GJ > 競馬ニュース > 【桜花賞】ステレンボッシュ「二冠当確級」のパフォーマンス!秘密兵器シックスペンスが待機も…名伯楽に期待したくなる2度目の挑戦
NEW

【桜花賞】ステレンボッシュ「二冠当確級」のパフォーマンス!秘密兵器シックスペンスが待機も…名伯楽に期待したくなる2度目の挑戦

【この記事のキーワード】, ,
【桜花賞】ステレンボッシュ「二冠当確級」のパフォーマンス!秘密兵器シックスペンスが待機も…名伯楽に期待したくなる2度目の挑戦の画像1
ステレンボッシュ 撮影:Ruriko.I

 今年の桜花賞(G1)は、J.モレイラ騎手に導かれた2番人気ステレンボッシュ(牝3、美浦・国枝栄厩舎)が、昨年の阪神ジュベナイルF(G1)で敗れた相手アスコリピチェーノにリベンジを決めた。

 うまい、うますぎる……。

 思わず某ローカルCMの名調子が脳裏に浮かぶ桜の女王の戴冠式だった。

 もちろん、2着に敗れたアスコリピチェーノの強さは証明されたものの、あくまで個人の感想であることは前提ながら、両馬の着順の前後は騎手で決まったように映った。

 昨年の阪神JFは、北村宏司騎手がスムーズにパートナーを導いたのに対し、当時C.ルメール騎手が騎乗していたステレンボッシュは最後の直線でスムーズさを欠く進路取り。それこそコンマ1秒単位の判断がマイル戦で明暗を分けたといえるだろう。

ライバル2頭の今後は別路線の可能性も?

 これに対し、桜花賞は4コーナーの勝負どころでモレイラ騎手が一瞬だけライバルを外に追いやる隠れたファインプレー。レース映像を見直すと、道中はほぼ同じようなポジションで追走していた2頭だが、4コーナー入り口の勝負どころで一瞬アスコリピチェーノが態勢を立て直すシーンがあった。

 モレイラ騎手は前日土曜の阪神牝馬S(G2)も断然人気に推されたマスクトディーヴァで完勝。出遅れたスタートからチグハグな敗戦を喫した前走の東京新聞杯(G3)とは、まるで別馬のように見えるほどだった。

 また、今年の桜花賞の勝ちタイム1分32秒2(良)は、古馬牝馬の重賞である阪神牝馬Sの1分33秒0(良)を0秒8も上回ったのだから価値がある。

 昨年の2歳マイルG1で牡馬の朝日杯フューチュリティS(G1)の1分33秒8(良)をこれまた1秒2上回る1分32秒6で決着したことを踏まえても秀逸だ。それに加えホープフルS(G1)で牡馬を蹴散らしたレガレイラもいるのだから、3歳牝馬のレベルは相当高いのではないか。

 敗れたアスコリピチェーノに関しては、ダイワメジャー産駒ということもあり、距離延長は歓迎といえない血統。同じ父を持つレシステンシアがそうしたようにオークス(G1)へ進まず、NHKマイルC(G1)に向かう選択肢もありそう。

国枝師悲願のダービー制覇もかかる

 そこでひとつ期待したくなるのは、「二冠当確級」のパフォーマンスを演じたステレンボッシュの日本ダービー(G1)挑戦である。

 国枝栄厩舎にはシックスペンスという秘密兵器も擁しているが、順調さを欠いて皐月賞(G1)の見送りが決定。無敗馬で未知の魅力はあるものの、現実に強さを証明しているステレンボッシュとどちらが強いのかとなると分からない。むしろここまでの実績は、G1を勝っているステレンボッシュの方が上といっていい。

【桜花賞】ステレンボッシュ「二冠当確級」のパフォーマンス!秘密兵器シックスペンスが待機も…名伯楽に期待したくなる2度目の挑戦の画像2
ダービーに出走していたら勝てたかもしれない

 また、過去にアパパネやアーモンドアイで牝馬三冠を2度も達成した関東の名伯楽なのだが、不思議なことに牡馬クラシックとは縁がないことでも知られている。

 近年のクラシック戦線でコマンドライン、サトノレイナスがダービー馬候補として話題になったが、ルメール騎手が「ダービーを予約しておきます」と評した前者は出走すら叶わず、後者はエフフォーリアに続く2番人気に推されたが5着に敗れた。

 今年の2歳馬が豪華なラインアップになりそうと言われている国枝厩舎とはいえ、チャンスのありそうなステレンボッシュは魅力的な1頭だろう。御年68歳の師にとって残された時間は残りわずか。皐月賞の結果次第では、ダービーに挑戦する可能性もゼロではないのではないかと期待したくなる。そんなステレンボッシュの走りだった。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【桜花賞】ステレンボッシュ「二冠当確級」のパフォーマンス!秘密兵器シックスペンスが待機も…名伯楽に期待したくなる2度目の挑戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは