GJ > 競馬ニュース > 【ヴィクトリアマイル】「2070万馬券」の大波乱はなぜ起きた
NEW

ナミュール、マスクトディーヴァは大丈夫?高速馬場の「カラクリ」に要注意…歴代最高「2070万馬券」の大波乱はなぜ起きた【ヴィクトリアマイル】

【この記事のキーワード】, ,
武豊騎手とコンビを組むナミュール 撮影:Ruriko.I
武豊騎手とコンビを組むナミュール 撮影:Ruriko.I

 東京競馬場で6月2日の安田記念(G1)まで続く怒涛の5週連続G1開催。今週末は古馬牝馬の最強マイラーを決めるヴィクトリアマイル(G1)が行われる。

 下馬評では武豊騎手のナミュール、J.モレイラ騎手のマスクトディーヴァの2頭が人気を二分しそうな雰囲気だ。3番手以下の馬が少し離された勢力図は、アスコリピチェーノとジャンタルマンタルが二強を構成したNHKマイルC(G1)と似ているかもしれない。

 ジャンタルマンタルとコンビを組んだ川田将雅騎手の好騎乗が光った3歳マイル王決定戦だが、勝ちタイムは良馬場で1分32秒4。同じく芝のマイル戦である9R分倍河原S(3勝クラス)が1分32秒5だったことを思えば、G1レースとしてはそこまで速い決着でもなかったか。

好位につけたジャンタルマンタルとアスコリピチェーノが一騎打ち

 最後の直線で進路を失ったC.ルメール騎手のアスコリピチェーノが内へ切れ込み、他馬に迷惑を掛けたこともあり、後味の悪さが残る結末だったことは間違いないが、勝ったジャンタルマンタルも2着に敗れたアスコリピチェーノも最後の直線で3番手を並走していた馬。前後半のラップがほぼイーブンだったため、実力上位の2頭が好位からそのまま抜け出した。

 その一方、勝負どころで馬群が密集していたように、ペースそのものはそれほど速くなかったように映った。各馬が上がり3ハロンでマークしたタイムも大きな差はなく、道中のポジション取りも着順に直結した結末だった。こういった現在の馬場状態を踏まえた上でヴィクトリアマイルの顔触れを見渡すと、末脚勝負のタイプより、好位で抜け出すタイプが魅力的に感じる。

 というのも、Bコースへと替わる今週は、これまで以上に前残りの傾向が強くなるからである。

 ヴィクトリアマイルといえば、JRA・G1歴代最高配当となる3連単2070万馬券の大波乱となった2015年が有名だ。この年は5番人気ストレイトガールが優勝し、2着に12番人気ケイアイエレガント、3着に18番人気ミナレットが入線。単勝オッズで一桁台に支持された上位人気馬3頭が凡走し、とんでもない結末を迎えた。

 そこで思い出しておきたいのは、上位4着以内に好走した馬が前残りする結果に終わっていたことだ。

 レース展開としても逃げたミナレットが3着、2番手のケイアイエレガントが2着、5番手から抜け出したストレイトガールが優勝し、4番手レッドリヴェールが4着。勝ちタイムの1分31秒9こそ速い時計に映るのだが、18頭中の12頭が32秒~33秒台の末脚を使っていたのだから、余力を残して最後の直線を迎えていたことが伝わる。

「翌年に連覇を決めたストレイトガールの力が抜けていたことは間違いないですが、決め手となったのは距離適性のような気がします。1番人気ヌーヴォレコルトや2番人気ディアデラマドレは中距離重賞で結果を残していた馬でした。そういえばカワカミプリンセスも2007年と09年の2度出走しましたが、どちらも人気で凡走していましたね。

これはあくまで仮説に過ぎませんが、高速馬場になると距離適性が短距離寄りの馬が好走しやすくなる傾向が強いように感じます。そういう意味では、純粋なマイラーや中距離馬より、1200mや1400mでも好走可能なスピードを持つタイプに向くのかもしれません。今年の出走メンバーならウンブライルが面白そうですよ」(競馬記者)

川田将雅騎手とウンブライルに注意? 撮影:Ruriko.I
川田将雅騎手とウンブライルに注意? 撮影:Ruriko.I

 仮にそういった視点で考えた場合、マイル重賞勝ちがあるとはいえ、ローズS(G2)でレコード勝ちしたマスクトディーヴァ、オークス(G1)や秋華賞(G1)で好走していたナミュールも過信は禁物。デビューからの2戦を芝1400mで連勝したウンブライルの鞍上が絶好調の川田騎手というのも少なからず怖さがある。

 はたして今年のヴィクトリアマイルはどのようなドラマが待っているのか。期待した馬が後方で末脚不発という事態を避けるためにも、行ったままの前残りには注意しておきたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ナミュール、マスクトディーヴァは大丈夫?高速馬場の「カラクリ」に要注意…歴代最高「2070万馬券」の大波乱はなぜ起きた【ヴィクトリアマイル】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想