GJ > 競馬ニュース > 【注目新種牡馬】「芝ダート二刀流」も期待できるニューフェイス
NEW

【注目新種牡馬】「芝ダート二刀流」も期待できるリーズナブルなニューフェイス、「4戦全勝」で日本に来たアメリカ生まれの超大物候補

阪神競馬場 撮影:Ruriko.I
阪神競馬場 撮影:Ruriko.I

 今年の日本ダービー(G1)はダノンデサイルの勝利で幕を閉じた。そしてダービーが終わるとともに、来年のダービーを夢見る2歳馬たちもデビューする。

 そして、馬主気分を味わえるPOG(ペーパーオーナーゲーム)で指名した馬の出走を楽しみにしているファンも多いだろう。そこで今回は今年デビューする注目の新種牡馬2頭を紹介してみたい。

ルヴァンスレーヴ(シンボリクリスエス×ネオユニヴァース) 10戦7勝

 今年の目玉となるサートゥルナーリア(父・ロードカナロア)の初年度産駒(現2歳世代)数は142頭。それを僅かながら上回ったのがルヴァンスレーヴの149頭だ。頭数の多さは150万円とリーズナブルな種付け料も関係しているだろう。2022年は250万円にアップしているものの、社台スタリオンステーション(以下、社台SS)の中ではこの年もドレフォンに次ぐ2番目の種付け数だった。

 現役時代のルヴァンスレーヴはダート馬として活躍し、2017年の全日本2歳優駿(G1)、2018年のジャパンダートダービー(G1)、南部杯(G1)、チャンピオンズC(G1)を勝利している。脚部不安の関係で復帰後は精彩を欠いたが、全盛期は紛れもなくダート最強馬候補といえる存在だった。

 また父シンボリクリスエス、母父がサンデーサイレンス系のため、芝でも走る馬を出せそうな血統的な背景もある。すでに二刀流種牡馬として有名なドレフォンと並んで人気種牡馬になっており、注目の種牡馬である。

ナダル(Blame×Pulpit) 4戦4勝

 ナダルはデビューから4連勝で、米ケンタッキーダービー(G1)の前哨戦となるアーカンソーダービー(G1)を制したものの、本番直前の調教中に骨折し無念の引退。同世代の中でも最強との呼び声も高かった、幻の米ダービー馬である。

 血統表を見ると米国色が強く、こちらの産駒はダートが主戦場となりそう。一方で、現役時代のレースを見るとスピードも十分に有していることも分かる。母系に日本競馬に必要なキレやスピードを増幅する軽い血を持ってくれば芝でも面白い。

 ちなみに本馬は社台SSがアメリカから買い付けた種牡馬であるが、当時のアメリカ競馬はコロナで先が見通せず、超大物馬主ですら明らかな買い控えがあった時期。そこに目を付けた社台SSが購入したというわけである。

 社台ファームの吉田照哉代表が「成績も馬体も揃った種馬を他所の国に売るお人好しはいない」と発言したことがあるが、「ケガで引退」と「コロナ」という条件が揃わなければ、ナダルが日本に来ることはなかったかもしれない。

 父Blameの産駒は、JRAで10頭が出走しており5頭が勝ち上がり、中にはオークス(G1)、秋華賞(G1)にも出走したランドネがいるため、ナダル産駒の馬場適性にも期待できそうだ。

 現2歳馬は約8000頭。その中に来年のダービー馬もいるだろう。今週末は安田記念(G1)も行われるが、未来のクラシック候補たちのデビューにも注目しておきたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【注目新種牡馬】「芝ダート二刀流」も期待できるリーズナブルなニューフェイス、「4戦全勝」で日本に来たアメリカ生まれの超大物候補のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り