GJ > 競馬ニュース > 「マスコミ嫌いの騎手、関係者から本音を引っ張る」。どの陣営も権利を取るために腹の探り合い!弥生賞・チューリップ賞・オーシャンSの真相に迫る
NEW

「マスコミ嫌いの騎手、関係者から本音を引っ張る」。どの陣営も権利を取るために腹の探り合い!弥生賞・チューリップ賞・オーシャンSの真相に迫る

【この記事のキーワード】, ,
「マスコミ嫌いの騎手、関係者から本音を引っ張る」。どの陣営も権利を取るために腹の探り合い!弥生賞・チューリップ賞・オーシャンSの真相に迫るの画像1
皐月賞を狙う実力馬が多数出走する弥生賞。その背景にある関係者の思惑とは?

■春の大一番へ向けた三大重賞

 今週は豪華3つの重賞が行われる。皐月賞(G1)トライアルの弥生賞ディープインパクト記念(G2)、桜花賞(G1)トライアルのチューリップ賞(G2)、そして高松宮記念(G1)最後の前哨戦オーシャンS(G3)だ。

 弥生賞にはシンエンペラー、ダノンエアズロック、トロヴァトーレ、ファビュラススター、シリウスコルト、シュバルツクーゲルと皐月賞の有力馬となりそうな実力馬が出走予定。ホープフルS(G1)2着シンエンペラーが中心となるだろうが、伏兵も多く難解な一戦といえる。

 チューリップ賞には朝日杯フューチュリティS(G1)3着タガノエルピーダ、ミラビリスマジック、ガルサブランカ、ワイドラトゥールといったメンバーが出走するも、こちらは賞金的に桜花賞の出走が微妙な馬ばかりでかなりの混戦模様。

 オーシャンSには京阪杯(G3)を連覇したトウシンマカオ、ビッグシーザー、シュバルツカイザー、キミワクイーンなどが出走を予定。今の短距離路線は混戦なだけに、高松宮記念へ向けて注目の一戦となっている。

 いずれも春の大一番へ向けて目が離せないレース。もちろん競馬ファンであれば、誰もが3戦全勝を目指しているのではなかろうか。

 多くの競馬ファンにとって競馬関係者の情報を入手する手段は、スポーツ紙や競馬専門紙、あるいはテレビやインターネットなど。だが例えばマスコミ嫌いで有名なY騎手やI騎手、さらにH調教師のように、マスコミを敬遠する競馬関係者は多い。それはファンの馬券検討に何よりも重要な、関係者の本音を伝えることができないことも意味している。

 その結果、競馬マスコミには当たり障りのない情報やコメントが氾濫しており、一般的なマスコミを利用している競馬ファンは、結果として関係者の本音を知らずに馬券を購入していることになる。それがいかにリスクの高いことか、誰もが理解できるはずだ。

 特に弥生賞やチューリップ賞のようなトライアルレースは、どの陣営も権利を取るために腹の探り合いがあり、ライバル陣営からのマークを外すため、状態や騎乗作戦を公には明かさないケースが多々ある。だが今週末に行われる3つの重賞レースで完全的中を目指すなら、マスコミでは入手できない“関係者の本音”は必須。トライアルレースや前哨戦は、通常のレース以上に関係者の思惑が絡み合う複雑なレースだからだ。そこで注目したいのが、マスコミや競馬記者ではなく、実際に競馬関係者と親密な関係にある、元JRA調教師や元JRA騎手が多数所属する「シンクタンク」の情報だ。

「マスコミ嫌いの騎手、関係者から本音を引っ張る」。どの陣営も権利を取るために腹の探り合い!弥生賞・チューリップ賞・オーシャンSの真相に迫るの画像2
マルゼンスキーの中野渡清一氏、サクラスターオーの平井雄二氏など本物の関係者が多数集結するシンクタンク

 彼らはマスコミと異なり、競馬関係者とは同期や仲間、あるいは先輩後輩と家族同然の親密な関係にある。そして時にはアドバイザーとしてさまざまな助言を送り、陰ながら厩舎の勝利に貢献するケースもある。つまり引退後も厩舎とはお互いに持ちつ持たれつの関係にある。

 実際に過去の実績を見ても、彼らが提供する情報、結果はやはり一般マスコミと比較して大きな差がある。例えば、今年最初の大勝負レースとなった中山金杯(G3)は、人気薄ながら勝利したリカンカブールを本命に馬連4820円、3連複1万2230円、3連単6万5470円という高配当馬券を的中。昨年の弥生賞では、1勝馬で伏兵的存在であったタスティエーラを本命に指名。同馬は見事勝利し、その後は日本ダービー(G1)も制覇。弥生賞の時点で素質を見抜いていたシンクタンクの情報力は見事というほかない。

「マスコミ嫌いの騎手、関係者から本音を引っ張る」。どの陣営も権利を取るために腹の探り合い!弥生賞・チューリップ賞・オーシャンSの真相に迫るの画像3
昨年のスプリンターズSはママコチャを本命に的中!100万円超えの払戻も!(画像はファン提供)

 となれば今週末に行われる弥生賞、チューリップ賞、オーシャンSも、彼らの情報を参考にすることが勝利への最短距離といえるだろう。実際にシンクタンクはその手応えを以下のように語っている。

競馬関係者の取材嫌いの話が出ましたが、これは非常に根深い問題です。表面的には取材に応じても、本音を明かさない関係者は全体の半数以上いるでしょう。その理由は他の陣営との駆け引きや、馬主に対する配慮など、さまざまなケースがあります。それはトライアルレースで特に顕著に出ており、ある意味マスコミは陣営の駆け引きに利用されることもありますから。

 そして今週末の弥生賞とチューリップ賞、さらにオーシャンSに出走させる各陣営は、マスコミの取材に対して本音を隠したまま。『トライアルだからここで負けてもいい』『コースを経験させるのが目的。100%の状態では出走させない』といった危険な人気馬は1頭や2頭ではありません。

 さらに一発逆転を狙っている格下の陣営は、人気薄ながら馬券圏内、つまり本番の優先出走権を得るため100%の状態で出走させ、実績馬を出し抜く作戦も練っています。これらの情報をどこまで正確に把握できるかどうか、それが春競馬で安定して馬券を的中させるために必要なことです。

 もちろんシンクタンクでは、元JRA調教師の平井雄二が監修する【重賞メイン特捜部】によって、各レースの裏も表もしっかり把握できています。マスコミ嫌いの関係者も、笑って本音を明かしてくれますから。そして結論をいえば、この3つの重賞レースで完全的中は目前といっていいほどの情報が揃いました。これはシンクタンク最高顧問の増沢末夫(元JRA調教師・元JRA騎手)も納得の情報で、3月の馬券資金は今週だけで稼げるとスタッフも自信満々です」(シンクタンク担当者)

 シンクタンクは、騎手として弥生賞をレインボーアンバーで勝利した増沢末夫氏や、調教師としてサクラスターオーで弥生賞と皐月賞を制した平井雄二氏など、3歳クラシック戦線を知り尽くす最強の競馬関係者が集結。今年も京成杯(G3)、共同通信杯(G3)、きさらぎ賞(G3)といった3歳重賞をキッチリ的中させている。そんな本物達が自信を見せる今週末のトリプル重賞。だが中でも一番の勝負レースは【弥生賞】だという。

「弥生賞は過去10年で6勝と相性のいいレースですが、例えば昨年は3番人気タスティエーラを本命に完全的中となりました。

 同馬に関しては陣営から『堀厩舎の2歳馬の中でもモノが違う』『サトノクラウンの最高傑作』『この馬は走ってくれないと困る』と前評判が高く、弥生賞の前にも『皐月賞と日本ダービーに向けてここは勝負のレース。間隔が詰まっているので調教は軽めにしているが、反動はなくむしろ使った上積みが感じられる。慎重な堀調教師はマスコミには控えめのコメントだが、本音はかなりの自信を見せており、まず勝ち負けになる』との情報を掴んでいました。

 結果は会心の的中でしたが、情報の内容やレベルは昨年よりも今年の方がはるかに上。しかも配当的にも300倍を超えるような好配当が期待できます。これは春競馬の馬券資金稼ぎに最適ということで、特別にファンへ向けて【弥生賞・厳選3連単勝負】を無料で公開することになりました。

 またシンクタンクが誇る【重賞メイン特捜部】が、チューリップ賞とオーシャンSの【馬券候補5頭】も無料で公開します。なおこの【馬券候補5頭】の無料公開は、来週以降も継続していく予定ですので、今週末だけでなく、来週の金鯱賞(G2)や高松宮記念、もちろん大阪杯(G1)や日本ダービーといったG1レースでも、ぜひ参考にしてください」(シンクタンク担当者)

 これは嬉しいプレゼントだ。今回、彼らは春競馬を大きく盛り上げるため、 弥生賞の厳選3連単買い目だけでなく、今後すべての重賞レースで【重賞メイン特捜部】が厳選した5頭の馬券候補を完全無料で教えてくれるというのである。もちろんその対象レースには高松宮記念、大阪杯、桜花賞、皐月賞、日本ダービー、宝塚記念(G1)といった春のビッグレースがすべて含まれている。

 馬券の勝者となるには確かな情報が必要だ。その情報を競馬マスコミに期待するのは、競馬関係者からの扱いを考えると現実的ではない。確かな情報を入手するためには、実際に競馬に携わり、競馬関係者と親密な関係にあるシンクタンクの情報を活用するのが唯一の手段ではなかろうか。

 マスコミの情報や予想で思うような結果が出ないのであれば、ここは絶好の転機となるに違いない。まずは今週末の弥生賞で、シンクタンクが無料で提供する厳選3連単買い目、そしてチューリップ賞とオーシャンSで5頭の馬券候補をチェックし、彼らの情報力を把握しておこう。

CLICK→特別無料公開!【弥生賞・厳選3連単勝負!&全ての重賞レースでの厳選5頭!】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

「マスコミ嫌いの騎手、関係者から本音を引っ張る」。どの陣営も権利を取るために腹の探り合い!弥生賞・チューリップ賞・オーシャンSの真相に迫るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?