GJ > 競馬ニュース > 武豊&ライトクオンタムにも“とばっちり”!? 出世レース1番人気の「超良血馬」がまたもシンガリ負け
NEW

武豊&ライトクオンタムにも“とばっちり”!? 出世レース1番人気の「超良血馬」がまたもシンガリ負け

【この記事のキーワード】, ,
武豊&ライトクオンタムにもとばっちり!? 出世レース1番人気の「超良血馬」がまたもシンガリ負けの画像1
撮影:Ruriko.I

 8日、阪神競馬場の6Rに行われた3歳1勝クラス(芝1200m)は、4番人気のカンチェンジュンガが優勝。後方追走からインを突いて直線半ばで抜け出すと、最後は後続に2馬身半差をつけた。

 騎乗した藤岡康太騎手は1R、4Rに続く、この日3勝目。レース後には「直線は進路を探しながらでしたが、いい脚を使ってくれた。強い勝ち方でしたね」と、相棒の走りを褒め称えた。

 一方で、1番人気に支持されていたクファシル(牡3歳、栗東・池添学厩舎)と松山弘平騎手のコンビは、期待に応えることができず11頭立てのシンガリ11着に敗れている。

 モーリス産駒の同馬は、一昨年のローズS(G2)を勝ったアンドヴァラナウトを半姉に持つ血統。母方の祖母は1997年の年度代表馬エアグルーヴであり、近親にはドゥラメンテやルーラーシップ、アドマイヤグルーヴといった一流馬がズラリと並ぶ日本競馬屈指の超良血一族だ。

 昨年11月にデビュー戦を快勝すると、続く前走ではアーモンドアイなどの活躍馬を輩出しているシンザン記念(G3)に挑戦。9日の桜花賞(G1)に出走を予定しているライトクオンタムらを抑えて堂々の1番人気に推されたが、最後の直線で失速して、まさかのシンガリ負けを喫している。

 ただ、手綱を取っていたD.イーガン騎手はレース後「ラスト300mで疲れてしまった。1200mや1400mの馬かもしれない」と話しており、鞍上の言葉通り距離を1200mに短縮した今回は単勝オッズ2.5倍の支持を集めていた。

 しかし、レースでは大外11番枠から先行するも、終始外々を走らされる厳しい展開。直線に入ると早々に脚を無くして後退し、シンザン記念に続いてまたしても最下位に終わっている。

「この日の阪神の芝は内目を通っていた馬の好走が目立っていただけに、インに入れられずに終始大外を走らされたクファシルにとっては相当に堪える展開になりましたね。

実際に乗っていた松山騎手もレース後、『1200mで、Bコースに替わって大外枠で、厳しかったです』と、今回に関しては枠順が厳しかった旨のコメントを残しています」(競馬誌ライター)

 なお、今年のシンザン記念出走馬は、2着だったペースセッティングも次戦のファルコンS(G3)で11着に惨敗。3、4着馬は出走が無いものの、5着のサンライズピースも続く自己条件で掲示板(5着以内)を外す6着に敗れるなど、その後はやや精細を欠く結果が目立っている。

武豊騎手&ライトクオンタムにも“とばっちり”!?

 さらに同レースで1番人気だったクファシルも2走連続で最下位に敗れたこともあってか、SNSやネット掲示板などでは一部のファンからシンザン記念のレースレベルを疑問視する声が……。

 中には「桜花賞のライトクオンタムも危ないのではないか」といった意見まで寄せられていた。

「確かに今年のシンザン記念出走組は、その後の成績があまり芳しくないようですが、ライトクオンタムは出走7頭のうち唯一の牝馬、キャリア1戦という厳しい条件にもかかわらず勝ちました。この馬の評価まで下げる必要は、それほど無いような気もします」(同)

 まさかの“とばっちり”を受けることになった武豊騎手とライトクオンタムのコンビだが、桜花賞ではあらぬ心配であったと思わせることができるだろうか。また、クファシルにも次こそは名誉挽回の走りを期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊&ライトクオンタムにも“とばっちり”!? 出世レース1番人気の「超良血馬」がまたもシンガリ負けのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安