GJ > 競馬ニュース > 【桜花賞】サンデーレーシング“三本の矢”が崩壊?アスコリピチェーノ、チェルヴィニア、クイーンズウォークに不安要素がズラリ
NEW

【桜花賞】サンデーレーシング“三本の矢”が崩壊?アスコリピチェーノ、チェルヴィニア、クイーンズウォークに不安要素がズラリ

【この記事のキーワード】, ,
【桜花賞】サンデーレーシング三本の矢が崩壊?アスコリピチェーノ、チェルヴィニア、クイーンズウォークに不安要素がズラリの画像1
撮影:Ruriko.I

 いよいよ今週末は牝馬三冠の第1戦、桜花賞(G1)である。オークス(G1)や秋華賞(G1)へと続く重要な初戦、このレースを勝利した馬のみが三冠の権利を手にする。これまでジェンティルドンナ、アパパネ、デアリングタクト、アーモンドアイ、リバティアイランドなどの名牝が駆け抜けた大一番、今年勝利するのはどの馬か?

 ただ今年は例年と比較して紆余曲折があったといえるだろう。本来であれば人気の中心として注目されるチェルヴィニアだが、鞍上のC.ルメール騎手がドバイで落馬し負傷、騎乗することができずB.ムルザバエフ騎手への乗り替わりとなった。その発表も直前の木曜までずれ込んだのだから、いかに現場が混乱していたかわかる。

 またトライアルレースのチューリップ賞(G2)やフィリーズレビュー(G2)は人気薄の穴馬が勝利し、阪神ジュベナイルF(G1)の1・2着馬はともに休み明けで出走という状況。そして関東馬は5頭が栗東トレセンで調整しており、そのままレースに挑むというのも興味深いところ。

上位人気必至の3頭に思わぬ落とし穴?

 そんな今年の桜花賞だが、中心はやはりサンデーレーシングの“三本の矢”といえるチェルヴィニア、アスコリピチェーノ、クイーンズウォークだろう。

 チェルヴィニアは昨年のアルテミスS(G3)を圧倒的な末脚で勝利し、いち早く桜花賞候補に名乗りを上げた。アスコリピチェーノは新馬戦、新潟2歳S(G3)、阪神JFを3戦3勝で制し、昨年の2歳女王に輝いた馬。関東の北村宏司騎手というベテランが騎乗するのも興味深い。そしてクイーンズウォークは中内田充正厩舎が管理し、鞍上は川田将雅騎手というリバティアイランドのコンビ。クイーンC(G3)を勝利し桜花賞に挑む。

 サンデーレーシングは、他にもアネモネS(L)の2着で権利を獲得したテウメッサを含めて4頭が出走するが、やはり重賞勝ちの3頭が中心。昨年のリバティアイランドに続く勝利を目指しているだろう。

 だが、この“三本の矢”は崩壊危機といえるほどの不安要素があり、危険な人気馬と言わざるを得ない状況にある。

 まずチェルヴィニアは、そもそも昨年のアルテミスS、つまり10月28日以来のレース。過去10年を見ても、前走が前年の10月で3着以内に好走した馬はいない。3着以内に入った30頭はすべて、前走が前年12月のG1レース(阪神JF・朝日杯FS)か、当年に入ってからのレースである。今は前哨戦を使わないローテーションが定着しているものの、さすがにこのレース間隔は開きすぎか。管理する木村哲也調教師も調整過程に不安をこぼしており、「追い切りは満足のいくものではなかった。中身もまだこれからで、動き、息遣いも良化途上」(3月20日)「追い切りの動きはもうひとつ。休み明けの影響もあるかもしれません」(3月27日)と先週までの調教に不満をこぼしていた。

 そしてデビューからすべて左回りのレースしか走っておらず、右回りの経験がないのもマイナス。さらに栗東トレセンで調整しているとはいえ関西遠征も初めてだ。また木村厩舎はイクイノックスなどで多くのG1レースを勝利しているが、意外にも牝馬のG1は1勝と少ない。鞍上の乗り替わりも加わって不安を感じずにはいられない。

【桜花賞】サンデーレーシング三本の矢が崩壊?アスコリピチェーノ、チェルヴィニア、クイーンズウォークに不安要素がズラリの画像2
アスコリピチェーノ 撮影:Ruriko.I

 アスコリピチェーノは阪神JF以来の出走となるが、実はノーザンファーム天栄に放牧中に熱発しており、美浦トレセンへの入厩が2週間ほど遅れたという事情がある。陣営のコメントからは不安を感じないものの、2週間の調整遅れはマイナスでしかなく、ここに大きな不安がある。

 そして桜花賞は関東馬、特に関東所属の騎手にとって鬼門ともいえるレースだ。美浦を拠点とする騎手が最後に勝利したのは、2010年のアパパネで鞍上は蛯名正義元騎手(現調教師)。そして衝撃なのは1986年以降でみても、その蛯名騎手のみなのである(2021年ソダシの吉田隼人騎手は当時栗東を拠点としていた)。関東馬はスターズオンアースやグランアレグリア、アーモンドアイなどが勝利しているものの、その鞍上は栗東所属の川田将雅騎手やルメール騎手、短期免許で来日している外国人騎手など。関東所属騎手はまったく勝てていないのが現状だ。その逆境を、北村宏騎手が乗り越えられるか、壁は決して低くはないだけに困難だろう。

 クイーンズウォークは1800mでデビューしたようにもともとオークス狙い。前走でクイーンCに出走したのは、東京コースを経験する目的が大きかったと思われる。実際に川田騎手はデビュー戦後に「距離は2000~2400mくらいあっても良さそうです」と語っており、陣営もオークス向きと明言。チャンスはあるだろうが、この桜花賞に100%の状態で出走させるとは考えにくい。

 またクイーンCから桜花賞のローテーションでの勝ち馬はスターズオンアースがいるが、クロノジェネシス、メジャーエンブレム、ヴィルシーナ、ハーパー、アカイトリノムスメ、ホエールキャプチャといった実力馬はすべて敗退したように、1986年以降クイーンCの勝ち馬が桜花賞で勝利した例はない。オークス向きとクイーンC勝利の実績から、期待よりも不安の方が大きい。

 このようにサンデーレーシングが期待する3頭は、思った以上に厄介な不安要素を抱えている。昨年のリバティアイランドとはまったく異なる状況にあるといえるのだ。

 おそらく上位人気に支持されるであろうこの3頭で、サンデーレーシング関係者としてはワンツースリーフィニッシュも期待していたかもしれないが、ここに来て穴馬が激走する余地がありそうだ。

 それは武豊騎手のスウィープフィートか、あるいはJ.モレイラ騎手のステレンボッシュか。いずれにせよ今年の桜花賞は、サンデーレーシング期待の“三本の矢”に崩壊の懸念がある以上、波乱となることを意識しておいた方がいいだろう。

仙谷コウタ

仙谷コウタ

初競馬は父親に連れていかれた大井競馬。学生時代から東京競馬場に通い、最初に的中させた重賞はセンゴクシルバーが勝ったダイヤモンドS(G3)。卒業後は出版社のアルバイトを経て競馬雑誌の編集、編集長も歴任。その後テレビやラジオの競馬番組制作にも携わり、多くの人脈を構築する。今はフリーで活動する傍ら、雑誌時代の分析力と人脈を活かし独自の視点でレースの分析を行っている。座右の銘は「万馬券以外は元返し」。

【桜花賞】サンデーレーシング“三本の矢”が崩壊?アスコリピチェーノ、チェルヴィニア、クイーンズウォークに不安要素がズラリのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ