GJ > 競馬ニュース > 「C.ルメールロス」でノーザンファームが大慌て!桜花賞のチェルヴィニアは代役の確保に成功も…主戦不在でJ.モレイラや川田将雅にも動きあり?
NEW

「C.ルメールロス」でノーザンファームが大慌て!桜花賞のチェルヴィニアは代役の確保に成功も…主戦不在でJ.モレイラや川田将雅にも動きあり?

【この記事のキーワード】, ,
「C.ルメールロス」でノーザンファームが大慌て!桜花賞のチェルヴィニアは代役の確保に成功も…主戦不在でJ.モレイラや川田将雅にも動きあり?の画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 大阪杯(G1)を2番人気ベラジオペラが制した先週末。前日土曜の夜にメイダン競馬場でドバイワールドカップデーが開催されたものの、日本馬による勝利はデビューから無傷の5連勝でUAEダービー(G2)を制したフォーエバーヤングの1勝のみに終わった。

 ドバイワールドC(G1)で連覇を狙ったウシュバテソーロ、直前で回避した昨年のリベンジがかかっていたドバイターフ(G1)のドウデュース、ドバイシーマクラシック(G1)の三冠牝馬リバティアイランドなど、国内トップクラスの精鋭が出走していた割には、少々物足りなさを感じる結果に終わった。

 複数の有力馬を送り込んだノーザンファームとしては誤算だったかもしれないが、それ以上に想定外のアクシデントも発生した。なんと、C.ルメール騎手がドバイターフでキャットニップに騎乗した際に落馬、鎖骨および肋骨を骨折してしまったのだ。幸い本人も無事な姿をSNSで発信しており、命に別状はなかったものの、長期離脱を避けられない状況となった。

ルメール騎手の離脱で代役探しに注目集まる

 生産馬の主戦を任せている騎手だけに、これにはノーザンファーム生産馬を擁する陣営も大慌てだったという。

「近年のG1はノーザンファームの一強。短期免許で来日する外国人騎手の起用もありますが、それは期間限定であり、基本的にルメール騎手を中心に回していると言っても過言ではない状況です。騎手の選択もルメール騎手を優先的に割り当てているため、これから本格化する春のG1戦線において、ルメール騎手の不在は様々なしわ寄せを生むでしょう。

特にルメール騎手と蜜月関係にある木村哲也厩舎は一大事。桜花賞(G1)のチェルヴィニアは、なんとかB.ムルザバエフ騎手を確保できましたが、皐月賞(G1)のレガレイラは未定のまま。満足のいく代役探しは難航しそうですね。ただ、オークス(G1)や日本ダービー(G1)に関しては時間的な猶予もあるので、ベストな選択は難しくてもベターな選択はできそうです」(競馬記者)

「C.ルメールロス」でノーザンファームが大慌て!桜花賞のチェルヴィニアは代役の確保に成功も…主戦不在でJ.モレイラや川田将雅にも動きあり?の画像2
桜花賞のチェルヴィニアはムルザバエフ騎手に決まった

 こちらについてはトップジョッキーの方も騎乗馬の選択に慎重になるだろう。

 というのもルメール騎手が乗れないということは、それだけ有力馬に騎乗するチャンスが増えるからだ。現場サイドでもそれを見越して先の依頼は空けておくケースが増えているという。

 今春にルメール騎手がコンビを組むと見られていた候補には、既に名前の出たチェルヴィニア、レガレイラの他にも牡馬のシックスペンスやドゥレッツァなどがいる。

 ルメール騎手と双璧を成す存在まで成り上がった川田将雅騎手にしても、ジャンタルマンタルやシンエンペラーといった馬が控えているとはいえ、状況次第ではルメール騎手が騎乗していた馬に乗っている可能性もある。

 実際に現場サイドでは、水面下でそういった動きもあり、J.モレイラ騎手のエージェントにも問い合わせが殺到している様子。競馬ファンにとっても馬券の購入と騎乗馬のジョッキーは予想の重要なファクターとなる。しばらくの間は、ルメール騎手の代役が誰になるのかで一喜一憂する日が続くだろう。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「C.ルメールロス」でノーザンファームが大慌て!桜花賞のチェルヴィニアは代役の確保に成功も…主戦不在でJ.モレイラや川田将雅にも動きあり?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”