GJ > 競馬ニュース > 藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…
NEW

「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは

【この記事のキーワード】, ,
東京競馬場
東京競馬場

 今週末の26日、東京競馬場では第91回日本ダービー(G1)が行われる。

 下馬評では無敗の皐月賞馬ジャスティンミラノが一歩リード。それをウオッカ以来の牝馬Vを目指すレガレイラや、青葉賞(G2)勝ち馬のシュガークンなどが追う展開となっている。

 そのシュガークンに騎乗予定の武豊騎手は、水曜に行われたダービーの共同会見で「何回乗っても何回勝っても、このレースに対する思いは薄くならない」「ホースマンにとっての夢のレースなので全力で向かうだけ」と、自身7度目のダービー制覇に並々ならぬ闘志を燃やした。

 過去6度もダービーを制している武騎手だが、初制覇は1998年のスペシャルウィーク。デビュー12年目、武騎手が29歳の時だった。

 若くして春秋の天皇賞(G1)や有馬記念(G1)、宝塚記念(G1)といったビッグレースを次々と制し、皐月賞(G1)と菊花賞(G1)のタイトルも20代前半のうちに手中に収めていた武騎手。ただ、ダービーだけはなかなか勝てずにいた。

 特にダンスインザダークとのコンビで臨んだ1996年のダービーは、武騎手が悲願を達成する絶好のチャンス。クラシック初戦の皐月賞こそ熱発で回避したものの、前哨戦のプリンシパルS(当時OP)を完勝し、本番のダービーでは単勝オッズ2.3倍の1番人気に支持されていた。

 2枠3番から好スタートを決めたダンスインザダークと武騎手は、しっかりと折り合いをつけ道中3~4番手の好位で競馬を進めた。抜群の手応えで最後の直線を向くとギアを上げ一気に加速。残り400mのハロン棒を切ったところで早々と先頭に立つと、あとはゴール板を過ぎるのを待つだけだった。

 ところが、勝利を目前にしたダンスインザダークに外から襲い掛かったのが藤田伸二元騎手が騎乗したフサイチコンコルドである。

 同馬は年明けの新馬戦、そして3月のすみれS(当時OP)を連勝し、2戦2勝という戦績でダービーに駒を進めていた。当日は単勝オッズ27.6倍の7番人気。キャリアわずか2戦、ダービーが重賞初挑戦とあって、多くのファンが半信半疑だった。

 ところが、中団でレースを運んだフサイチコンコルドは最後の直線で持ち味の豪脚を披露。ゴール前でダンスインザダークをクビ差とらえた。武騎手の悲願達成を阻んだ藤田騎手は当時24歳だった。

 2015年にムチを置き、競馬界から距離を置く藤田氏は現在、札幌市内でバーを経営。その藤田氏が、当時の裏話を「レース中に起きた恐喝事件」と題して自身のYouTubeショート動画で語っていた。

“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは

 詳細は昨年12月に公開された本動画をご覧いただきたいが、勝負所の4コーナーでフサイチコンコルドのすぐ横にいたのが社台レースホースの勝負服をまとった吉田豊騎手(トピカルコレクターに騎乗)だったという。

 トピカルコレクターの位置取りを少し邪魔に感じたという藤田氏は、後輩・吉田豊騎手に向かって「ユタカァ、(進路)あけろー!」と“恫喝”に近い大声を張り上げたという。

 ところが、そのすぐそばにいたのが同じく社台RHの勝負服をまとった先輩・武豊騎手だった。結果的に藤田氏はレースに勝利したものの、レース後に武騎手から「お前だれに言ってるんだ?」ときつい一言を掛けられ凄まれたらしい。

 いかにも藤田氏らしいエピソードではあるが、その後はダービーで13連敗を喫し、2度目の制覇は叶わなかった。自身唯一となったダービーの表彰台。藤田氏は終始モヤモヤした気持ちだったという。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬