GJ > 競馬ニュース > “代打職人”池添謙一騎手 ヴィクトリアマイルで大仕事も?
NEW

“代打職人”池添謙一が1年ぶり「1日3勝」固め打ち!「テン乗り」ヴィクトリアマイルで大仕事も?

【この記事のキーワード】, ,
先週大爆発した池添謙一騎手 撮影:Ruriko.I
先週大爆発した池添謙一騎手 撮影:Ruriko.I

 先週末のNHKマイルC(G1)は、2番人気のジャンタルマンタルが好位から早めに抜け出して完勝。人気を分け合った1番人気のアスコリピチェーノは最後の直線でスムーズさを欠いたものの何とか2着に追い込んだ。

 ジャンタルマンタルを勝利に導いた川田将雅騎手はこの日4勝の固め打ち。前日の4勝と合わせて8勝の大暴れで、戸崎圭太騎手との差を「11」に広げ、騎手リーディングを独走中だ。

 そんな川田騎手の陰に隠れる形ではあったが、日曜に唯一重賞がなかった京都競馬場で絶大な存在感を示したのが44歳のベテラン池添謙一騎手である。

 残念ながら今年のNHKマイルCに騎乗馬がいなかった池添騎手だが、この日は地元・京都で8鞍を確保。4鞍目となった7Rの4歳上1勝クラスで2着に入ると、9Rから特別レースを3連勝し、京都のファンを沸かせた。

「池添騎手の1日3勝は、昨年のNHKマイルCデー以来、ちょうど1年ぶりだったようですね。1年前はすべて1番人気の馬に騎乗して挙げた勝利でしたが、今年は3番人気(2頭)と4番人気の馬でのもの。いずれも中団追走から計ったように差し切る見事な騎乗でした」(競馬誌ライター)

 中でも10R橘S(L)のガロンヌと11R鞍馬S(OP)のジャスティンスカイの2頭は初コンビで勝利。これまで数々の大レースをテン乗りで制してきた“代打職人”らしい仕事ぶりだったといえるだろう。

「1200mのペースにどう対応するかと思っていました」

 2000mでも勝ち鞍があるジャスティンスカイで臨んだ鞍馬Sは、前走のマイル戦から一気に400m距離を短縮しての難しいレース。しかし、スプリント戦のペースにもあっさりと対応してみせた。

「抜け出してから一瞬フワッとしました」とゴール前で池添騎手の脳裏に不安がよぎる場面もあったようだが、「外から足音が聞こえてきたらまた反応してくれました」と、馬がゴール前でもうひと伸び。最後は2着馬に半馬身の差をつけ押し切った。

 代名詞ともいえるテン乗りで3勝中2勝を挙げた池添騎手だが、G1勝利からは2年近く遠ざかっている。最後の美酒はソングラインとのコンビで臨んだ2022年の安田記念(G1)。その後は先月の天皇賞・春までG1で21連敗中だ。

「テン乗り」ヴィクトリアマイルで大仕事も?

ヴィクトリアマイルで注目のハーパー 撮影:Ruriko.I
ヴィクトリアマイルで注目のハーパー 撮影:Ruriko.I

 しかし、今週末のヴィクトリアマイル(G1)で大きなチャンスが到来した。昨年の牝馬三冠レースで常に上位争いを演じたもののリバティアイランドの後塵を拝し続けたハーパーにテン乗りで参戦予定である。

 近2走は有馬記念(G1)9着、大阪杯(G1)13着と力負けに終わっているが、今回は牝馬限定戦。東京コースもクイーンC(G3)1着、オークス(G1)2着と安定した成績を残している。

 本来の実力を発揮できれば、戴冠の可能性も十分あるだろう。果たして池添騎手は好調の波に乗ってハーパーとともに特大の代打一発を放つことができるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

“代打職人”池添謙一が1年ぶり「1日3勝」固め打ち!「テン乗り」ヴィクトリアマイルで大仕事も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想