GJ > 競馬ニュース > 「叩かれるのが嫌ならSNSすんなよ」斎藤新にSNSの洗礼!?
NEW

「叩かれるのが嫌ならSNSすんなよ」斎藤新にSNSの洗礼!? 注目の若手がそれでも大事にしたいこと…「美肌の秘訣」に商品メーカーも反応

【この記事のキーワード】, ,
SNSでも注目の斎藤新騎手 撮影:Ruriko.I
SNSでも注目の斎藤新騎手 撮影:Ruriko.I

 NHKマイルC(G1)で盛り上がりを見せた先週末の中央競馬だが、裏開催にあたる新潟競馬場のメインレース、新潟大賞典(G3)も中距離路線の実力馬が揃った興味深い一戦だった。

 4歳世代トップクラスのレーベンスティールが1番人気に推され、長期休養明けの前走を3着に好走したヨーホーレイクが2番人気、オープンに昇級したばかりのキングズパレスが3番人気、中山記念(G2)で5着のマイネルクリソーラが4番人気と続いた。

 しかし、並みいる強豪を倒して勝利を掴み取ったのは、斎藤新騎手が騎乗した7番人気ヤマニンサルバム。8枠16番から先手を主張してハナを取り切ると、1000m通過61秒6のスローペースに落とし込むことに成功した。

斎藤新騎手の好判断がヤマニンサルバムの勝利に貢献

 手応えを十分に残して最後の直線を迎え、上がり3ハロン33秒台の末脚を繰り出したライバルたちの追撃を封じ込んだ。2着キングズパレスにハナ差まで詰め寄られたものの、鞍上の絶妙なペース配分が手繰り寄せた勝利だったといえるだろう。

「うまくエスコートできれば勝ち切れるのではないかと、自信をもって臨みました」「直線に向いて、十分な手応えがありましたし、追い出しての反応も良かったので、馬を信じて追うだけでした」

 レースをそう振り返った斎藤騎手に対し、ヤマニンサルバムを管理する中村直也調教師も「向正面を走っていて2番手にいた時、力んでいたので、無理に抑えるより前に行ったのが結果的に良かったです」と騎乗を高評価。デビュー年に新人最多勝のタイトルを獲得した注目の若手騎手の臨機応変な判断が功を奏した結果だった。

 また、斎藤騎手はインスタグラムでもファンや関係者に情報を発信していることでも知られているのだが、6日に投稿した内容は少々気になるものだった。

「詳細が気になるファンは斎藤騎手のXでご確認ください(笑)。内容としては、あるファンが斎藤騎手に対して個人的な意見を発信していたことへの反論のようなものでした。

これには本人も『叩かれるのが嫌ならSNSすんなよ、そんな事わかってますよ』と話していましたが、今の時代は隙を見せると何でも揚げ足を取られたり、知らない相手から誹謗中傷を受けることも珍しくなくなりましたから、SNSの洗礼みたいなものでしょう。

『それでも応援して下さったり、喜んで頂ける方達がいます、僕はそういう方達を大事にします』と続けていましたし、当の本人もそこまで気にしていないようでした。個人的には、その後に発信していた“美肌の秘訣”のやり取りが面白かったです」(競馬誌ライター)

 ちなみに「無印愛用してます」とファンに教えてくれた斎藤騎手だが、もうひとつは商品名ではなく手描きのイラスト。なかなか個性的なものだったが、分かる人にはすぐ分かることもあってか商品はすぐに特定された。

 むしろ驚くべきは、その商品を販売しているメーカーのアカウントから斎藤騎手宛てに直接の返信があったことだ。さすがにこれには斎藤騎手も「わわわ😳いつもお世話になってます🙇‍♂️」と動揺した様子。その一方で、美白の貴公子が普段どんな商品を使ってケアをしているのか興味津々のUMAJOたちからも感謝と喜びの声が続々届いていた。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「叩かれるのが嫌ならSNSすんなよ」斎藤新にSNSの洗礼!? 注目の若手がそれでも大事にしたいこと…「美肌の秘訣」に商品メーカーも反応のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは