GJ > 競馬ニュース > かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
NEW

かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑

かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑の画像1
撮影:Ruriko.I

 現地時間24日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われたサウジC(G1、ダート1800m)は、最後の直線で大外から脚を伸ばしたアメリカのセニョールバスカドールが勝利。川田将雅騎手騎乗のウシュバテソーロは惜しくもアタマ差の2着に敗れた。

 サウジCをはじめ、今年のサウジカップデーは6つの重賞が行われ、そのすべてに日本馬が出走。このうちオープニングを飾ったサウジダービー(G3、ダート1600m)を矢作芳人厩舎のフォーエバーヤングが、続くリヤドダートスプリント(G3、ダート1200m)を新谷功一厩舎のリメイクがそれぞれ勝利し、日本の競馬ファンも盛り上がった。

 さらに1351ターフスプリント(G2、芝1351m)のララクリスティーヌと、ネオムターフ(G2、芝2100m)のキラーアビリティがそれぞれ2着に好走。サウジCを含めた全6重賞のうち4レースで日本馬が連対する健闘を見せた。

 そんな中、唯一日本馬が2着以内に入れなかったのが、サウジCの直前に行われたレッドシーターフH(G3、芝3000m)だ。最大で62kgを背負う過酷な長距離ハンデ戦には日本から4頭が参戦していたが、エヒトの5着が最高着順だった。

 他にもブレークアップが9着、リビアングラスが10着、アイアンバローズが12着と軒並み敗れる結果となったレッドシーターフHだが、“思わぬ形”で注目を浴びることになった。

 日本馬の中にG1級が不在とあって、それほど注目度は高くなかった一戦。しかし、レース後にSNSやネットの掲示板でファンがざわつく事態に発展している。

かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!?

「3000mの一戦を制したのは、アイルランドのタワーオブロンドンという馬でした。ピンと来たファンも多いと思いますが、つい数年前まで日本で同名の馬が走っていました。

日本のタワーオブロンドンは、C.ルメール騎手とのコンビで2019年のスプリンターズS(G1)を制するなど短距離重賞を5勝した快速馬。13着に敗れた20年の香港スプリント(G1)を最後に引退し、21年シーズンから種牡馬入りしています」(競馬誌ライター)

 そんな近年屈指の名スプリンターと同名の馬が3000mの長距離戦を制したことで、SNSでは「いつ現役復帰したの?」、「スプリンターだと思っていたのにいつの間にかステイヤーに転身」といった戸惑うファンの投稿も数多く見られた。

 また、「G1馬と同じ名前っていいの?」という疑問の声や、中には「もし日本で種牡馬入りしたらややこしいな」など、レース後の反響はG3のそれとは思えないものとなった。

 ちなみに日本では過去に登録された馬名であっても、登録抹消から5年以上が経過していれば、同じ馬名を付けることができる。ただし、G1を勝てば例外になるなど細かなルールが存在する。

 今年のレッドシーターフHを勝ったタワーオブロンドンはアイルランド馬のため、このルールは適用外だが、日本のタワーオブロンドンはG1勝ち馬でもあり、違和感を覚えたファンも少なくなかったようだ。

 引退から3年2カ月。思わぬ形で再注目を浴びた日本のタワーオブロンドンは、早ければこの夏にも初年度産駒がデビューする予定。いつの日か海外でも注目されるような産駒の誕生に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【激走候補5頭】J.モレイラ不在の週末は波乱必至!? 大荒れ実績十分福島牝馬S(G3)&フローラS(G2)【週末重賞ピックアップ】
  3. 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負
  4. 「絶不調時の凌ぎ方」こそ強い者とそうでない者の差が出る?キャプテン渡辺が実行している一番良い方法【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. 【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
  6. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  7. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「注目のルーキー」吉村誠之助が狙う重賞初騎乗V!武幸四郎の快挙から27年…人気薄でも侮れないコンビ
  10. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?