GJ > 競馬ニュース > かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
NEW

かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑

かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑の画像1
撮影:Ruriko.I

 現地時間24日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われたサウジC(G1、ダート1800m)は、最後の直線で大外から脚を伸ばしたアメリカのセニョールバスカドールが勝利。川田将雅騎手騎乗のウシュバテソーロは惜しくもアタマ差の2着に敗れた。

 サウジCをはじめ、今年のサウジカップデーは6つの重賞が行われ、そのすべてに日本馬が出走。このうちオープニングを飾ったサウジダービー(G3、ダート1600m)を矢作芳人厩舎のフォーエバーヤングが、続くリヤドダートスプリント(G3、ダート1200m)を新谷功一厩舎のリメイクがそれぞれ勝利し、日本の競馬ファンも盛り上がった。

 さらに1351ターフスプリント(G2、芝1351m)のララクリスティーヌと、ネオムターフ(G2、芝2100m)のキラーアビリティがそれぞれ2着に好走。サウジCを含めた全6重賞のうち4レースで日本馬が連対する健闘を見せた。

 そんな中、唯一日本馬が2着以内に入れなかったのが、サウジCの直前に行われたレッドシーターフH(G3、芝3000m)だ。最大で62kgを背負う過酷な長距離ハンデ戦には日本から4頭が参戦していたが、エヒトの5着が最高着順だった。

 他にもブレークアップが9着、リビアングラスが10着、アイアンバローズが12着と軒並み敗れる結果となったレッドシーターフHだが、“思わぬ形”で注目を浴びることになった。

 日本馬の中にG1級が不在とあって、それほど注目度は高くなかった一戦。しかし、レース後にSNSやネットの掲示板でファンがざわつく事態に発展している。

かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!?

「3000mの一戦を制したのは、アイルランドのタワーオブロンドンという馬でした。ピンと来たファンも多いと思いますが、つい数年前まで日本で同名の馬が走っていました。

日本のタワーオブロンドンは、C.ルメール騎手とのコンビで2019年のスプリンターズS(G1)を制するなど短距離重賞を5勝した快速馬。13着に敗れた20年の香港スプリント(G1)を最後に引退し、21年シーズンから種牡馬入りしています」(競馬誌ライター)

 そんな近年屈指の名スプリンターと同名の馬が3000mの長距離戦を制したことで、SNSでは「いつ現役復帰したの?」、「スプリンターだと思っていたのにいつの間にかステイヤーに転身」といった戸惑うファンの投稿も数多く見られた。

 また、「G1馬と同じ名前っていいの?」という疑問の声や、中には「もし日本で種牡馬入りしたらややこしいな」など、レース後の反響はG3のそれとは思えないものとなった。

 ちなみに日本では過去に登録された馬名であっても、登録抹消から5年以上が経過していれば、同じ馬名を付けることができる。ただし、G1を勝てば例外になるなど細かなルールが存在する。

 今年のレッドシーターフHを勝ったタワーオブロンドンはアイルランド馬のため、このルールは適用外だが、日本のタワーオブロンドンはG1勝ち馬でもあり、違和感を覚えたファンも少なくなかったようだ。

 引退から3年2カ月。思わぬ形で再注目を浴びた日本のタワーオブロンドンは、早ければこの夏にも初年度産駒がデビューする予定。いつの日か海外でも注目されるような産駒の誕生に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬