GJ > 競馬ニュース > 【アンタレスS(G3)展望】砂で新境地ヴィクティファルス「二刀流」完遂へ!? ジェンティルドンナ弟、ディープインパクト「砂の大物候補」も登場予定
NEW

【アンタレスS(G3)展望】砂で新境地ヴィクティファルス「二刀流」完遂へ!? ジェンティルドンナ弟、ディープインパクト「砂の大物候補」も登場予定

【アンタレスS(G3)展望】砂で新境地ヴィクティファルス「二刀流」完遂へ!? ジェンティルドンナ弟、ディープインパクト「砂の大物候補」も登場予定の画像1
ヴィクティファルス 撮影:Ruriko.I

阪神ダート1800mに粒ぞろいのメンバー集結

 14日、皐月賞(G1)の直前に阪神競馬場で行われるのは古馬ダート重賞のアンタレスS(G3)だ。砂路線に転向して3戦目の6歳馬が注目を浴びそうだ。

 ヴィクティファルス(セ6歳、栗東・池添学厩舎)は、3年前の共同通信杯(G3)でエフフォーリアの2着に入ると、続くスプリングS(G2)を制して牡馬三冠にも皆勤した。

 3年前の皐月賞で9着に敗れて以降は5着がやっとという成績だったが、昨秋ダート路線に転向。初戦の太秦S(OP)を7番人気で快勝し、新境地を開拓した。

 年が明けてダート2戦目は重馬場の東海S(G2)。ハイレベルなメンバーの中で4番人気3着に好走。勝ったウィリアムバローズと2着オメガギネスにはやや離されたものの、ブライアンセンスとの3着争いを振り切り、重賞でも通用するところを見せた。

 騎乗した池添謙一騎手が「パサパサの馬場のほうが良かったかもしれません」と振り返ったように、よりパワーを要する乾いた砂が理想か。今回は良馬場なら主役を張っても不思議ではないだろう。


 ダート歴が2戦と浅いヴィクティファルスに対して、ハギノアレグリアス(牡7歳、栗東・四位洋文厩舎)は、デビュー2戦目からダートを使われ続けている。

 これまで重賞を2勝(2023年名古屋大賞典・G3、同年シリウスS・G3)している実績馬で、昨年は帝王賞(G1)で4着、チャンピオンズC(G1)でも6着と、G1でも上位争いに加わった。

 セラフィックコールに次ぐ2番人気に支持されて臨んだのは、前走のダイオライト記念(G2)。チャンピオンズCから一気に600mの距離延長だったが、しっかりと折り合って好位を追走した。

【アンタレスS(G3)展望】砂で新境地ヴィクティファルス「二刀流」完遂へ!? ジェンティルドンナ弟、ディープインパクト「砂の大物候補」も登場予定
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

 4角2番手から最後の直線で粘り込み態勢に入ったが、伸びを欠いて3着止まり。鞍上の岩田望来騎手が「距離は少し長いように感じた」と振り返ったように、初めての2400mがやや長すぎた印象だ。

 今回は3勝している1800mに戻って巻き返しなるか。引き続き岩田望騎手が手綱を握る。

 

三冠牝馬ジェンティルドンナの弟スレイマン

 半姉に三冠牝馬のジェンティルドンナがいる超良血のスレイマン(牡6歳、栗東・池添学厩舎)は、デビューから芝で2連敗を喫し、その後はダート中距離路線を歩んできた。

 3歳夏の函館でダート初戦を迎えると、なんと1秒9差の大差勝ち。その後は2着が1度だけあったが4歳1月から5月にかけて自己条件を3連勝してあっという間にオープン入りを果たした。

 ダートでの堅実な走りっぷりから重賞制覇も時間の問題とみられたが、オープンクラスで突如低迷。オープン、リステッドでは当初なかなか上位争いにも加われなかった。それでも徐々に着順を上げ、前走の門司S(OP)を4馬身差で勝利し連敗をストップ。1年8か月ぶりの美酒を味わった。

 遅れてきた大物候補が6歳にして初めての重賞挑戦を迎える。


 ダイシンピスケス(牡6歳、栗東・森秀行厩舎)は、昨年12月から2勝クラス、3勝クラス、そして仁川S(L)と3連勝中。前走はウェルカムニュースやアイコンテーラーといった骨っぽい相手を封じ込めており、4連勝での重賞制覇も夢ではないだろう。


 ディープインパクト産駒のダノンマデイラ(牡6歳、栗東・茶木太樹厩舎)は、デビューから芝で惨敗続きだった。ところが3歳の秋にダートに転じると、秘めたる素質を開花。砂では5戦4勝の好成績を残してオープン入りを果たした。

 前走の内房S(3勝クラス)は、約1年半ぶりの実戦だったが、中団追走から力強く差し切っての勝利。ディープインパクト晩年の産駒からついにダートの大物候補が誕生するか。前走から一気に相手強化となるここは試金石の一戦となるだろう。


 この他には、オメガパフュームの弟ホウオウルーレット(牡5歳、美浦・栗田徹厩舎)、22年の佐賀記念(G3)など地方交流重賞を2勝しているケイアイパープル(牡8歳、栗東・村山明厩舎)、3歳時のユニコーンS(G3)で2着の実績があるサヴァ(牡6歳、栗東・上村洋行厩舎)なども出走を予定している。

 二刀流に挑戦中のヴィクティファルスがダート重賞も制するのか、それともダートで実績十分のハギノアレグリアスが重賞3勝目を飾るのか、はたまたここで名前が挙がらなかった伏兵が波乱を起こすのか。レースの発走は14日の15時30分を予定している。

【アンタレスS(G3)展望】砂で新境地ヴィクティファルス「二刀流」完遂へ!? ジェンティルドンナ弟、ディープインパクト「砂の大物候補」も登場予定のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ