GJ > 競馬ニュース > 【桜花賞】ワンツー決着の2頭にウオッカ、ダイワスカーレットのライバル関係も想起!? 敗戦を糧とするような逆転劇も安藤勝己氏「まだまだおあいこ」
NEW

【桜花賞】ワンツー決着の2頭にウオッカ、ダイワスカーレットのライバル関係も想起!? 敗戦を糧とするような逆転劇も安藤勝己氏「まだまだおあいこ」

【この記事のキーワード】, ,
【桜花賞】ワンツー決着の2頭にウオッカ、ダイワスカーレットのライバル関係も想起!? 敗戦を糧とするような逆転劇も安藤勝己氏「まだまだおあいこ」の画像1
ステレンボッシュ 撮影:Ruriko.I

 7日に行われた桜花賞(G1)は2番人気ステレンボッシュ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)が優勝。昨年の阪神ジュベナイルF(G1)2着以来となった一戦を制し、まずは牝馬クラシック一冠目を手中に収めた。

 テン乗りのJ.モレイラ騎手を背に臨んだ今回は、中団待機ですぐ隣に1番人気アスコリピチェーノを見るような位置取り。そのライバルを弾き飛ばすような勢いで4コーナーを回り、直線で一足先に抜け出すと、最後はアスコリピチェーノを3/4馬身差で退けた。

 前走の阪神JFでは同馬をとらえきれずクビ差で涙を呑んだが、今回はその敗戦を糧にしたような立ち回りで見事に逆転した形だ。ただアスコリピチェーノも最後までステレンボッシュに食い下がっており、負けたとはいえ2歳女王の貫禄を示したのではないか。

【桜花賞】ワンツー決着の2頭にウオッカ、ダイワスカーレットのライバル関係も想起!? 敗戦を糧とするような逆転劇も安藤勝己氏「まだまだおあいこ」
アスコリピチェーノ 撮影:Ruriko.I

 そんな熱戦を演じた2頭にはレース後、SNSやネット掲示板に「ウオッカとダイワスカーレットの桜花賞みたいだった」「これから何度も勝ったり負けたりするのでは」「ウオッカとダイワスカーレットのようなライバル関係になったら胸熱」というファンからの声も寄せられていた。

ウオッカ、ダイワスカーレットのようなライバル関係を期待!?

 もはや説明不要かもしれないが、G1・7勝のウオッカと同4勝ダイワスカーレットは同世代で、2007年のチューリップ賞(G3・当時)が初対決。この時ハナを奪ったダイワスカーレットはウオッカが並びかけてくるまで追い出しを我慢すると、直線半ばから2頭の切れ味勝負となり、最後はウオッカにクビ差で軍配が上がった。

 しかし本番の桜花賞では、前回の敗戦を糧にダイワスカーレットが直線早めに抜け出すと、最後までウオッカを寄せ付けずに逆転を決めたのだ。

 次の対決となった牝馬三冠最終戦の秋華賞(G1)もダイワスカーレットが制したが、翌年の天皇賞・秋(G1)ではハナ差の死闘を繰り広げウオッカが再逆転を果たすなど、2頭が競馬史に残るライバル関係を築き上げたのは周知の通りである。

「今回の桜花賞でステレンボッシュが早め先頭からアスコリピチェーノを寄せ付けずに逆転を決めたあたりは、どことなくダイワスカーレットがウオッカを破った桜花賞に似通った部分もあったでしょうか。

また、この日は奇しくも桜花賞の1つ前の10RにダイワスカーレットC(3勝クラス)が行われたことも、多くのファンに2頭を想起させるきっかけの1つとなったかもしれませんね」(競馬誌ライター)

 また、今回の桜花賞後にはダイワスカーレットの主戦騎手だった元JRA騎手の安藤勝己氏も自身のXに「やっぱりワンツー2頭はレベル高い」「まだまだおあいこやけど」と、ステレンボッシュとアスコリピチェーノがこれからもしのぎを削っていきそうな間柄であることをポストしていた。

 果たして、2頭の牝馬はこれから令和を代表するようなライバル関係を築くこととなるのか。3度目の対決を楽しみに待ちたいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【桜花賞】ワンツー決着の2頭にウオッカ、ダイワスカーレットのライバル関係も想起!? 敗戦を糧とするような逆転劇も安藤勝己氏「まだまだおあいこ」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは