GJ > 競馬ニュース > 「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で最下位ゴール…レース後JRAから処分もファンから疑問の声。地方の現役最強馬も襲われた「あり得ない」アクシデントとは
NEW

「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で最下位ゴール…レース後JRAから処分もファンから疑問の声。地方の現役最強馬も襲われた「あり得ない」アクシデントとは

【この記事のキーワード】, ,

「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で最下位ゴール…レース後JRAから処分もファンから疑問の声。地方の現役最強馬も襲われた「あり得ない」アクシデントとはの画像1

期待の2番人気が、まさかの大出遅れ…

 6日、中山競馬場で行われた6Rの3歳未勝利で珍しいハプニングがあった。

 ニシノリアリティの出走取消があって14頭で行われたダート1800mのレースは、逃げ粘るプルメリアクヒオを1番人気のロードレヴェランスがアタマ差交わしたところがゴールという接戦だった。

 だが、そんな中で最後まで“蚊帳の外”だったのがマルチライセンス(牡3歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)だ。

 前走を2着に善戦したことで2番人気に支持されていたマルチライセンス。しかし、ゲートが開き、各馬が一斉に飛び出したところ、ゲートを出ることに手間取って大出遅れ……。「おっと、1頭、8番のマルチライセンスがゲートを……今、出ました」という実況と共に何とかゲートからは出たものの、集団から大きく置かれてしまう絶望的なスタートとなってしまった。

 結局、終始最後方でレースにほぼ参加できなかったマルチライセンスは、前から9馬身開けられた最下位でゴールしている。

 レース後、マルチライセンスが人気馬だったこともあって、ネット上の競馬ファンの間でもSNS等を通じて「スタートで終わったな」「やっちまったなあ」「あのスタートでは勝てん」「まあ、次頑張ろう」「あんな大出遅れ、久々に見たわ」などと話題に……。

 そんな中、数名のファンからマルチライセンスが「何かに引っ掛かったように見える」という声があった。特に「尻尾が引っ掛かってないか?」「後ろのゲートに挟まったのでは」など、発馬直前にゲート後方の扉を閉める際に尻尾が挟まってしまったように見えたようだ。

「ゲート後方の扉には少し隙間が設けられているので、基本的に馬の尻尾が挟まって動けなくなるようなことはありません。ただ、絶対に起こり得ないかと言えば、そうではないようで……。最近で有名な例だと、園田競馬で現役最強とも言われているラッキードリームでしょうか」(競馬記者)

地方の現役最強馬も襲われた「あり得ない」アクシデントとは

 記者が例として挙げたのは、昨年の5月に園田競馬場で行われた兵庫大賞典だ。

 単勝1.1倍の人気を集めたラッキードリームは、好位4番手からレースを進めて早め先頭から押し切ったが、最後は半馬身差まで詰め寄られる苦しいレースぶり。レース後、主戦の下原理騎手からは「後ろ扉の隙間に尻尾が挟まった。痛かったのだと思う。スタートからの行きっぷりが悪かった」と、まさかのアクシデントがあったことが明かされている。

 ただ、ラッキードリームは尻尾がゲートに引っ掛かったのではなく、尻尾が挟まれた痛みがレースのパフォーマンスに影響を及ぼした可能性が高い。マルチライセンスとは異なり、ゲート自体はスムーズに出ていた。

 無事に完走を果たしたものの、レース後にはJRAから「発走合図直後に発馬機内で膠着し、著しく出遅れました」と1か月間の出走停止、並びに発走調教再審査の処分が下されることになったマルチライセンスだが、スタートさえまともなら力は上のハズ。次回は名誉挽回となるレースを期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で最下位ゴール…レース後JRAから処分もファンから疑問の声。地方の現役最強馬も襲われた「あり得ない」アクシデントとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬