GJ > 競馬ニュース > 「ノーステッキ8馬身差」の圧勝劇に川田将雅も高評価! 前走は衝撃の「大差勝ち」、ヤマニンウルスに続く「怪物」登場の予感
NEW

「ノーステッキ8馬身差」の圧勝劇に川田将雅も高評価! 前走は衝撃の「大差勝ち」、ヤマニンウルスに続く「怪物」登場の予感

【この記事のキーワード】, ,
「ノーステッキ8馬身差」の圧勝劇に川田将雅も高評価! 前走は衝撃の「大差勝ち」、ヤマニンウルスに続く「怪物」登場の予感の画像1
撮影:Ruriko.I

 6日の阪神5Rに行われた3歳1勝クラス(ダート1800m)は、単勝1.8倍に推されたムルソー(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が8馬身差の大楽勝。「大差」で圧勝した未勝利戦に続く独走で2連勝を決めた。

 レイデオロ産駒の同馬は今年1月、京都・芝2000mでA.ルメートル騎手を背に初陣。2番人気の支持を集めたがスタートしてややアオると、道中は終始外々を回される厳しい展開となり、これといった見せ場も作れないまま10着に敗れていた。

 しかし、ダート替わりとなった2戦目の前走で一変。ハナを奪う積極的な競馬で主導権を握ると後は一人旅。最後の直線に入っても脚色は一向に衰えず、後続をぐんぐんと突き放しぶっちぎった。2着馬との差は実に2秒3の大楽勝。もしかしたらとんでもない超大物なのかもしれない。

「新たな怪物」誕生の予感…ムルソーが8馬身差の圧巻V

 川田将雅騎手と新コンビを組んだこの日も、前走と同じくまったく危なげのない競馬だった。ダントツの1番人気ということもあり他馬からのプレッシャーも相当のように見えたが、前半1000mを62秒8のマイペースで通過し手応え十分で最後の直線を向いた。

 川田騎手は軽く手綱を促す程度だったが、後続との差がみるみる開いていく。結局直線でステッキは一度も使われることなく、ゴール前では流すような感じだったが、それでもメンバー最速の上がり3ハロン36秒4をマークし2着を8馬身ちぎってしまった。

 レース後にはSNSやネットの掲示板に「ムルソー強すぎワロタ」「最後の直線は鳥肌立ったわ」「勝ち時計も相当優秀」「ぜひ東京ダービー(G1)に駒を進めてほしい」といった本馬の今後に期待するコメントがファンから多数寄せられたのも当然だったか。

「個人的にも前回のムルソーはカジノドライヴの新馬戦も彷彿とさせる衝撃的な勝ちっぷりだったので注目していたのですが、やはりホンモノでしたね。

この日の勝ちタイムである1分51秒8は、多少の馬場差こそあれ翌日に行われた古馬3勝クラス・梅田Sのそれとわずか0秒1しか差がありませんでした。新たな砂の怪物候補が現れたといってよさそうです」(競馬誌ライター)

「ノーステッキ8馬身差」の圧勝劇に川田将雅も高評価! 前走は衝撃の「大差勝ち」、ヤマニンウルスに続く「怪物」登場の予感の画像2
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 騎乗した川田騎手はレース後「能力の高い馬で、今日もいい走りをしてくれていると思います」と、まずは順当に勝ち上がったことを評価したが、続けて「性格の難しいところがあるので、そういう面が徐々に大人になってきてくれれば」と、この先の課題についても挙げていた。

 ただ、逆に言えばまだ幼い部分を残しながらもこの強さなのだから、末恐ろしい逸材であることは間違いなさそうだ。

 管理する斉藤厩舎には砂でデビュー4連勝中の怪物ヤマニンウルスも在籍するが、ムルソーも1つ上の先輩と同じように突き進んで行くこととなるのか。次の走りも楽しみにしたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「ノーステッキ8馬身差」の圧勝劇に川田将雅も高評価! 前走は衝撃の「大差勝ち」、ヤマニンウルスに続く「怪物」登場の予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想