GJ > 競馬ニュース > 武豊騎手「クラシック好走」実力牝馬と新コンビ結成!
NEW

武豊「クラシック好走」の実力牝馬と新コンビ結成! 最多勝利新人騎手にも輝いた「かつてのホープ」が2度目の降板に

【この記事のキーワード】, ,
武豊騎手との新コンビで臨むピンハイ
武豊騎手との新コンビで臨むピンハイ

 11日の京都開催でメインレースとして行われる都大路S(L)。優勝候補の1頭であるピンハイ(牝5歳、栗東・田中克典厩舎)は、このレースに武豊騎手との新コンビで臨むことが決まった。

 同馬は3歳時にチューリップ賞(G2)で2着に入り、桜花賞(G1)5着、オークス(G1)4着に好走した実力の持ち主。ここまで重賞未勝利だが400キロを少し超えたくらいの小さな体で健闘する姿に魅せられたファンも多い。SNSやネット掲示板にも「これはめっちゃ楽しみ」「京都競馬場まで応援しに行きます!」といった期待の声が寄せられている。

 一昨年10月に3勝クラスを勝った後は白星から見放されているが、2走前の中日新聞杯(G3)では0秒1差の3着に好走しているように、リステッドで力上位なのは明らか。レジェンドが1年7ヶ月ぶりの勝ち星をもたらすか、その走りに注目が集まりそうだ。

 一方、お手馬から再度降板という不運が待ち受けていたのは、同じ日の京都で騎乗するにもかかわらず、ピンハイとのコンビが解消となった高倉稜騎手である。

高倉稜騎手が再びピンハイから降板…

 ピンハイのデビュー戦からオークスまで手綱を取り続けていた高倉騎手。“再度”と書いたのは、オークスの後に一度降板となっているからだ。デビューから4戦すべてで人気以上の着順に持ってきていたにもかかわらず、川田将雅騎手にスイッチとなってしまったのだから、このときも同情の声が聞かれたのも頷ける。

 そんな悔しい経験をした高倉騎手だったが、昨年の阪神牝馬S(G2)でピンハイと4走ぶりのコンビ再結成を果たす。同レースでは結果が出なかったものの、続くカシオペアS(L)2着、中日新聞杯で3着に導き、相性の良さをアピールしたはずだった。

 中日新聞杯は勝てこそしなかったが「ゲートの中で待たされたぶん、馬がイライラしてしまい、出ない時の感じになってしまった」「ゲートだけが悔やまれる」と高倉騎手がレース後に話すなど、敗因は明らか。今年はいよいよ待望のコンビ初重賞勝利の期待が高まっていたといっていい。

 しかし、始動戦となった3月の大阪城S(L)は1番人気に推されるも12着に大敗……。高倉騎手も「4コーナーはいい雰囲気でしたが、そこからハミを取りませんでした」と肩を落とした。次走で陣営の信頼を取り戻したいところだったが、結果的にチャンスは巡ってこなかった。

「新パートナーの武豊騎手は今年32勝で全国リーディング10位をキープするなど好調。それに対して高倉騎手はここまで4ヶ月以上が経過しているものの未勝利なんですよ。

前走で期待を裏切ってしまったこともあるでしょうが、同じ日に武豊騎手が空いているのなら騎乗依頼したくなるのも当然かもしれないです。勝負事ではゲンを担ぐケースも多いだけに、好調の武豊騎手で鞍上強化を図った可能性もありそうですね」(競馬誌ライター)

 ちなみに週中にも名古屋グランプリ(G2)とエンプレス杯(G2)を制して絶好調のレジェンドは、今週末も土日で計13鞍に騎乗予定。一方の高倉騎手は土曜に京都でわずか2鞍、日曜は騎乗馬なしとなっている。

 厳しい状況に置かれている高倉騎手だが、ルーキーイヤーの2010年は37勝をマークし、最多勝利新人騎手と中央競馬関西放送記者クラブ賞をダブル受賞した腕は確か。まずは今年の初白星をつかみ取り、ゆくゆくはピンハイの手綱を再び取り返すような活躍をみせてほしい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「クラシック好走」の実力牝馬と新コンビ結成! 最多勝利新人騎手にも輝いた「かつてのホープ」が2度目の降板にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も