GJ > 競馬ニュース > 「幻の高松宮記念馬」が裏開催でうっぷん晴らし!
NEW

「幻の高松宮記念馬」アサカラキングが裏開催でうっぷん晴らし!失意の不戦敗も秋の天下取りに大きく前進

「幻の高松宮記念馬」アサカラキングが裏開催でうっぷん晴らし!失意の不戦敗も秋の天下取りに大きく前進の画像1
撮影:Ruriko.I

 先週末の桜花賞(G1)は、J.モレイラ騎手に導かれた2番人気ステレンボッシュが、昨年の阪神ジュベナイルF(G1)を制したアスコリピチェーノを破って桜の女王の座に就いた。

 距離延長に不安のあるライバルはNHKマイルC(G1)に向かう可能性もあり、春の牝馬二冠制覇も現実味を帯びてきた。

 牝馬クラシックの一冠目が終了し、今週末は牡馬クラシック一冠目の皐月賞(G1)が開催。こちらは昨年のホープフルS(G1)を優勝したレガレイラが出走を予定しており、いずれはステレンボッシュとの女王対決も実現するかもしれない。

激戦の繰り広げられた桜花賞の裏でG1級素質馬が存在感

 ステレンボッシュの桜花賞制覇に沸いた一方で、同日の裏開催となった福島競馬のメイン、モルガナイトS(OP)も注目しておきたいレースだった。

 本レースには、高松宮記念(G1)を賞金不足で除外になったアサカラキング(牡4、美浦・斎藤誠厩舎)が出走。もし参戦が実現していたなら勝ち負けの期待も大きかった実力の持ち主である。

 実際のレースでも他馬をまったく寄せ付けずに圧勝したのだから、そんな本馬に対し「幻の高松記念馬」と評したファンがいたのも当然か。

「幻の高松宮記念馬」アサカラキングが裏開催でうっぷん晴らし!失意の不戦敗も秋の天下取りに大きく前進の画像2
斎藤新騎手 撮影:Ruriko.I

「負けられないと思っていましたし、この馬のレースをしました。前半速い中でも残したのは実力ですし、良い走りを見せられました」

 主戦の斎藤新騎手がそう振り返ったように、危うさを微塵も感じさせない圧巻の逃げ切り勝ちを演じた。

 スタートダッシュこそ外枠の馬に後れを取ったが、鞍上の決意は揺るがない。手綱を押してハナを奪い切るまでに要した時間は10秒。これで勝敗がほぼ決したといっていい瞬間だった。

「2番手につけたジャスパージャックも速い馬ですが、本馬が押っつけながら追走していたのに対し、アサカラキングは持ったままのマイペースで逃げていました。前半3ハロンを33秒0でまとめると、最後の直線に入っても脚色が一向に衰えることなくゴール。まるで追い切り代わりに回ってきましたと言わんばかりの楽勝でしたね。

勝ちタイム1分7秒7は当然ながら今年の福島で最速。中距離では芽が出なかったスプリンターとしての資質を証明する走りでした。今年の高松宮記念は展開が味方する可能性も高かっただけに、出られなかったのは残念です。ハナ差で敗れた阪急杯(G3)の2着が惜しまれます」(競馬記者)

注目の快速馬は秋の天下取りも視野

 言われてみれば高松宮記念は、前後半の3ハロンが34秒9-34秒0のスロー。スピードに長けたアサカラキングならハナを奪ってマイペースに持ち込める可能性もあった。陣営としても千載一遇のチャンスを逃がしてしまったが、まだ4歳という年齢を考えれば、これからいくらでもG1出走の機会は訪れるはずだ。

 本馬を管理する斎藤調教師は「騎手が1400mは長いと感じているところもあるようなので、1200mにシフトでも良いかな」と今後の路線選択に含みを持たせた。現時点では京王杯スプリングC(G2)を視野に入れているとのことだが、とりあえずは安田記念(G1)を目指す馬が出走する舞台で力試しといったところだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「幻の高松宮記念馬」アサカラキングが裏開催でうっぷん晴らし!失意の不戦敗も秋の天下取りに大きく前進のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ