GJ > 競馬ニュース > 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
NEW

関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か

【この記事のキーワード】, ,

関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山かの画像1

 先日、引退後にJRA競馬学校教官への転身が報じられた武士沢友治騎手に続き、同じく大庭和弥騎手も3月31日付で騎手免許を取り消した。関東所属の同騎手は2月7日付でフリーから美浦の小手川準厩舎に所属となっていたが、これからは調教助手として厩舎を支えていくことになりそうだ。

 競馬の方は4月に入って春のG1シーズン真っ盛り。今週末は牝馬の桜花賞(G1)、翌週には牡馬の皐月賞(G1)が開催される。ひとまずは“人事異動”も落ち着いて、さあこれからというタイミングだったのだが、ここへきてまたひとり引退する噂のある騎手がいるという。

春G1真っ只中で関東のベテランに引退の噂……

「まだ公にはなっていませんが、現場サイドでは少し前から引退するのではないかという話は出ていました。名前は出せませんが、関東の某ベテラン騎手です。年齢的にもそろそろ引退を考える時期なのかもしれませんが、過去にG1を勝っていますし、騎乗依頼が減少しても食べていくには困らないくらいの成績を収めていましたから、この話を聞いた時は少し驚きました。

近しい人物に聞いたところ、どうやらモチベーション低下が最大の理由みたい。かつてに比べて懐の深い調教師や馬主が減り、結果を出しても上のクラスに行けば、他の騎手に乗り替わるケースも増えています。そんな中でも可愛がってくれる馬主がいて、晩年はそういった馬主の恩に報いようと続けていたようにも感じます」(競馬記者)

 昭和生まれのジョッキーなので、最終的にはそういった現在のドライな風潮に嫌気が差したのかもしれない。記者の話によると皐月賞が行われる14日の中山開催をラストデーにして鞭を置くという話だ。

 まだ公表していないのは、同情などで騎乗依頼が来たり、このことで取材などが増えたりするのを防ぐ目的だそうです。某大物馬主との固い絆でも知られた関東のいぶし銀だが何とも彼らしい引き際だと記者は評していた。

 人気薄の穴馬を持って来る穴騎手でもあり、馬券でお世話になったオールドファンも多いはず。現役を引退した騎手は、その後に調教師や助手など、競馬に関わる業種に就くことも多いのだが、彼の場合は競馬界と距離を置く可能性が高いらしい。

 横山典弘騎手のように拠点を栗東に移して再起を図るパターンも選択肢にあっただろうが、引退後は目にする機会が無くなると思うと寂しい限りである。当日は最後の雄姿を目に焼き付けておきたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”