GJ > 競馬ニュース > 元ダービー馬候補が待望の再始動!
NEW

ベラジオオペラに先着した元ダービー馬候補が待望の再始動! ファントムシーフは直前回避も…4歳牡馬「低レベル疑惑」に反撃なるか

タスティエーラ 撮影:Ruriko.I
日本ダービー以降、苦戦が続くタスティエーラ 撮影:Ruriko.I

低レベル説に歯止めがかけられない4歳牡馬勢…

 一部のファンのみならず、元JRA安藤勝己氏などからも、そのレベルが疑問視されている4歳牡馬勢。先月開催された天皇賞・春(G1)は“低レベル説”を如実に表す結果になったといってもいい。

 昨年のダービー馬タスティエーラ、そしてレース後にアクシデントが判明したものの、同年の菊花賞馬ドゥレッツァが6歳馬テーオーロイヤルを前に為す術なく敗れ去った。4歳馬の最先着はクラシック参戦すら叶わなかったスマートファントムの4着だったが、勝ち馬からは約3馬身も離される完敗。それもハイペースで流れたレースで着拾いに徹した結果、展開がうまくハマった印象も強かった。

 大阪杯(G1)は4歳世代のベラジオオペラが勝利を挙げ、一矢を報いたものの、この週はドバイミーティングが開催されたことでドウデュースやジャスティンパレスといった国内のトップホースが不在。両雄が出走を予定している宝塚記念(G1)でベラジオオペラが再び好勝負できるかどうかが一つのポイントになりそうだ。

「4歳馬は昨年のセントライト記念(G2)で皐月賞馬ソールオリエンスを破ったレーベンスティールも、世代トップクラスの1頭として活躍が期待されましたが、古馬との初対戦となった香港ヴァーズ(G1)でまさかのシンガリ負け。

同馬は5日の新潟大賞典(G3)で巻き返しを期待されましたが、ここでも1番人気11着と惨敗。道中で後ろの馬に乗っかかられる不運もあったとのことですが、ローカルのハンデ重賞でほとんど見せ場を作れない厳しい結果となりました」(競馬誌ライター)

ハーツコンチェルトが2ヶ月半ぶりの実戦予定

ハーツコンチェルト 撮影:Ruriko.I
ハーツコンチェルト 撮影:Ruriko.I

 厳しい結果が続く4歳世代の牡馬だが、昨年のクラシック戦線を賑わせた1頭のハーツコンチェルト(牡4歳、美浦・武井亮厩舎)が11日、東京の六社S(3勝クラス)で2ヶ月半ぶりの実戦を予定している。

 デビュー戦を8馬身差で圧勝した同馬は、その後、青葉賞(G2)で2着に入り日本ダービー(G1)の優先出走権を獲得。本番でもタスティエーラやソールオリエンスとタイム差なしの3着に健闘。先述のベラジオオペラにも先着した。初戦の後は勝ち星に恵まれていないが、これまでの成績的にはサウスポー。条件戦のここは落とせない一戦となる。元クラシック候補の走りに多くの注目が集まることは間違いない。

「この東京・芝2400mで争われる六社Sには他にも、昨年の菊花賞路線でダークホースと囁かれたナイトインロンドンや、種牡馬スクリーンヒーロー最後の大物候補との呼び声もあるコスモフリーゲン、エリザベス女王杯(G1)勝ち馬ラキシスを母に持つ良血マキシなど、楽しみな4歳世代の牡馬が出走予定。3勝クラスですが見逃せないレースとなりそうです。

また本来であれば、同日の京都メイン・都大路S(L)には昨年の共同通信杯(G3)勝ち馬ファントムシーフも、菊花賞(G1)以来となる復帰戦を予定していましたが、直前で回避となった様子。皐月賞(G1)ではソールオリエンスやタスティエーラを押しのけて1番人気に支持された実力馬でした。苦戦の続く世代トップクラスの1頭として注目していただけに残念です」(同)

 SNSやネット上の掲示板では、一部のファンから「史上最弱」とまで揶揄されている4歳牡馬勢だが、まもなくスタートする夏競馬や秋に向けて、反撃の狼煙を上げるような馬が現れることに期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ベラジオオペラに先着した元ダービー馬候補が待望の再始動! ファントムシーフは直前回避も…4歳牡馬「低レベル疑惑」に反撃なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは