GJ > 競馬ニュース > JRA「単勝190.4倍」でNHKマイルC出走権に迫るも松岡正海は謝罪…仏国の名手も「やっちまった」まさかのアクシデント
NEW

JRA「単勝190.4倍」でNHKマイルC出走権に迫るも松岡正海は謝罪…仏国の名手も「やっちまった」まさかのアクシデント

JRA「単勝190.4倍」でNHKマイルC出走権に迫るも松岡正海は謝罪…仏国の名手も「やっちまった」まさかのアクシデントの画像1
クリーンエア 撮影:Ruriko.I

単勝190.4倍の好走も、松岡騎手はガックリ…

 6日、中山競馬場で行われたニュージーランドT(G2)は、3番人気のエコロブルーム(牡3歳、美浦・加藤征弘厩舎)が勝利。2着ボンドガール、3着ユキノロイヤルまでが5月5日のNHKマイルC(G1)の優先出走権を掴んだ。

 ハナを切った9番人気のユキノロイヤルが3着に粘り込むなど、典型的な前残りのレースとなった今年のニュージーランドT。勝ったエコロブルーム、2着ボンドガールらも好位からのなだれ込みという流れの中、3番手からあと一歩及ばなかったのがクリーンエア(牡3歳、美浦・上原博之厩舎)だ。

 最低人気の伏兵ながら、陣営が「中山のマイルは合うイメージ。力を付けているので重賞でも」と単勝190.4倍とは思えないほどの期待を寄せていたクリーンエア。鞍上の松岡正海騎手が「展開やペースは良かった」と話した通り、好位から前残りの流れは理想的で、ラスト200mで勝ったエコロブルームに並びかけた際は、馬券圏内はほぼ確実にも思えた。

 しかし、ゴールが近づくにつれ、クリーンエアが急失速……。3着ユキノロイヤルから0.3秒差の6着は人気を思えば十分な結果だが、土壇場で思わぬアクシデントがあったようだ。

「どうやら、松岡騎手が手綱を落としてしまったそうです。ムチと違って拾い直すことはできますが、その一瞬の動作が時に致命傷になってしまうのが競馬。今回は接戦のゴール前でしたし、経験豊富な松岡騎手らしからぬミス……。特にニュージーランドTは3着までにNHKマイルCの優先出走権が与えられるだけに、収得賞金加算のない3着も大きなレース。それだけに本人も悔しいでしょうね」(競馬記者)

 当たり前の話だが、騎手も人間である。時速約60キロで走る馬を巧みにコントロールする中で、思わずムチや手綱を落としてしまうこともあるだろう。

あの武豊も…過去にムチや手綱を落とした例が

 最近では、昨年の宝塚記念(G1)でジャスティンパレスに騎乗していた鮫島克駿騎手が、最後の直線でムチを落としてしまう痛恨のミス。その影響もあってか3着に敗れてしまった。あの武豊騎手でさえ、スペシャルウィークで自身初のダービージョッキーとなった際は、ゴール前でムチを落としてしまっている。

「手綱を落としたことで有名なのは、黄菊賞(1勝クラス)でポタジェに騎乗したフランスのC.スミヨン騎手ですね。最後の直線入り口で落としてしまい、慌てて拾い直したのですが、やはり仕掛けが遅れてしまった影響もあってか、最後はハナ差の2着に敗れています。

逆に、それでも勝ち切ったのが、ファルコンS(G3)でルークズネストに騎乗した幸英明騎手。こちらも最後の直線で先頭に立ったところで落としてしまって失速……。なんとかしのぎ切りましたが、相手があのグレナディアガーズだったこともあって、鞍上もヒヤヒヤものだったとか……」(同)

 実はこの日、阪神牝馬S(G2)をマスクトディーヴァで勝利したJ.モレイラ騎手も、最後の直線で手綱を落としてしまうアクシデント。こちらはなんとか勝ち切った。

「上手く乗ることができませんでした」

 ニュージーランドTのレース後、そう謝罪の意を示した松岡騎手。今回は弘法にも筆の誤り……いや、名手にも手綱の誤りといったところか。残念な結果に終わってしまったが、もともとクリーンエアは新潟2歳S(G3)3着の実績もある実力馬。この春だけでなく、秋に向けても覚えておきたい人馬だろう。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

JRA「単勝190.4倍」でNHKマイルC出走権に迫るも松岡正海は謝罪…仏国の名手も「やっちまった」まさかのアクシデントのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは