GJ > 競馬ニュース > 【桜花賞】「空前絶後」の好メンバーが集結!トップ級不在の大阪杯から一転…「伝説の新馬戦組」VSアスコリピチェーノの頂上対決にも注目?
NEW

【桜花賞】「空前絶後」の好メンバーが集結!トップ級不在の大阪杯から一転…「伝説の新馬戦組」VSアスコリピチェーノの頂上対決にも注目?

【この記事のキーワード】, ,
【桜花賞】「空前絶後」の好メンバーが集結!トップ級不在の大阪杯から一転…「伝説の新馬戦組」VSアスコリピチェーノの頂上対決にも注目?の画像1
撮影:Ruriko.I

 先月31日に開催された大阪杯(G1)。2番手追走から最後の直線を抜け出して押し切った勝ち馬ベラジオオペラの走りは見事だったが、その一方でメンバーレベルには疑問符もついていた。

 というのも昨年のクラシックホースであるタスティエーラ、ソールオリエンスこそ参戦したものの、彼らが完敗を喫した昨年の有馬記念(G1)で掲示板の5着以内に入っていたドウデュース、スターズオンアース、ジャスティンパレス、シャフリヤールという現役トップクラスの4頭が揃ってドバイに遠征したため不在となったからである。

 さらに前哨戦の中山記念(G2)と金鯱賞(G2)でそれぞれ1、2着だったマテンロウスカイ、ドーブネ、プログノーシス、ドゥレッツァの4頭も回避してしまったのでは、G1とは名ばかりの寂しい顔ぶれと感じたファンもいただろう。

 ただ今週末の桜花賞(G1)はそんな大阪杯から一転して、現時点で考えられる最高といえそうなメンバーが揃いそうだ。

最高のメンバーが集結しそうな今年の桜花賞

【桜花賞】「空前絶後」の好メンバーが集結!トップ級不在の大阪杯から一転…「伝説の新馬戦組」VSアスコリピチェーノの頂上対決にも注目?の画像2
アスコリピチェーノ 撮影:Ruriko.I

 昨年の阪神ジュベナイルF(G1)でワンツーを決めたアスコリピチェーノとステレンボッシュは、近年のトレンドといえる直行で出走予定。2歳女王アスコリピチェーノは3日の最終追い切りも抜群の動き。管理する黒岩陽一調教師も「完璧に終えられた」と自信を隠さなかったように、一冠目奪取に向け順調な臨戦過程を経ているようだ。

 またトライアル組もチューリップ賞(G2)1~3着のスウィープフィート、セキトバイースト、ハワイアンティアレに加え、フィリーズレビュー(G2)1~3着エトヴプレ、コラソンビート、セシリエプラージュ、そしてアネモネS(L)1~2着キャットファイト、テウメッサの計8頭が揃って桜花賞に参戦予定。8枚用意されている本番への優先出走権を掴んだ馬が、もれなく出てきそうなことも頼もしい限りである。

 それ以外にも、過去に三冠牝馬デアリングタクトも制した重要ステップの1つエルフィンS(L)の覇者ライトバック、1月のフェアリーS(G3)でワンツーのイフェイオンとマスクオールウィンも出走予定だ。

「この路線の実績馬やトライアル好走馬がほとんど1頭も欠けることなく、これだけ揃って本番に駒を進めそうな年も珍しいのではないでしょうか。これに昨年のホープフルS(G1)を制したレガレイラも加わっていれば、それこそ非の打ち所のないメンバー構成となっていたでしょう」(競馬誌ライター)

 特に、一部ファンから「伝説」との声も聞かれたボンドガールが勝った昨年6月の新馬戦は、非常にハイレベルの一戦だった。このレースでワンツースリーフォーを決めたボンドガール、チェルヴィニア、コラソンビート、マスクオールウィンに加えてキャットファイトの計5頭が参戦する見込みなのだから面白い(ボンドガールは2/3の抽選)。

 コラソンビートとキャットファイトは昨年の阪神JFでアスコリピチェーノに敗れたが、この2頭に3馬身以上の差をつけたボンドガールとチェルヴィニアは2歳女王とは未対戦。話題の新馬でワンツーのボンドガール、チェルヴィニアとアスコリピチェーノの力関係も興味深い今年の桜花賞。これなら大阪杯以上にハイレベルの激戦を期待出来そうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【桜花賞】「空前絶後」の好メンバーが集結!トップ級不在の大阪杯から一転…「伝説の新馬戦組」VSアスコリピチェーノの頂上対決にも注目?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配