GJ > 競馬ニュース > 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
NEW

【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目

【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目の画像1

 新進気鋭のオーナーが国内外で存在感を発揮した。

 24日、サウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われたサウジダービー(G3)は、日本馬のフォーエバーヤング(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝した。

 本馬はこれでデビューから無敗の4連勝。海外でも圧倒的な強さを見せた素質馬に、陣営からはケンタッキーダービー(米G1)に行きたいという声も出た。ちなみにサウジダービーの1着賞金は約1億3500万円。賞金的にはフェブラリーS(G1)の1億2000万円を上回る。

 JBC2歳優駿(G3)で2着に下したサンライズジパングが、芝のホープフルS(G1)で3着に食い込んだように、ハイレベルのメンバー相手に連勝した実力は本物だ。父のリアルスティールは芝で活躍した馬だが、産駒からダートの超大物が登場したのは少々意外かもしれない。

 管理する矢作調教師は「もっと楽に勝てると思っていた」と、自信を持って挑んだ一戦だったものの、直線半ばで先に抜け出したブックンダンノを外から追撃したフォーエバーヤングが一完歩ごとに差を詰め、ゴール前ギリギリで差し切る薄氷の勝利。完全に勝ちパターンに持ち込んだブックンダンノ陣営としては相手が悪かったというよりほかないが、敵ながら天晴といえる強さを証明した。

 手綱を任された坂井瑠星騎手も師匠の期待に応える好騎乗。ときには弟子に厳しい言葉を投げかけることもある矢作師だが、期待馬に乗せ続けているのは、両者の絆の強さを証明しているだろう。

「ウマ娘オーナー」が国内外で大活躍

 また、フォーエバーヤングを所有する藤田晋オーナーの快進撃も素晴らしい。2021年にJRAの馬主としてデビューしたが、4年目にして早くも海外重賞制覇。先週末はサウジダービーを制しただけでなく、日曜メインの中山記念(G2)でも10番人気のドーブネが2着に入り、3連単の払戻が約54万馬券となる波乱を演出した。

 そして、今週末の3月3日に行われる弥生賞ディープインパクト記念(G2)には、凱旋門賞馬ソットサスの全弟シンエンペラーが出走を予定。こちらも矢作厩舎の管理するクラシック候補の1頭だ。

 2着に敗れた前走のホープフルSでは、外から伸びたレガレイラの末脚に屈したが、矢作師が「結果論として、先頭に立つのが早かった」と振り返ったように悔いを残す結果でもあった。

 今回は、前走で手綱を取ったB.ムルザバエフ騎手から川田将雅騎手に乗り替わっての参戦。将来的な海外遠征も視野に入る期待馬に名手を確保したあたりは、先を見据えた起用なのだろう。

 藤田オーナーといえば、『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)の大ヒットでも知られる株式会社サイバーエージェント代表取締役社長としても有名。つい先日に、オルフェーヴルやジェンティルドンナ、ウインバリアシオンなど9名の新キャラ登場でも注目された。ドゥラメンテも実装され、サンデーレーシング系のウマ娘が続々と追加されており、ファンの間でも「ヤバすぎる」と大きな反響があった。

 公私にわたって話題に事欠かない藤田オーナー。今年も競馬ファンに多くの話題を提供してくれそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【激走候補5頭】J.モレイラ不在の週末は波乱必至!? 大荒れ実績十分福島牝馬S(G3)&フローラS(G2)【週末重賞ピックアップ】
  3. 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負
  4. 「絶不調時の凌ぎ方」こそ強い者とそうでない者の差が出る?キャプテン渡辺が実行している一番良い方法【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. 【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
  6. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  7. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「注目のルーキー」吉村誠之助が狙う重賞初騎乗V!武幸四郎の快挙から27年…人気薄でも侮れないコンビ
  10. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?