GJ > 競馬ニュース > 川田将雅、桜花賞惨敗でグランアレグリア級の「遅れてきた大物」にぐらり!? 2年前は桜花賞馬スターズオンアースに騎乗せず
NEW

川田将雅、桜花賞惨敗でグランアレグリア級の「遅れてきた大物」にぐらり!? 2年前は桜花賞馬スターズオンアースに騎乗せず

川田将雅、桜花賞惨敗でグランアレグリア級の「遅れてきた大物」にぐらり!?  2年前は桜花賞馬スターズオンアースに騎乗せずの画像1
オークスの有力候補に浮上したタガノエルピーダ 撮影:Ruriko.I

朝日杯FSの3着の実力馬が本領発揮

 7日、阪神競馬場で行われた忘れな草賞(L)は、1番人気のタガノエルピーダ(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が勝利。待望の賞金加算に成功し、5月のオークス(G1)へ大きな一歩を踏み出した。

 8頭立て芝2000mのレースは、スタート直後こそハナの譲り合いがあったが、最内からパレハが主張すると、隣にいたプシプシーナも譲らない。後にタガノエルピーダの鞍上・川田将雅騎手が「変な展開」と称したレースは、オオナミコナミも加えて3頭が飛ばす展開となり、最初のコーナーを抜けるころには後続を大きく引き離した。

 その結果、1000m通過が58.1秒という、この時期の3歳牝馬としては過酷なペースに。しかし、これはタガノエルピーダにとっては歓迎だったのではないだろうか。何故なら、厳しいペースになればなるほど「地力」がモノを言うからだ。最後は2着ステラクラウンに2馬身半差をつける圧勝だった。

「はっきり言って陣営からすれば、もうこれ以上の“足踏み”は許されない状況だったと思います。

タガノエルピーダといえば、牝馬ながらに昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)で牡馬に交じって3着した実力馬。ちなみに3着は、阪神ジュベナイルF(G1)が牝馬限定戦になってからG1・6勝馬のグランアレグリアと並ぶ牝馬の最高着順です。前走のチューリップ賞(G2)でも1番人気になるなど、本来であればこの忘れな草賞ではなく、同日の桜花賞(G1)の有力候補に挙がっていてもおかしくない存在。陣営としても、今回の勝利に胸を撫で下ろしているでしょうね」(競馬記者)

 一方、ある意味タガノエルピーダ陣営を救ったのが、乱ペースにも落ち着いた騎乗を見せた川田騎手だ。

 大逃げする3頭を見ながらの4番手という難しいポジションだったが、ここで慌てないのが川田騎手。残り1000mから冷静に差を詰めると、4コーナーで早々に先頭に躍り出て押し切った。内容も、その意味も非常に大きな勝利となったが、レース後も「変な展開になりましたが、自分のリズムで1個1個練習しながら。いい経験になったと思います」と、いつもの“川田節”である。

 これには斉藤調教師も「オークスに行くには賞金加算をしないといけないレース。(大逃げした)3頭の後ろで難しかったと思いますが、ジョッキーが上手に乗ってくれました」と川田騎手に感謝。陣営にとっても頼もしい限りだったに違いないが、問題は本番のオークスでも騎乗してくれるかだろう。

「川田騎手にはクイーンC(G3)を勝ち、桜花賞でも騎乗したクイーンズウォークがお手馬にいるので、普通ならオークスでも引き続きコンビを組むと思います。

ただ、勝ったステレンボッシュと2着アスコリピチェーノに次ぐ3番人気と期待を集めた桜花賞では8着。内から一瞬だけ脚を使いましたが、本来の伸びではありませんでした。元々、陣営がオークス向きと言っている馬ですが、本番へ小さくはない課題が残った形になります」(別の記者)

2年前は桜花賞馬スターズオンアースに騎乗せず

川田将雅、桜花賞惨敗でグランアレグリア級の「遅れてきた大物」にぐらり!?  2年前は桜花賞馬スターズオンアースに騎乗せずの画像1
オークス向きと言われるクイーンズウォーク 撮影:Ruriko.I

 川田騎手といえば、一昨年の桜花賞をスターズオンアースで勝利したものの、続くオークスではアートハウスに騎乗。桜花賞馬を選択しないという前代未聞の乗り替わりがあった。

「アートハウスは懇意にしている中内田充正厩舎の所属馬で、川田騎手は母パールコードの主戦騎手も務めていました。母が秋華賞(G1)で2着だったこともあって『娘でG1を獲りたい』と乗り替わりを決断したそうです。ですが、結果は7着。それもC.ルメール騎手に乗り替わったスターズオンアースがオークスで二冠を達成するという厳しい結果に。ただ、川田騎手は自身の選択を後悔していない様子でした」(同)

「様子を見て、大丈夫ならオークスに向かいたいと思います」(斉藤調教師)

 全国の競馬ファンを驚かせた「あの乗り替わり」から2年。奇しくもタガノエルピーダもまた川田騎手の手綱によって、忘れな草賞を勝った馬になった。ただ、今回は逆に桜花賞で騎乗したクイーンズウォークが中内田厩舎の所属馬である。

 果たして、一昨年のリーディングジョッキーがオークスで騎乗するのは……。この日のタガノエルピーダのパフォーマンスは、百戦錬磨の川田騎手の心にも残ったはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅、桜花賞惨敗でグランアレグリア級の「遅れてきた大物」にぐらり!? 2年前は桜花賞馬スターズオンアースに騎乗せずのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想