GJ > 競馬ニュース > 【競馬クロニクル 第55回】
NEW

絶体絶命のピンチから逆転劇を演じたウオッカの凄み…ヴィクトリアマイルと安田記念を連勝した充実の春【競馬クロニクル 第55回】

【この記事のキーワード】, ,
競馬クロニクル
競馬クロニクル

 日本ダービー(G1)を制するなど、歴代最強牝馬の1頭に数えられるウオッカだが、必ずしも安定した成績を残したわけではなかった。

 3歳時には宝塚記念(G1)で8着に大敗したり、秋華賞(G1)を3着に取りこぼしたりしたほか、ジャパンC(G1)を4着、有馬記念(G1)を11着と、秋シーズンは勝利を挙げることができなかった。もちろん強豪相手のG1レースというハードルの高さはあったにしろ、その後も勝ったり負けたりの競走生活は引退するまで続いていった。

 そんななかで、ただ一度だけ、G1を連勝したことがある。5歳、ヴィクトリアマイル(G1)、安田記念(G1)を制した充実の2009年、春のことである。

 ウオッカは前年、初の海外遠征にドバイワールドカップデーに行われるドバイデューティフリー(G1、ナドアルシバ・芝1777m)で4着に敗退。そのリベンジを期して、2009年も再度ドバイへと矛先を向けた。前年と違うのは、1カ月以上前に渡航し、プレップレースのジュベルハッタ(G2、ナドアルシバ・芝1777m)をひと叩きしてから本番に臨むという準備周到なスケジュールだった。

 果たしてドバイの水が合わないのか、ウオッカは、ジュベルハッタが5着、調子を上げたと見られたドバイデューティフリーが7着と、ついに中東の地で勝利を挙げることはできなかった(2010年に参戦したG2・マクトゥームCR3でも8着に敗戦)。

 帰国後、遠征・輸送の疲れが比較的小さかったウオッカは、検疫が明けるとすぐ栗東トレセンでの調教に臨んだ。次走は、これも前年2着に敗れたヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)だった。

 遠征帰りの初戦であったにもかかわらず、牝馬同士のレースであれば格が違うと評価され、単勝オッズは、オークス(G1)と秋華賞を勝った2番人気カワカミプリンセスの7.1倍を大きく上回る1.7倍というダントツ1番人気に推された。

 そしてウオッカはその高評価に予想以上の返答を見せつける。

 好スタートからすぐさま好位の4番手に付けると、絶好の手応えで直線へ向かい、馬なりで先頭へ躍り出る。するとあとは完全に独走状態に持ち込み、軽く追われただけで、ゴールでは2着に7馬身、時計にして1秒2もの差を付けていた。まさに格の違いを見せつけるような、圧倒的なレースだった。

 文字どおり牝馬らしからぬタフさも持ったウオッカは、圧勝の勢いを駆って連覇がかかる3週間後の安田記念(東京・芝1600m)へ向かう。牡牝混合戦であるここでも彼女は単勝オッズ1.8倍という抜群の支持を受けてレースを迎えた。

 強敵は前年にNHKマイルC(G1、東京・芝1600m)と日本ダービー(東京・芝2400m)の、いわゆる“変則二冠”を達成したディープスカイ。ウオッカは今回も好スタートを切ると7番手を進み、ディープスカイはそれを目前に見る10番手に付けてレースを進めた。

 動きが出たのは第3コーナー。ウオッカがじわじわと5番手まで位置を押し上げると、ディープスカイもそれに続いて7~8番手までポジションを上げた。そして迎えた直線。インコースに進路をとったウオッカは前が壁になって追えず、すぐにでもスパートできる手応えがあるにもかかわらず、鞍上の武豊が何度も手綱を引くシーンが目に入る。そのあいだにディープスカイが持ち前の豪快な末脚を繰り出して一気に先頭へ躍り出る。残り200mほどの地点での2頭の差は数馬身もあり、大勢は決したかに見えた。

 しかし、ようやく壁の間隙に進路を見出したウオッカが急襲。届くのか、届かないのか。手に汗握る追い比べが展開されたが、ウオッカがついにディープスカイを3/4馬身交わしたところがゴールだった。

 絶体絶命のピンチから奇跡的な逆転劇を披露したウオッカと武豊に、東京競馬場は興奮の坩堝となり、引き揚げてきたこのコンビには熱狂的な拍手と歓声が送られた。

 日本ダービー制覇という歴史に残る勝利を挙げたウオッカであるが、筆者はこの安田記念と、宿命のライバルとなったダイワスカーレットと激闘を演じた前年の天皇賞・秋(G1、東京・芝2000m)が、“凄み”を感じさせるという意味でウオッカの2大ベストレースだったと考えている。

 今年のヴィクトリアマイルからも、安田記念へ進んで牡馬にひと泡吹かせる牝馬が出てくるのか。期待を抱きつつ見守っている。(文中敬称略)

三好達彦

三好達彦

1962年生まれ。ライター&編集者。旅行誌、婦人誌の編集部を経たのち、競馬好きが高じてJRA発行の競馬総合月刊誌『優駿』の編集スタッフに加わり、約20年間携わった。偏愛した馬はオグリキャップ、ホクトヘリオス、テイエムオペラオー。サッカー観戦も趣味で、FC東京のファンでもある。

絶体絶命のピンチから逆転劇を演じたウオッカの凄み…ヴィクトリアマイルと安田記念を連勝した充実の春【競馬クロニクル 第55回】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”