2走前の弥生賞ディープインパクト記念(G2)で2番人気の支持を受けて7着に敗れたとはいえ、レース後に軽度の骨折が判明したことも凡走した一因として考えられる。幸いにも早期復帰が叶ってプリンシパルSに間に合った結果、他馬を寄せ付けない余裕のある勝ち方で復活を遂げた。

 同レースで1番人気に推されたのも当然といえる実力は、昨年10月東京のアイビーS(L)で証明済み。このレースで2番手から上がり3ハロン最速タイ32秒7の末脚を使い、同年暮れのホープフルS(G1)を勝つレガレイラを完封してみせたのだ。単勝オッズ1.5倍のライバルに騎乗していたC.ルメール騎手でさえ、レース後のコメントで「勝ち馬が強すぎました」と完敗を認めざるを得なかった。

 また、完勝したプリンシパルSのレース後にモレイラ騎手は「まだまだポテンシャルをフルに出していません」「距離の2400mは問題ない」「むしろ2000mよりもさらに能力が出せる」と強気なコメントを出していたのだ。

 あくまで過去のデータのみを参考にした場合は、苦戦を免れないように映っても、レース後に故障が判明した弥生賞を凡走したことで本来の実力が、ジャスティンミラノら皐月賞組に劣っているかどうかはまだ分からない。

 しかもダービーの舞台は3戦3勝の好相性を誇る東京競馬場。いつものプリンシパルS優勝馬と侮ってしまうと痛い目に遭うかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!? C.ルメールも認めた実力馬がジャスティンミラノ打倒に虎視眈々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も