GJ > 競馬ニュース > 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
NEW

川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?

【この記事のキーワード】, ,
川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?の画像1
丹内祐次騎手 撮影:Ruriko.I

 24日、小倉メインに行われた芝2000mの八代特別(2勝クラス)。4着までタイム差なしという大接戦をハナ差でものにしたのが、1番人気マリネロ(牝5歳、美浦・嘉藤貴行厩舎)だ。

 昇級初戦を突破した同馬は、近親に桜花賞馬マルセリーナや昨年の目黒記念(G2)を勝ったヒートオンビートがいる血統。誕生日が6月6日と遅生まれであることから、これからさらに力を付けていきそうだ。

 また、マリネロを1勝クラスからの連勝に導くとともに、この日3勝の固め打ちを決めたのが丹内祐次騎手である。

 川田将雅騎手や藤岡佑介騎手、吉田隼人騎手などと同期の丹内騎手。G1勝利こそないものの一昨年はキャリアハイの64勝をマークし、昨年もキャリア最高となる全国リーディング16位に入るなど、近年の活躍ぶりが目を引くジョッキーの1人だ。

 今年もこれで早くも14勝目となり、自己最多を上回るペースで勝ち星を量産している。関東リーディングでも24日終了時点で3位に浮上した。

「これで関東トップの戸崎圭太騎手とはわずか3勝差。丹内騎手は日曜も小倉で障害レースを除く全11鞍に騎乗を予定していますし、いよいよリーディングも射程圏内に入ってきましたよ。

また、丹内騎手は来月3日まで予定されている今回の小倉開催で12勝目。現在リーディングの鮫島克駿騎手まで3勝差になりましたし、こちらもトップの座が見えてきました」(競馬誌ライター)

ゴールドシップ産駒と抜群の好相性

 キャリア21年目の今、まさに充実のときを迎えている丹内騎手。中でも目を引くのがゴールドシップ産駒との相性の良さだ。

 もともと同産駒のウインキートスで目黒記念を勝利した実績も持っている丹内騎手だが、今年に入るとゴールドシップ産駒に騎乗した際は【3-1-2-2/8】。連対率50%、複勝率75%という抜群の成績を残している。

 残念ながら25日はゴールドシップ産駒に騎乗予定がないが、来週以降もこの組み合わせを見かけた際には注目しておいて損はなさそうだ。

 ちなみに先述の八代特別を丹内騎手と勝利したマリネロもゴールドシップ産駒。改めて相性の良さを見せつけるとともに、同騎手はレース後「(稍重の)馬場はこなすと思っていましたし、上手く捌けました」と納得のコメントを残していた。

 十分に狙える距離となった関東リーディング&小倉リーディング奪取へ。このまま好調が続けば、今年は待望のビッグタイトル獲得もあるかもしれない。引き続き丹内騎手の手綱さばきに注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【激走候補5頭】J.モレイラ不在の週末は波乱必至!? 大荒れ実績十分福島牝馬S(G3)&フローラS(G2)【週末重賞ピックアップ】
  3. 【マイラーズC(G2)予想】セリフォスは関係者コメントから切り! ソウルラッシュから一発逆転の穴馬へ流しで勝負
  4. 「絶不調時の凌ぎ方」こそ強い者とそうでない者の差が出る?キャプテン渡辺が実行している一番良い方法【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. 【フローラS(G2)予想】1番人気不振の荒れる1戦、フラワーC組優位と見て穴馬を指名!
  6. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  7. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「注目のルーキー」吉村誠之助が狙う重賞初騎乗V!武幸四郎の快挙から27年…人気薄でも侮れないコンビ
  10. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?