GJ > 競馬ニュース > 永島まなみ、スウィープフィート武豊乗り替わりに付言。「悔しい」も「武さんに教えていただきました」福永祐一も指摘した若手騎手「負のスパイラル」にハマらない強さ
NEW

永島まなみ、スウィープフィート武豊乗り替わり「正直悔しい」も「武さんに教えていただきました」。福永祐一も指摘した若手騎手「負のスパイラル」にハマらない強さ

【この記事のキーワード】, ,
永島まなみ、スウィープフィート武豊乗り替わり「正直悔しい」も「武さんに教えていただきました」。福永祐一も指摘した若手騎手「負のスパイラル」にハマらない強さの画像1
武豊騎手

同情の声もあった主戦降板劇

 3日、スウィープフィート(牝3歳、栗東・庄野靖志厩舎)に騎乗する武豊騎手が桜花賞(G1)の共同会見に臨んだ。

 昨年12月の2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルF(G1)では7着止まりだったものの、今年3月に行われた王道トライアル・チューリップ賞(G2)を制して一躍、桜花賞の有力候補にのし上がったスウィープフィート。

 特に武豊騎手が「『どれくらい脚を使えるかな』と思って追いだしたら、思ってた以上の瞬発力」と評したチューリップ賞の上がり3ハロン34.3秒の末脚はメンバー最速。G1を3勝した祖母スイープトウショウ譲りの瞬発力は、百戦錬磨のレジェンドジョッキーをして「あっという間に先頭に立った」と言わしめる破壊力だ。

 その一方で、スウィープフィートは武豊騎手が「楽しみな馬に巡り合えた」と話した通り、前走のチューリップ賞がレジェンドとの初コンビ。前々走まで若手の永島まなみ騎手が主戦を務めていたことでも注目されていた。

 永島騎手にとってスウィープフィートは、デビュー戦から手綱を取り続け、自身初のG1挑戦の相棒にもなった特別な存在。前々走のエルフィンS(L)は敗れはしたものの3番人気2着と決して悪い結果ではなかっただけに、この主戦降板には同情の声もあった。

永島まなみ、スウィープフィート武豊乗り替わり「正直悔しい」も「武さんに教えていただきました」。福永祐一も指摘した若手騎手「負のスパイラル」にハマらない強さの画像2
永島まなみ騎手

「一番率直な気持ちは悔しい」でも…

 実は、武豊騎手が共同会見した翌日、永島騎手はJR大阪駅の構内で行われたJRAのイベント『回想ステーション』にゲスト出演。その際、スウィープフィートの乗り替わりについても質問を受けている。

 スウィープフィートが武豊騎手との新コンビでチューリップ賞に出走していた頃、永島騎手は小倉で騎乗しており、モニターを通じてレースを観ていたという。クラシックシーズンを前にしての主戦降板には、やはり「一番率直な気持ちは悔しい」と騎手として思うところがあったそうだ。

 だが、「武さんの騎乗を見て学ぶことが凄く大きかった」と元相棒を“一発回答”で重賞勝利に導いた武豊騎手の騎乗ぶりを見て、得るものは小さくなかった様子。「レース後にも、武さんにお話をうかがって教えていただきました」と積極的にコンタクトを取っていたようだ。

「こういう気持ちの強さというか前向きな所が、永島騎手が若手の中で活躍できている要因の1つだと思います。

福永祐一元騎手(現調教師)も著書『俯瞰する力』(KADOKAWA)の中で『それは違うだろう』と言っていますが、一見理不尽に見える乗り替わりをされてしまった際、ふてくされてしまう若手騎手は珍しくありません。後でもう一度、乗せてもらえることになっても、プライドが邪魔をして乗らなかったりするケースもありますからね」(競馬記者)

 一方の武豊騎手も、共同会見でスウィープフィートの課題の1つである口向きについて質問された際「永島騎手からも色々聞いてて……」と回答。「デビュー当初は難しい面もあったが『だんだん解消されてきました』と言ってた通り、それほど気にしなくても良いかなという感じですね」と元主戦の永島騎手と情報交換したことを明かしている。

 今回は残念な乗り替わりとなってしまったが「『もっと頑張らないと』と思わせてもらえる機会」と、すでに前を向いている永島騎手。転んでもただでは起きない気持ちの強さは、今後も大きな武器になるはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

永島まなみ、スウィープフィート武豊乗り替わり「正直悔しい」も「武さんに教えていただきました」。福永祐一も指摘した若手騎手「負のスパイラル」にハマらない強さのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想